電車もショッピングセンターも人影はまばらだった。

昨日は少し遠くまで買い物に出かけてきました。

コロナウイルスの影響なのか、電車は空いているし、ショッピングセンターも人影がまばらでした。

日本全体が、世界中が、まるで長期休暇に入ってしまったようです。どこの町でも、こんな感じなのでしょうか。

先の見えないモヤモヤ感が漂っています。

 

たっくん服を買いに

何を買いに出かけたかというと、たっくんの服を買いに行ったのです。

どうにも男の服を買いたくなったわたしです。衝動的買い出しです。

たっくんは8ヶ月ですが、すでに10キロ近くあります。なので、80サイズと90サイズを探すことにしました。本来なら1歳〜2歳くらいのサイズです。

目星をつけていたお店で、かわいい店員さんに手伝ってもらって、選んできました。

ストレッチ素材のパンツは色違い、長さ違いです。長袖の厚手のTシャツと組み合わせれば、何通りにか着られます。

少し男の子っぽい感じでしょ(笑)

無印良品に寄ったら、80サイズのブルゾンが1枚だけ残っていました。これもいいねっ!

「胸にアップリケをつけたら、イケるんじゃない?」と、手芸屋さんに回ってチョイス。

たっくんママと、位置を確認してからつける予定です。

それにしても、男の子の服の売り場面積は、女の子の服の半分以下なんですね。ショッピングセンターを見渡してみても、男性用の服の売り場は少ない。

「これじゃ、おしゃれな男性はなかなか育たないよねえ〜」と、妙な感想を持った婆です。

 

新みかんと新猫えさ

冬の初めに食べた「紅まどんな」が忘れらません。しつこく語りますが、あんなに美味しいみかんは食べたことがなかった!

果物売り場を見ると、新しい柑橘類が目白押し。

昨日は、初めてお目にかかった「はまさき」を買ってきました。2つで400円でした。

大きさやツヤが「紅まどんな」に似ているというのが、購入理由。

早速、スマイルカットにて、食べてみました。

「紅まどんな」よりも少しオレンジ寄りかな。なかなか美味しいです。が、「紅まどんな」ほどではないかな。

今後も柑橘類からは目が離せません!どんどん新しいものが出てくる予感がします。

さて、猫も新しいご飯がいいと言っております。┐(´~`)┌本当に気まぐれでわがままです。

試しに新商品を食べていただいたら「気に入った!」と言うことで、あるだけ買ってきました。買い占めですね(笑)

うちの猫が味に飽きる頃になると、タイミングよく新商品に出会うのは、ミラクルですね。また、食べてくれるご飯に出会えて、よかった!

今日の埼玉は天気も良さそうです。我が家は静かな連休の2日めです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!

    私も柑橘系が好きなんです。
    鳥取の家にいは、八朔の木があって毎年たくさんの八朔で
    楽しめました。我が家の八朔は苦みも酸味も少なくてとても食べやすかったんです。大阪に来てからは買わなくてはいけないのがね~

    今のおすすめはメロゴールド。見た目グレープフルーツですが
    とっても食べやすく酸味が少ないです。ジューシーで甘いです。
    河内晩柑もおいしいです。はるみとかせとかとかありますが
    わが家の孫はフルーツ男子がいますから、いつも食べさせてあげたいな~と思いながら全部ばあさんが食べてます(笑)

    猫ちゃんを飼っていた時、カルカンでないと食べない!とストライキを起こした笑い話があります。ハンストか~い(笑)
    それもカルカンのカンカンがいいと言い張り(笑)ほかのカンカン、カリカリは知らん顔してました。それも猫の日にカルカンのプレゼントに応募して当たったのがいけなかった…はがき一枚でカルカンの罠にはまってしまったのです(笑)
    猫ちゃんの恐ろしい意地を見ました(笑)

    • はなさん

      こんばんは
      聞いたことのないような名前の柑橘が増えましたよね。
      ネーミングも楽しいですね。

      猫は食に対しては、なかなかしつこいです。
      食べたいものは食べたいし、食べたくないものは、絶対に食べない!
      執念ですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。