【ピアノ弾き語り】3ヶ月目に入り「ハノンからやれ!」との鬼指令

弾き語りのレッスンを受け始めて、3ヶ月目に入りました。

先生が、だんだん本性を現してきて、恐ろしいです。((((;゚Д゚)))))))

あれれ?わたしの本性もバレてる?

 

基礎練習、嫌い

わたし、手っ取り早く、テキトーでいいから、うまく弾きたいんです。

そんな都合のいい話がないってことは、62年も生きていれば、すでに承知してはいるんですけどね。

が、「努力」とかいう文字は、ワタクシにはやっばりなじまない。

努力とか、もうしたくないよ。

努力どころか、もう、何もしたくないよ。

どうせ、プロになるわけでもないしね。楽しければいいの。

ある日突然、ピアノも歌もうまくなってないかなあ。

うまくできないと、すぐに、やめる口実がチラリと頭をかすめたりして。

でも、まあ始めちゃったから仕方ないなあ・・・なんて、年末年始を含めて、テキトーに弾き込んで、レッスンに臨みました。

 

指が、ねてる?

あっこ先生、わたしの弾き語りをふふ〜んと聞いていた。

先生は40代半ばということを、最近知りました。ま、見えないね。30代かと思ってた。

鬼あっこ

指が、ねてるね

はあん?

わたしは指は立てて弾く派ですけんど、もっと立てるんですかあ?

鬼あっこ

違う!寝てるんだよっ!

寝てる?

鬼あっこ

指の腹に顔を書くよ!

つまり、指がそれぞれの役割をこなしていないということらしい。

で、こんな指令が発令でございますよ。

鬼あっこ

まずは、ハノン!

 

ハノン

「ハノン」って、あの「ハノン」だよね。

確かに、家にあった!

しかし、わたしは「ハノン」を捨てたことを思い出しました。

「こんなもんは、絶対に弾かないポン!」と、昨年あたりにピアノの楽譜を何冊か捨てました。

「ハノン」なんて、一番弾く可能性がなくなった教本。

単調に、上ったり、下がったりしてくるやつね。刺激がなくて嫌い。

断捨離の一番の効果は何?わたしの効果はお金が貯まるようになったこと。

2019年4月24日

仕方ないので、「ハノン」仕入れました。1300円でした。(´・ω・`)

断捨離のせいで、1300円失いました。

 

ステージ衣装は花柄で

どうも、先生に性格を見破られたらしいです。

わたしは褒められてものびないタイプ。むしろ、叩かれると奮起するタイプ。

この人は褒めても、だめ。でも、エサは必要。先生はそう判断したものと思われます。

なぜなら、わたしが持ち込んでいた楽譜の表紙をちらりと見ながら、こんなことを言い始めたのです。

花あっこ

衣装は派手なほうがいいわよ。花柄なんか似合うと思う

発表会は11月。まだまだ衣装の話をするのは早い。

こんな花柄よ。ワタクシが花柄の派手な衣装を着て、「カムフラージュ」を弾き語るのか?

でも・・・ふと、夢見るまなざしの婆。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

そして、現状

わたしは、こんなことを3日も続けています。

  • まず指のストレッチをする
  • 「ハノン」を弾いてから、本曲に入る
  • 音は1つずつ「確信の意思」を持って弾く
  • ネットでドレスの下見をする

先生って、すごいなあと思います。

「ハノン」を弾いて驚きました。あまりにも指が動いていなかったことにです。

特に左の薬指は、別の指に依存して生きていたことが分かりました。隠れるように、だだ寝ていたんですね。

右の薬指はパソコン叩くときにエンターキーを押すという役目があるので、ちゃんと働いているのに。

自分の指でありながら、意外と把握できていないことに驚きました。

そして「ハノン」も弾き始めると、黙々と弾くことにも快感があることが判明。

そもそも、「ハノン」で準備体操してから弾くのが礼儀ってもんだよね。

子供の頃は嫌いだけったけど、大人になって、その意味が分かると苦痛なくできるものかもしれません。

確かに、「ハノン」を弾いてからだと、指の動きは見違えるようにいいです。「ハノン」は奥が深いかもしれないです。

これからも「ハノン」を弾き続けようと思います!

 

ところで、どこへ行こうとしてるんだ、わたし?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは

    ピアノネタでは参加せずにはいられません‼︎
    ハノン ツェルニー バッハインベンション
    私も好きにはなれませんでした
    そんなに変わるんなら私もやってみようかな
    ハノンは老化防止に凄く良いんだそうです
    私の先生はとっても優しくて私が苦手なのはやらなくていいのでその代りにモーツァルトのトルコ行進曲かキラキラ星変装曲を弾いてから練習するといいですよとおっしゃってくれます
    でも先生のピアノの音と私の音とは全く違うんですね
    聞きましたところ
    丹田に力を入れて肩の力を抜いて手首は柔らかく指は立ててなんだそうです
    先生という方達は人間を観るのが長けてる方達なんだなぁとしみじみ思いました

    ところで2曲目のかっこいい女の歌って何かな?

    • コロボックルさん

      こんばんは!
      久しぶりに弾いたハノン。アレルギーが消えていました(笑)
      確かに老化防止にいいかもしれないです。
      ハノン、おすすめです!
      ハマる人もいるそうですよ。
      トルコもキラキラも、なかなかの難曲ですよね。なるほどねえ。
      しかし、テンポ早いし、それこそ弾けそうにもないわ〜。

      2曲目はまだ確定ではないのですけど
      「どうぞこのまま」って曲をやってみようかと。
      むかし、むかし、流行ったんだけど、知ってます?
      気だるくイロっぽい感じの曲。
      でもちょっと歌謡曲っぽくて、洒落たアレンジが難しいかも。
      思いつく曲がなくて、困ってます。(´・ω・`)

  • 指を立てて弾くというのも、厳密にはよい弾き方ではありません。指自体の運動量が増えてしまう(無駄な動き)のと、爪を切っていても爪で滑るリスクが高くなることです。その意味からは45度ぐらいの方が、無駄な動きが減ってよいのですが、低年齢の子や初心者に寝かせて弾く傾向が強いせいか、「指を立てて!」が強調されがちです。
    もちろん、爪は切らないと、動きの中でどこかに引っ掛けたりして事故は起こりうるので、いつも短めに…!

    • NIさん

      はじめまして!
      コメント、ありがとうございます。
      なるほどです。指は立てすぎてもいけないのですね。
      たぶん、ちょっと立て気味です。
      指に言い聞かせます。45度だよと。

      爪は、切るようになりました(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。