年に一度のピアノ調律。そして、最近のおやつ事情。

昨日は午後からピアノの調律をしてもらいました。

 

年に一度のメンテナンス

ピアノを弾こうとメンテナンスを再開したのは、5年ほど前のこと。

あのときには10年ほど調律もせずにほったらかしていたので、修復できるギリギリラインでした。

以来、年に一度は調律をしてもらっています。

昨日は午後の1時過ぎに調律士さんが到着。いつもの方です。

調律には1時間ほどかかります。

わたしは隣の部屋で、音を聴きながら、パソコンを叩いていたのだけど・・・。

調律しているときの音って、なぜか眠気を誘うのです。

別に聞いていて特別に心地よい音ではないのに、です。

音が合っていくのが心地よいと頭が勝手に判断するのか、すべてを放棄したくなるほどの眠気に襲われました。

脳波に何か働きかけているのかもしれません。

終わってから、調律士さんにそんな話をしたら、

「みなさん、そうおっしゃいます」とのことでしたので、眠くなるのはわたしだけではないようです。

ピアノの調律が終わる。このピアノとの付き合いは35年。

2017年11月10日

 

調律後の音

1年弾いたピアノの音は結構狂っています。和音を弾くとよくわかります。

そんなもんですから、調律後には、なんだか上手になった気がするものです。

なんで、こんなにうまいんだあ〜(笑)

音を確認するために弾き始めたら、止まらなくなって、しばらく弾いてしまいました。

去年の今頃から、レッスンは中断したまま。

“セッションしてみたい”という欲望がムラムラとわいてきています。

やっぱりやりたいんです。弾き語りをしたいのです。

一度でもセッションをしてから、この世を去りたい。なんとかしよう!

【ピアノ弾き語り】レッスン翌日は雨の朝。久しぶりに穏やかな気分。

2020年2月26日

 

先客とおやつの話

さて、けさは、またまた、こんな事件が。

冷めたコーヒーを温めようと思って、レンジを開けたら、そこには先客がおった!

「そんなに驚かすなよ、自分A!」

そう言いながら、レンジの前で、大げさに驚いてみせる、自分B。

ひと晩寝たら、たぶん細胞レベルでは違う個体になってるんじゃない?

だから、自分Aと自分Bは、ほんの少しだけ、別人。

自分Aは、番茶を温めなおして飲もうとして、忘れてそのまま寝た、らしい。

この現場には、2人の自分がいるのです(笑)

本当に別な人に出会ったような気がしてしまうのです。

実はこれは、最近、よく見る光景。

夕食用に温めたものが、翌朝に発見されるという現象であります。

おかずなどの時もあるし、こんなふうに飲み物の時もあります。

順調に年を重ねているようです。

さて、お茶にはおやつが添えられるとうれしいもの。

最近、やめられないおやつがこちら。

“かっぱえびせん” 

いろいろなお菓子の登場で、その存在を忘れていたのですが、たっくんのおやつ探しをしていて、しばらくぶりに食べてみたら、これが「やめられない、とまらない」のです。

もちろん、たっくんのお気に入りにも登録されました。食べるのをとめられない。

えびせんは50年の歴史があるそうです。

かっぱえびせんとビスコは、日本人の特筆すべき発明だと思う。

あれまあ!あそこでビスコを食べてから、4年も過ぎてしまったのですね。

雨上がりの月曜日。裏山でスケッチ散歩をする。

2017年6月26日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。