熟年手つなぎカップル=再婚?

昨日は久しぶりに友人と町をブラブラしました。

休日のターミナル駅は人でごったがえしていました。

消費税が上がる前の最後のショッピングなのかしら。

休日はカップルが目につきます。

カップルっていう言い方は古い?でもほかの言い方はないよね。2人連れ

アベックなんて言い方もありましたね。懐かしい響きだわ。

さて、2019年の秋の初め。駅には若いカップルも多いけれど、熟年のカップルも多い。混沌とした時代を感じます。

2人連れでも、2人が離れて歩いている場合は、目立ちません。そばを歩いている人同士がどんな関係にあるのかなんて、分かりません。たまたま、そばを歩いているだけかもしれないし。

が、手つなぎしていると、目立つんです。アベック感が際立ってきます。

特に熟年の「恋人つなぎ」は目立ちます。人混みの中で、そこだけ異空間な感じを醸し出してしまいます。日本の場合はってことですけど。

熟年って幾つくらいかというと、わたしの中の定義では50過ぎってことかな。正確な年齢は分からないのだけど、わたしの目には50過ぎに見えるということで。

「いいなあ〜仲良しで」by りっつん

と、まあ、心にもないことを放ってみる。

そんなに仲良しな2人組なんて、いるわけないじゃんと、固く信じたい1人者。根が曲がってるの。

「夫婦だね。服装が気張ってないもんね。日常って感じだもんね」

すると、友人が険しい表情で、一言放った!

「ありえん。普通の夫婦ではない!」by 熟年の友人

そ、そうなのぉ!?

「普通じゃないって、火星人の夫婦?」

「あれは、つい最近、再婚した夫婦」

え〜〜!!そうなのぉ

結婚生活の長い人の目には、熟年の手つなぎカップルは、そういうふうに見えるらしい。

「足元が危ないからなんじゃない?」

「違う!サ・イ・コ・ン!」

おっとっと。

そんなことを思い出しながら、目玉焼きを焼いていたら、焼き過ぎてしまった。┐(´~`)┌

朝ごはんを食べながらも、友人の言葉がリフレインしている。

熟年手つなぎカップル=再婚

ごはんを食べながらも、この方程式が頭から離れていかない。

そんなもんなんですかねえ。

結婚生活30年を超えて、人混みの中を手をつないで歩く夫婦はいないんでしょうか。

ま・・・いないか(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。