空を見上げて驚いた。もしかして、これがうわさの地震雲?

地震雲というものは、本当に存在するのでしょうか。

調べてみると、現在では科学的な確証はないようですね。

しかし、時として、あまり見たこともないような雲に遭遇すると、

思わずそう思ったりするのです。

あっ!地震雲

 

夕方4時過ぎ、西の空にこんな雲が

どう見ても普通の雲じゃないです。

横にも同じような雲がふたつ。

夕日に映えて、きれいではありますが。

科学的根拠がないとはいえ、気になります。とても気になります。地上の一点から延びているように見えました。地中のエネルギーが・・・などと思わず考えてしまいました。どうなんでしょうね。

さて、雲ということで思い出しました。

雲に関して、忘れられない体験を2つ紹介します。

 

不思議な雲→ブロッケン現象

昨年の5月のこと。わたしは伊丹から羽田に向かうべく飛行機に乗りました。

飛行方向に向かって右側の通路側を予約していたのですが、当日機材変更になったために、左側の窓側に座席が変更になっていました。飛び立って10分くらい経ったでしょうか。何気なく窓を覗くと、下のほうに不思議なものが見えました。雲の上に飛んでいるこの飛行機の影が映っていたのです。

しかも、飛行機の周りは虹で囲まれている!なんだ、こりゃ?

このまま、天国へ行くんじゃないでしょうねと、実は本気で思いました。あまりにきれいだったので。

実際は、もっともっときれいでした。

ブロッケン現象と検索すると、もっときれいな画像がでてきます。

ぜひ、検索して、ご覧ください!

何が起きていたのか、気になって、帰宅後に検索してみたんです。自分が何を見たのか、まったくわかっていませんでした。

「飛行機」「虹」「雲」

そこで出てきたのが「ブロッケン現象」という言葉でした。

死ぬまでに一度は見てみたい自然現象の一つだと、この現象を知っている人たちは言っているそうです。

なんという幸運!

あの日、座席が変更になっていなかったら、見られなかったのです。ああ、もう一度、見たいものです。

そうそう。あの日の大阪は小雨が降っていました。

どうすれば見える?

5月初旬。雨。14時30分発の羽田行きJAL便。

ブロッケン現象が見られるかもしれないです。

 

幸運の暗示雲→竜の雲

続いては・・・今年の9月のことでした。新幹線で京都に向かっていました。孫娘の「祖父母参観日」に参加するためです。

その日は考えることも多く、心配なことやら、不安なことやらで、頭の中はいっぱいだったんですね。

富士山が見えたら、「よし!」の合図にしようと思っていたのです。ところが富士山も見えず、ついてない新幹線一人旅。

富士山が見えるか見えないかが気がかりなのは、わたしだけでしょうか。

さて、京都に着く10分前のこと。そろそろ降りる準備でもしようかと、窓に置いたケータイ電話を取ろうとして、ふと窓の外に目が。すると、空に大きな竜がいるではありませんか!

目まで、ちゃんとついてました(笑)

こんな感じの雲でした。

 

大急ぎでデジカメを出して、撮影しましたが、もちろん、うまくは取れませんでした。( ノД`)シクシク…

竜は京都の方向を向いていました。そして、「そっか。大丈夫なんだ。」そう直感しました。単純と言えば、単純ですね。

でも、雲を見るだけで、そんな気持ちになれるなら、それだけでハッピーだと思うのですが。

どうすれば見える?

時々空を見上げたら、出会えるかも。運。

 

補足

今夜は地震が来ても大丈夫なように、

いろいろ確認してから寝ようと思います。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。