16日に墓参りを済ませたら、季節が入れ替わった。そして「ゆ」さんと「と」さんが帰る。

16日に、お墓参りをしました。午前中はムンムンして湿度が高く、不快な暑さでした。そのせいで「こんなに暑いと墓参り、行きたくないねえ~」なんて、罰当たりな妻です。

 

2018年夏の墓参り

それでも昼過ぎ、「行くぞ!」という息子の掛け声でみんなでお墓に向かいました。

ちょうどお参りを済ませたころ、ポツポツと雨が落ちてきました。

「パパのうれし涙かしら」

何しろ、ゆっちゃんがお花代の一部を出したいということで、300円も負担してくれたのです。おじいちゃんとしてはうれしいんじゃないかしら。孫からのプレゼント。

雨は強くはならず、草場の陰の方のおかげで、わたしたちは濡れることもなく帰宅。その頃からぐんぐんと気温が下がり始めました。季節の交代が始まっていたようです。

今年の夏は本当に起伏が激しいというか、荒っぽいというのか。┐(´~`)┌

夕ご飯の時にはエアコンもいらないくらいになり、夜もエアコンなしで寝ることができました。この日はゆっちゃんとともたんとの最後の夜。3人で抱き合って寝ました(笑)

 

突然の秋の朝

17日の朝は本当にさわやかでした。

「ああ、激暑の夏もいよいよ終わりが見えた!」

澄んだ空気を味わいながら、散歩しがてら、近所のドトールにモーニングを食べに行くことになりました。

この道が海に見え、ふいに思いついてタイタニックをまねてるらしい嫁。この後、息子もタイタニックごっこに参加していた。

確かに影は船の先に見える。

「いつまでもやってろ~~ん」アホらしいわ~、まったく。┐(´~`)┌

 

写真からでも秋を感じられるぅ。

家族の一員であるメルちゃん。ゆっちゃんはちゃんと財布とメルちゃんを持って出ます。メルちゃんの髪は、なでられすぎて、抜けてしまったらしい(笑)

ママいわく「親は手ブラなのに、娘は財布を持って出るんかい」

ゆっちゃんいわく「何かあったら、頼って」

 

さよなら夏の日

さて、関西支店は帰ります。わたしは東京駅の新幹線改札口まで送ります。

メルちゃんは埼玉で過ごした夏の日。どんな思い出ができたのでしょうか。

 

改札口での別れ

「ばあば~!」と絶叫して、なかなか改札に入れません。やっと改札をくぐっても、こんなありさま。泣いて動こうとしない2人組。

かけ戻ってきて、改札脇で再び泣く。すごいことになってます(笑)

今生の別れでもあるまいし。来月には再び会うことになってるんですのに。大げさなんじゃないかい?

 

わたしの姿が見えてるとダメなので、この後忍術使いのように姿を消した婆です。

 

過ぎていく夏の日。暑くて、暑くて、どうしようもない夏だったけれど、記憶に残る夏になりました。孫むすめたちと過ごした10日間の夏は、かけがえのない楽しい日々でした。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • 東京駅での別れの写真。ゆっちゃんとともたんの泣き顔にもらい泣きです。

    りっつんさんが大好きなんですね❤️

    • あっちゃん。
      おはようございます!
      写真からは音が伝わりませんが、すごい大きな声で・・・(笑)。
      毎度、別れ際には泣かれてしまうのですが、いつもはどちらかが泣いて、どちらかが慰めるというスタイル。
      今回、初めて、2人一緒に泣かれてしまいました。婆名利に尽きますヽ(^。^)ノ

  • こんばんわ。お孫さん達と過ごした10日間は本当に大変でしたが、お互いに思い出がいっぱいの
    夏になったことでしょうね。友人は今年も「孫は来てよし帰ってよし」と疲れ気味に申しておりました。会長さまも家で落ち着いて過ごされる事でしょうね。お二人ともお疲れ様でした。
    私も本日でガンの手術より入退院を繰り返して1年を生き延びました。まだまだ時間がいりますが
    来年も生き延びたいと思っております。
    今年もりっつんさんの「トマトソース」大量に作って冷凍保存しました。本当に便利です。
    春雨サラダをまねっこさせて頂きますね。

    • たか20さん。
      おはようございます。
      先日「たかさんは元気かな」と、ふと思いました。
      コメントいただけて、とってもうれしいです!
      春雨サラダは大人数にも対応できるので、おススメです。
      味が足りないなあと思ったら、ポン酢かめんつゆを足してみてください。
      季節の変わり目、お体を大切になさってくださいねヽ(^。^)ノ

  • おはようございます。
    初めてコメントします。
    毎日見させて頂いています。
    今朝は、お孫ちゃん達の泣き顔が可愛いくて、
    昨日に続き、何回も見てしまいました。
    10日間も一緒にいれば、可愛さもひとしおですね。
    ばあばも、帰り道寂しくて涙を流されたのかな?
    なんて、勝手に思っています。
    我が家も孫が6人いますが、
    もう大きくなってしまったので、久し振りに小学校時代思い出しました。
    酷暑だった夏の思い出ですね。

    • 雪うさぎさん。
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      2人は30分泣き続け、新幹線の中ではしょんぼりとおにぎりを食べていたそうです。
      泣いても食べるおにぎり弁当(笑)
      実は2人が手にしているビニールには東京土産のお菓子が入っています。
      それぞれが自分用にと買った物です。自分用のみやげを手から離さず泣いているんです。
      それを思うとおかしくて。食い意地が張ってるのが、本当にかわいいんです。
      わたしはささ~っと消え、ふう~っとため息ついて、のんびりと帰りました(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。