【とり日記】ジョウビタキとモズとカモ。ほのかに春の気配。

寒い、寒いと言いながらも、カメラを持って外に出ると、その寒さがポーンと飛んでいってしまいます。わたしが鳥の仲間になる瞬間(笑)

鳥たちの姿と触れ合える季節も残り1ヶ月。

草木が茂るようになると、姿がなかなか捉えられなくなります。なので桜が咲くまでの楽しみです。

 

ジョウビタキの♂

このジョウビタキは、オス中のオス!って感じです。

横からみても、くっきりはっきり。

こんなにもくっきりとした頭が撮れたのは始めて。ちょっと笑ってしまいました。まるでたったいま美容院から出てきたみたい(笑)

「おいらはオスなんだ!」と主張しているように見えます。

立派で惚れ惚れします!

ジョウビタキは、もうすぐ北のほうに向かって戻っていまきす。渡り鳥なのです。

どんな道順(空順?)で旅をしていくのでしょう。旅立つ日はどうやって決めるのでしょうか。昨年居た場所に戻っていくのでしょうか。

いろいろと興味が湧いてきます。どこかにそんな記録フィルムがあったら、見てみたいなあ。

こんな小さな個体も、それぞれが、生まれてから死ぬまでのドラマを持っているのです。そう思いながら見ていると、ますますかわいく見えてきます。

 

モズの♂

枯草の中で遊んでいたのは、モズ。

遠くから見ると、色合いがジョウビタキとよく似ています。

写真で見ると、上のジョウビタキより小さく見えますが、それは写真のせい。

実はジョウビタキより一回りくらい大きくて、ちょっと重そうに飛んでいます。ジョウビタキより尻尾も長いです。

アップで見ると、クチバシの先がちょっと曲がっています。

これで、獲物をグサっとやってるのですね。

これはオスのモズです。

正面から見ると、サングラスでもかけてるみたい。

モズの雌雄の見分けるポイントは目の周り。

“くちばしから目を通過して、その後ろまで続く線(過眼線)が、オスは黒い”

畑のそばの電線に止まっていたオス。もしかすると上の写真と同じ個体かもしれません。河原から近いといえば近い場所。わたしが歩き回っている間に移動したのかもしれません。

メスは身体が柔らかい印象がするということですが、確かに違いがあるように見えます。

こちらは先日の野原で撮ったメス。

モズは、目の付近の色の違い。

ジョウビタキは頭の色。

鳥たちはちゃんとそれで雌雄を見分けているのでしょうね。

モズも春が来たら、北に戻っていく鳥です。

 

春の気配

ゆったりと泳ぐカモたちが目に入ってきました。

プカプカ浮いている姿を見ても、そんなに寒そうと思わなくなりました。

もちろん、カモたちは寒くはないのでしょうけれど、見ている方としてはもやっぱり寒々しい(笑)

オオイヌノフグリもぼちぼちと咲き始めています。空気は冷たいけれど、日差しがある場所は暖かさが増してきました。

おっ!ツグミがやってきました。ぴょんぴょん跳ねながら、何かついばんでいます。

冬から春へ。

あと1ヶ月もすれば、このあたりは桜で埋め尽くされます。

葉っぱがなくなったことをとても不思議がっていたたっくん。きっとびっくりするだろうなあ。その驚く顔、早く見たいものです。

家の中も、春に向けて、やるべきことを考えておこうかな。春が見えてくると新しくなりたくなるから不思議です。

2歳半のたっくん。ストライダーで5キロを走破!

2022年1月23日

食器を入れ替え、気分一新!デミカップは日本茶用に。

2021年2月25日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • りっつんさん!おはようございます。恥ずかしながら私は、鳥の雄雌の見分け方を知りませんでした。
    鳥の種類で見分ける箇所が違うのでしょうかね?また教えてください。

    渡り鳥のこと。旅立つ日をどうやって決めているのか知りたいです。もう1日ここにいたいなあ
    とか今日はしんどいからやだなあなんて人間の思うことでしょうかね(笑)

    • しおさん

      こんにちは。
      雌雄の見分け方、実はわたしも最近知ったばかりです(笑)
      鳥によって、見分けるポイントが違うようです。

      群れで渡っていく鳥たちは、リーダーとかいるのでしょうかね。
      とっても気になります。

  • 綺麗な鳥たちの写真をありがとうございます!
    私も鳥の撮影が好きなんですが、望遠つきのカメラが壊れてしまって残念な思いをしています。
    スマホでは鳥は小さすぎて写真になりませんね。
    本当に、もうすぐ春ですね!日が長くなっているのが感じられるこの頃、それがとても嬉しいです。
    とはいえ、
    確かに、葉っぱがない今が鳥を見るチャンスですね。冬には冬の良さがある、かな。

    • しろうさぎさん

      こんにちは。
      望遠のカメラを手にしてから、楽しみが増えました。
      知らなかった鳥たちの顔が近くになりました。
      冬には冬のよさがありますが、
      やっぱり暖かい春が待ち遠しいですね。

  • 通勤チャリで、神奈川県の鶴見川の土手を雨の日も風の日も、クソ暑い日もひたすら漕いでいます。河原にいる鳥さん達を、とりっつんさんの影響で愛でるようになり、最近、90代のおだやかな女性の患者さま「まさに理想の機嫌のよい婆)といろいろ話しが合うようになりました。難病を抱えてらっしゃいますが本当に穏やかな方です。山の話しや空や星の話しもします。想像力が豊かなことは、老後は退屈しないかもなあなんて感じます。

    • まめぴよさん

      こんにちは。

      90代の穏やかなおばあさまの話、ありがとうございます。
      どんな状態にあっても、穏やかでいたいと強く願います。
      そういう方を目指したい!
      本当に穏やかな老後を送るためには、
      いまどうしたらいいのか。
      それはいまを穏やかに過ごすことなんだろうと思いました。
      想像力も磨かなくては!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。