春彼岸の墓参り。夫の声が聞こえた気がして、財布のヒモが解けてしもた。

いい天気でした。

お昼前にお墓に向かって歩いていたら、じっとりと汗ばむ陽気。

こリゃ、あっという間に夏が来るんじゃない?

わたしは車の運転免許がないので、どこへ行くにも公共交通機関&足のみ。

今日はバスと足を使って、はるばる行ってきました。いずれはわたしも向かう場所。

バス停から10分ほどの距離にある墓苑。周りの風情はいかにも埼玉です(笑)

こういう場所が大好きなんです。ここに来るとホッとします。

花を振り回しながら、歩く未亡人です。

途中にある小さな林。鳥の声が賑やかで、「どなたが鳴いているんだろう」なんて耳を澄ませて観察を始めてしまって、いつまでも墓にたどり着けない未亡人です。

いやいや、楽しい鳴き声でした。

ここを抜けると墓にさらに近づきます。

ざ・埼玉

「ここが好きなのよ〜」と思わず声をあげる未亡人です。

そして、このハクモクレン!大木なんです。

墓苑について、墓石の周りの草を抜いて、石をざっと拭いて・・・

「丁寧な掃除は次男に任せようね」と言ったら、

「相変わらずなざっぱなヤツだな」という声が返ってきました。

「掃除とか料理とかできなくてもいいから、結婚してって言ったのは、あ・な・た」

「まあ、そうだね」

「あれとか、これとか、買っていい?」

「全部、買っちゃえ!!」

都合のいい耳を持つ未亡人です。

鑑真香の容器には入っているけど、中身は秋に奈良の長谷寺で買った「檀」

ほのかな甘い香りの「檀」を焚いて、夫と語り合った数分間。

墓参りの帰りは、夫からの許可を得たので、買い物三昧。久しぶりに財布のヒモがフルオープンの未亡人です。一度解いたヒモは結び直せない(笑)

すでに未亡人という感覚さえも失われつつある中で、唯一、未亡人であることを認識する行事。それが墓参りなのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。