人の顔が覚えられないのは、頭のどこが欠落しているんだろう。

顔はなんのためについているのか。

個体識別のための目印として、ついているのよね。だけどその目印がどうしても覚えられない。

わたし、結構ヤバいんじゃないかと思う。

生後7ヶ月の赤ちゃんのスペックと対して変わらないかもしれない。孫たっくんは一晩寝ると、父親の顔を忘れるらしいから。

まあ、わたしはそこまでではないけど、一度や二度会ったくらいでは、その人の顔を思い出そうとすると「へのへのもへじ」状態。

そういえば、あの人はメガネをかけてたっけ?

目は2つ、くっついてたと思うけど。メガネはどうだったかなあ。

あの人の顔、思い出したいのに、思い出せない・・・。どんな顔だっけ。

わたしは間違ってもモンタージュ写真の協力者にはなれないだろう。

5回以上は対面してお茶でも飲まないと、記憶できないみたいだ┐(´~`)┌

どうやったら、人の顔を覚えられるんだろう。だれか、教えて。

そうそう〜顔といえば・・・

20代、30代のころ「似ている」とよく言われた人が、突然ドラマに出てきたので驚く。いやいや、そもそもドラマって、突然、キャストが現れる仕組みだった。わたしには突然なだけだ。

すっかり忘れていたけど、へえ〜あの人、まだやってたのねえ。ドラマを見ながら、自分の過去を振り返ってみる。

やっばり年は隠せないけど、彼女もよい感じに年を重ねたみたいで、なんかうれしい。

わたしの顔はわりと「○○さんに似てる」と言われやすい顔で、どうにもありふれた顔らしい。

若いころは「○○さんに似ている」とか、よく言われた。○○に入る名前は5人くらいあった。そんなにいろんな人に似てる顔って、どういうことなんだろ。わからんなあ。

ちなみにわたしの憧れの顔は、ちあきなおみさんとか、欧陽菲菲さんとか、丸山圭子さんとか。

※欧陽菲菲を変換するのに手間取った。カタカナだとどう入れればいいんだ?おーやんふぃふぃ?

つまり、一言でいえば、色っぽい感じの顔に憧れていたんだけど、○○さんたちは全然違う顔だった。

色気も顔に出るもの。

色気と品は出るもので、出すものではないのよ。どうやったって、演じられないのよ。持ち合わせがなければ出ないのよ。残念すぎるけど、わたしは持ち合わせていない_| ̄|○

「ところで色気ってなに?」って聞かれたら、わたしは「許容力」って答えるかな。アネゴっぽい柔らかい感じを持ってる女の人が好き。男の人でも許容力のある人は色っぽいと思う。相手に対して恥をかかせないというか、そんな感じ。

ところで・・・

「わたしもあんな感じになってるん?」と急に気になってしまった。

で、おそるおそる、友人と息子と、厳選した2人に聞いてみた。

「確かに似てる!とくに口元かな」

「若いときよりは似ていないかも」

「確かに、雰囲気は似ているかも」

※わたし、あんなにチャカチャカしてる?←あくまで役柄ね。

若いころは似ていても、そもそも骨格土台も生き方も違うし、年齢を重ねると劣化具合も違う。だから似てる度合いは減ったようだけど、似てなくはないらしい(笑)

話は戻るけど、人の顔を記憶できるワザが欲しい!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • こんにちは。笑いました!
    個体識別、私も苦手です。
    現役時代は人事異動の度に悩みました。
    PTA関係でも困りました。
    (余談ですが、私、背が高いので
    相手からは覚えられ易いので、余計に
    ね。近眼もあるし。)
    個体識別以外にも幾何、折り紙が苦手
    かつ方向音痴です。この一連って
    思うに図形や空間認識に関する
    脳内器官が小さい?細い?とか
    弱点があるのではと思っています。
    今はご近所付き合いと親しい友人関係
    だけですので気楽です。
    でも、この弱点が無かったら人生
    変わったかも?

    • キャサリンさん

      こんばんは!
      キャサリンさん、いいなあ〜背が高くて。
      でも背の高さと、識別能力は関係ないんですね(笑)
      ホント、なんとかならないんでしょうか。
      絶対に脳内になんか秘密がありますよね。

      確かにこの弱点がなかったら、人生は変わったかもしれませんね。
      ・・・って、そんなことはないか(笑)

  • はなです!

