春の雨。極上の日曜日。

昨日は久しぶりの、のんびり日曜日でした。

何の予定もない、日曜日。外は雨。

振り返れば、慌ただしかった3月。春の雨とともに、急ぎ足で去っていこうとしています。

 

ドラマと歌謡曲と

部屋の中では、ストーブの上でヤカンがコトコト言いながら、湯気を立てています。

何をするでもなく、何を考えるでもなく、ただぼんやり、いるだけ。

気ままに、やりたいことだけをやって過ごす日曜日。

こんな日曜日、極上だなあって思います。

午後になって、たまたまテレビをつけたら『澪つくし』の再々放送中。

こんな時間にまとめて再々放送をしていたとは、知りませんでした。

かけっぱなしにして、見逃した回もすべて観ることができて、超ラッキー。最終回付近の数話を見逃していて、ちょっと残念に思っていたのです。

なかなかなドラマでした。

それにしても、沢口靖子さんはかわいかったなあ。

そのあとBSPでは作曲家筒美京平さんの世界を描く番組が流れ始めました。

懐かしい歌が流れてきます。

思うのは、みんな歌がうまかったんだなあってこと。

当時は「木綿のハンカチーフ」も歌がうまいとは思えなかったけれど、今聞くと、なかなかだったんだなあと。

でも、あの声と歌詞は、今でもどうにも苦手のようです(笑)

そしてヒロミーゴーが、長く活躍する人になろうとは、あの時には夢には思わず。

さて、歌謡曲が流れる番組にも飽きて、好きな音楽にチェンジ。音楽さえあれば、しあわせ。

ストーブの上で沸いたお湯で、コーヒーを淹れて、ひと息ついて。

音楽を聴きながら、頬杖をついて、外を眺めてみる。

そんなタイトルの映画があったことを思い出しながら。

『もう頬杖をつかない』

1978年の作品で、桃井かおりさんが主演でした。とても印象に残る映画でした。今でもタイトルを忘れないくらいですから。

あの気だるさ感、仲間内ではブームとなりました。

桃井かおりさんのようになりたくて、真似してタバコを吸ってみたけど、どうにも雰囲気と合わず、悪戦苦闘しました。

努力の成果で、少しは、近づいたんだよ!少し、だけどね(笑)

 

写真の整理

2台のカメラで撮影しているので、データが溜まりがち。思う存分シャッターを押してしまうから、仕方ないけど。

できるだけ撮ったその日に確認して、出来損ないの写真などはさっさと捨てるようにしています。

データをPCに移して、整理整頓。

古い写真はどんどん処分しよう。本当に残したい写真だけ残して。そしてできるだけ早くプリントアウトしよう。

撮りたいときが見たいとき。

写真は鮮度が大事。

プリントアウトして、しばらく眺めて、おいしさを二度味わおう。あとは、頭の中に保存。

3年も経ったら、きれいさっぱり忘却の彼方というのが、清々しい。

音楽を聴きながらの整頓作業に、午後の時間を潰しました。

そして、50枚ほどプリントを発注して、作業は終了。

ネットでデジカメプリントをオンライン注文!「フジプリ」

 

極上の日曜日の晩ごはん

極上の日曜日の、これが晩ごはん。

前日にたっくんが来たので、カレイを煮付けていました。残っていたので、それをメインに。

たっくんは緑の野菜が大好きなので、いろいろ茹でてありました。今回はスナップエンドウが特に気に入ったみたい。夢中になって食べてました。確かに甘くておいしいです。

たっくんは、まずは野菜から食べていきます。

野菜でお腹がいっぱいになると「ごちそうさま」と手を合わせて、炭水化物は食べない。すでにダイエッター。

いやいや、豆類は炭水化物か。ちゃんと自分で調整しているのがすごい。

ママは大変に大らかな人なので、たっくんの食べたいように食べさせているだけ。たっくん任せ。そのせいか、すでに自立心が育っているもよう。

春を感じる豆ご飯、炊きました。そしてしらす入りの甘酒卵焼き。

お昼に茹でたバスタが少し残っていたので、ミックスビーンズとブロッコリーでパスタサラダにして。

残り物を活用して、立派な晩ごはんになりました。

シャンクスもカレイを食べました。

そろそろ、春の家事仕事しなくてはね。

まずは、冬物の衣類を少しずつ片付けていこうかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。