【WordPress レッスン 2】記事を書こう

それでは、さっそく記事を書いていきましょう。

「レッスン2」では記事をアップすることが目標です。

ログインして編集画面である「ダッシュボード」を開けてください。

 

ダッシュボートから作業開始

今回のレッスンでは、写真を撮り込む作業を省くために「記事のサンプル」を4本作ってあります。

この4本の記事はしばらくの間「おすすめ記事」としてトップ画面に残るように設定してあります。

何、言われてるか分からない?いいんです。気にしないで作業を進めてください。

まずはこの4本で記事を作ってください。4本の記事ができあがるころには、わたしが言っている意味が分かってもらえますよ。(^◇^)

さて、左側のダッシュボードにボタンが並んでいますね。

 

投稿ボタン

まず、投稿というボタンに触れると「投稿一覧」「新規追加」「カテゴリー」「タグ」というボタンが出てきます。

投稿一覧⇒すでに書いた記事の一覧が出てきます。

新規追加⇒すぐに書ける新しいページが出てきます。

投稿一覧をクリックして「記事サンプルD」のぺージを出してください。

「記事サンプル」の4本が書き終わったら「新規追加」で、どんどん記事を積んでいきます。

 

タイトルの入力と本文の作成

タイトルの入力

まず、タイトルを入力していきます。

すでに「記事サンプルD」という文字が入っていますが、消して記事のタイトルを入力していきます。

 

本文の作成と文字の装飾

 

文字を大きくしたり太くした斜体にしたりするのには、赤い丸で囲ったところをいじってみてください。いろんなことができます。とにかくいろいろな所を触ってみてください。「習うより慣れろ!」です。

 

カテゴリーの選択

続いて、カテゴリーを選択します。カテゴリーの選択を忘れると「未分類」と分類されます。

「日記」という箇所にチェックを入れます。カテゴリーは記事が30本くらいたまってきたら、分類を始めましょう。とりあえず「日記」にチェックを入れておいてください。

カテゴリーは簡単に追加したり、変更したりすることが可能です。後々お教えします。

「千本の記事も一本から!」

 

下書き保存

さて大分、記事ができあがってきましたね。次にすることは「保存」です。

※今回はすでにアップしている記事を書き直しているという形になっているので、「更新」ボタンをクリックしてください。

※新規の記事の場合は公開前の記事の場合はこんな画面がでてきますので「下書きとして保存」をクリックします。

こうして編集して保存した回数は「リビジョン」という箇所でカウントされています。わたしの最大の「リビジョン」の数は70ですね。70回も編集を加えた記事があります。

 

プレビューしてみる

さて、記事を書きました。記事の保存もできました。

次にすることは「プレビュー」です。

これはまだ読者の方には見えません。予行演習みたいなものですね。どんなふうに読者の目に見えるのか、確認することができます。「プレビュー」と「記事の編集」を行ったり来たりしながら、記事の完成を目指します。

※今回は「変更をプレビュー」をクリックします。

 

いよいよ公開

そして、いよいよ公開ボタンをクリックです。

これで夏空さんの記事はインターネットの波に乗って泳ぎ始めました。瓶に手紙を入れて海に流す感じですね。かなりレトロなたとえですけど(笑)

 

サイトの表示

では、公開した記事がどんなふうになっているのか、舞台裏を出て、表舞台をのぞいてみましょう。

家マークをクリックします。

サイトから戻ってくる時は「投稿の編集」をクリックします。

 

今日のまとめ

今日のまとめ

タイトルと本文を書く。

下書き保存をしてプレビュー。

公開する。

いかがですか?

なに?簡単すぎるって?

それじゃあ、続いて「画像の取り込み」に行っちゃいましょうか。

画像を取り込めれば、WordPressでブログを作ることの「第1ステップ」は終了ですよ。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。