    こんばんは~。
    はな、記憶力はいい方だと思うのですが…人の顔はなかなか覚えられません。
    名前は覚えれても顔は認識できにくいのです。モンタージュなんか無理ですよ
    表現力が乏しい(笑)目は?と聞かれたら大きいかな~眉は太いかなあ~鼻は普通かな~みたいな感じですから…それと必要に迫らない限り、力を全部使わないようにできているのか(笑)
    どうしても覚えないといけない人は覚えております。記憶力フル回転して覚えているんだと思います。若い俳優さんの顔が全部同じように見えて…ジャニーズの人たちはどれがどれだかわかっていません(笑)興味ないからだと思います。でも、毎朝観る連ドラの俳優さんの名前と顔は何とか覚えれてます。佐藤健さんも松坂桃李さんはちゃんと覚えれましたが…八さんの俳優さんの名前が覚えられない~興味がないんでしょうね(笑)

    リッツんさん、そんなものだと思います。どうしても覚えないといけない人はきっと覚えれるもんです。知らんけど(笑)

    ちなみに、私、樹木希林さんに似てると言われます。
    あと、パグ(笑)顔の想像できたでしょう(笑)

    • はなさん

      おはようございます。
      思い出せないんですよ、まったく。
      「へのへのもへじ」なんです(´・ω・`)

      実は好きな人の顔さえも思い出せなかったという過去もあります。
      何度めかの待ち合わせで、向こうから歩いてくるその人を見て、
      「わたしはこの人が好きなんだ〜へえ〜」と
      妙に感心したことを思い出します(笑)
      どうにもこうにもですよ。

      わたし、樹木希林さん、好きでした。
      樹木希林さんに似てるなんて、お会いしてみた〜い!
      これからは、想像しながら、コメントを読ませていただきます。

  • りっつんさん、こんにちは。顔認識のお話、夫はりっつんさんと全く同じで、現役時代にはひそかに悩んでいたそうです。逆に、わたしはすぐ覚えてしまうので、「銀座のママに向いている」とよくからかわれていました。 
    お出かけのとき、駅のホームで見かけたひとが、同じデパートですれちがったり、あるいは帰りのホームでも一緒になったりとか・・・。海外旅行先でもそうでした。特に印象的なひとだったから、というわけではなくて、無意識に覚えてしまっていたという表現がぴったりです。決して顔のパーツではなくて、そのひとから受ける一瞬の印象と共に、パシャッと写真に撮る感じ
    だと考察(?)します。見知らぬひとでもそれなので、一度でも会ったひとなら猶更です。
    しかーし、うしろ姿にはダメらしく、街中で待ち合わせの夫を、見ず知らずの人と間違えたことが数回。後頭部がみんな似ているので・・・。

    顔と名前を覚えるのに苦労しない私ですが、これまでの人生において、役立ったなあと思ったことは一ミリもありません。みなさん、安心してくださいね。

    • あじさいさん

      おはようございます。
      確かに「銀座のママ」は、顔を覚えられないと仕事になりませんね!
      あじさいさんの顔認証システムは、特技ですよ。
      写真に撮る感じなんですね。へえ〜。羨ましいなあ。
      後頭部が似ているっていうのも、初めて知りました。
      後頭部なんて、意識したことなかったです。

      それでも役立ったことがないというのは、意外です。
      そうなんだ〜。
      わたしは名前も覚えられないんですよ。
      「ほらほら、あの人」ってばかり。
      わたしも、役に立たなくてもいいから
      頭の中に人認証システム、欲しい!!
      いやいや、システム入れたら、○○銀座のママを目指す(笑)

      • りっつんさん、コメントをありがとうございます。
        後頭部とは形だけでなく、毛髪の薄さなんです(-_-;)みなさん、本当によく似ています。

        もしも知的なりっつんさんが、顔認識が超得意で、特技はピアノの弾き語りの銀座のママだったら・・最強過ぎますよ。

        • あじさいさん

          こんにちは。

          へえ〜そうなんだ!薄さ具合って似てるんですか。
          今度、まじまじっと眺めてみよう(笑)

          生まれ変わったら、ぜひ銀座のママになってみたいですよね。
          ・・・って、わたしだけ?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。