ピアノの弾き語り。コツはピアノを弾きすぎないこと。

今朝目が覚めたのは、5時半。早起きでした。

と、いうのも、昨晩は疲れ果て、10時には就寝。いつもより1時間早く眠りについたので、今朝は1時間早く目覚めたというわけです。

疲れ果てた理由は、きのうの午後にピアノのレッスンがあったからです。頭と体、使いました!ピアノは頭を使うけど、肉体もけっこう使います。

 

コードの法則

これが、昨日のレッスンポイント。

たったこれだけのことに見えますが、実はものすごい内容を含んでいるのです。

この少ない文字の中に隠された、コードの秘密と言ったら、あちゃちゃのちゃ〜。

セブンスのコードって、こんなにも曲者だったのねえ。

「譜面通りのコード進行だと違和感のある」と言ったところ、このルールを教えていただきました。

ジャズを演奏するときの最初のポイントだとか。

このルールに則って、そのとおりに弾いてみると、

あら、不思議。

突然、都会的な音に変身しました。

わたしはこういうコツを知りたかったのです!

譜面には書いていないことを読み取る力。わたしは、この力が欲しいのだということがはっきりしました。

先生の説明は、早くて、ボリュームがあります。

話にまったくついていけません。

説明の後、

「じゃ、ここはどうなる?弾いてみて」

頭の中は思考停止状態。ただボーっとすること、何度も。

無理やり再起動して、なんとか鍵盤を押してみるけど、あちゃちゃのちゃ〜。

たぶん、子どもに勉強を教えて「わかった?」と聞くと、目が死んでるときがあるけど、あれと同じだね。

久しぶりに子どもの気分を味わいました。

でも、めげてはいない!こんなことくらいでは、めげない。

一度でだめなら、二度。二度でだめなら、三度やるだけさ〜。

何度でも、ゆっくりと頭の中に叩き込もう。

それにしても、グランドピアノの音は、やっぱりいいなあ〜。

 

目指せ、セッション!

ところで、弾き語りのコツはこちら。

ピアノを弾きすぎない

えっこんなに弾かなくていいの?

と、いうくらいに音を減らしたところ、歌が際立ってきました。

歌とピアノのバランスを変えなくてはいけないのですね。

なるほど。

どうりで歌えなかったわけだわね。

弾き語りはピアノも大事なんだけど、聞く人たちはピアノじゃなくて、歌を聞いている。確かに、そのとおりですね。

ピアノで弾き語りをしている人は、そんなに指を動かしていない。そしてわたしはその人の歌を聞いてはいるけど、ピアノの音はあまり意識していなかった。

わたしは、歌に自信があるわけではないので、いや、むしろ苦手なので、

「じゃあ、歌から撤退します。ピアノだけでいきます!」

「いやいや、セッションしてみましょうよ」

ということで、最終的にはベースとパーカッション(ドラム)と合わせようということになりました。

へっ?なんですって。

セッションの場合の一番の注意点はリズムを守ることだそうです。

拍子が変わるところなどを甘くしてはいけない。

そのときこそには、なけなしの協調性ってやつを発揮したいと思う。

それにしてもだ・・・セッションだよ。

還暦婆、かっこよすぎるんでない?

・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・

先生とそんな話をしながら、なんか、ミュージシャンになった気分を味わっています。

ああ、なんか居心地のいい場所を、また1つ見つけてしまったみたい。

まずはレパートリーを5曲までは増やそう!

大嫌いだったけど、赤バイエルを投げ出さなくて、本当によかったよ。

 

だけど、ボケはとまらない

しかし、しかしですよ。

最近、またまたショッキングなことがありましてね。

仕事中、掛け算をしようとして、手元に電卓がなかったので、285の5倍紙に書いて計算しようとしたところ・・・

ん?

あれれ?

どうするんだけっけ?

一瞬分からなくなって、戸惑いました。

仕事でウインドウズを叩きまくり、ブログをマックで打ち込み、夜にはピアノを弾く。

こんなにも頭と指を使ってるのに、ボケの進行は止まらない。

どうすりゃいいの?_| ̄|○

そんな話を息子にしたら、

「100マス計算とかしたほうがいいで」

ドリル、買ってこよう。

今日も元気にいきまっしょい!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんにちは。
    何を隠そう、私も去年、公文の算数のドリルを買いましたです。(爆)
    脳がフリーズして焦って私に助けを求めるんですよね。(゜Д゜;)

    弾き語り、私には夢のような世界♪
    昔々、「銀巴里」でジャズピアノを弾くピアニストの横顔に
    惚れました。好いなぁ~ヽ(´ー`)ノ

    • たいさん

      こんばんは。
      毎日、10問でも計算すれば違うかもしれませんね。
      頭よ、働け!です(笑)

      銀巴里、行ってみたかったなあ。
      ジャズって、マジかっこいいです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん進化し続けていますね
    コードの法則の段落は全く分かりませんでした( ; ; )
    アタシだって赤いと黄色いバイエルやっただよ( ; ; )
    でも20年以上もピアノの先生とお話ししてただけ
    (ゆっちゃんと同じでーす❗️)
    コードとはギターで使うものだとばかり思っていました
    セッションなんて夢が膨らみますね
    りっつんさんの演奏聴いてみたいです

    • コロボックルさん

      こんばんは。
      わたしは高校生のときに、自力で、
      ギターの教本からコードを音符を書き出してピアノで応用。
      そのおかげでコードは独習でしたが、身についています。

      みんなに聞かせられる歌にするまでは、遠いなあ〜きっと(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。