不要不急ではない用事で出かける。

わたしにとっては必要で急を要する案件にて、出かけました。

先週金曜日の朝に、背中、つりました。ある瞬間にピキーンと固まりました。ヤバっ!

運のいいことに、そばにたっくんママがいたので、助けてもらいました。しばらく、トドのようにその場でゴロン。

そしてたっくんママに案じられながら一日を過ごし、夜にはだいぶ改善しました。

しかし基本的に手入れしなくてはと思い、わたしの身体メンテナンス担当の花ちゃんのマッサージを予約。

わたしにとっては花ちゃんは「病院」なのです。

「ああ、ここね」by 花ちゃん

「こうなって、ああなって、こうなったのよ。大丈夫!」

アロマオイルでの施術で、昨晩はコリが取れて、ぐっすり寝ることができました。

花ちゃんのサロンはプライベートサロンで、完全予約制。なので、ほかの人と会うこともなく。そのせいか今回も客足が途絶えてはいないみたい。

そして昨日は、こんなCDを貸してもらいました。

「JUNICHI INAGAKI 30th Anniversary Best」by 稲垣潤一

わたし、初めて知ったのですが、なんと、稲垣さんは仙台出身でした。わたしより4歳上ってことは、達郎さんと同じ歳!

また、楽しめることを見つけちゃった。

花ちゃんは言う。

「よくもまあ、こんなに女心が分かるよね」

見れば、作詞作曲はいろんな人が手がけている。大滝詠一さんの曲なんかもある。

シンガーソングライターではなくて、稲垣さんはシンガーなんだね。

稲垣さんが女心に詳しいというわけではないのよ(笑)

達郎さんは詩も自分で書いてる。恋愛への成熟度はなかなかなもんだと思う。想像だけではあそこまでは書けないんじゃない?と思ってる。「おっ?」と思う歌詞がこっそり散りばめられている(笑)

それにしても、稲垣さんはいい声だわ。まさか仙台の人だったとはねえ。ちょっと大滝詠一さんの声に似てる?

さて、花ちゃんはわたしのブティックでもあるのですが、昨日は在庫もあまりなく。

花ちゃんがヒマのつれづれに作ったという、リネンのマスクをいただいて帰ってきました。柔らかい手触り。ミシンでしっかり縫ってあります。

マスクのひもが手に入らないとのことで、1枚はひもなし。

帰り道で百均に寄りましたが、やはりなし。

みんな、マスクを作り始めているようですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はなです!
    稲垣潤一、私も好きです。
    大人の恋愛だな~と思いながら若かりし頃は聞いていました。
    小田さんも好きですよ。
    たしかなことなんて聞くたびにウルウルしていますよ(笑)

    声のきれいな人の歌は何度聞いてもいいですね。

    ピアノの弾けるりっつんさんがうらやましいです。
    縦笛くらいしか吹けませんからね~

    自分で音を声をうまく使える人がうらやましいです。

    • はなさん

      おっはようございま〜〜す!
      稲垣さんも小田さんも、そして達郎さんも、
      還暦を越えても、あの声の張り!
      すごいですよね。
      わたしは、顔より声に惚れるタイプ。
      いい声の人は、みんないい男に見えます(笑)

      声も楽器ですよね。
      練習すると、少しはうまくなるけど、そこまで。
      やはり天性の持ち物を持っている人は羨ましい!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。