ありがたきもの。それは幼稚園じゃ~!

現在、午後の1時ちょっと前。

ああ、ああ、ああ。あと1時間だ・・・・(´・ω・`)

それまでに書き上げよう、わが愛するブログ。

 

園バスのお迎えは2時

幼稚園バスに乗せるのは、朝の8時10分過ぎ。お迎えは午後の2時過ぎです。

朝にみんなを送り出し、8時半から洗濯、掃除をする。

まあ、わたしの場合は10時には終了してしまいます。昔取った杵柄で、要領がいいので早いと思います、たぶん。今日は洗濯機を3回、回しました。

嫁っ子S

ばあばの仕事量は、わたしの4倍くらいだわ~

最近までは「2倍量だわ~」と言ってたのが、4倍になってる。レベルがアップしているようだ。

おだてられ  その気になって  歳忘れ。

ふと気が付くと・・・・なんだか、働いてる。

数日前には「幸せ片付け屋さん」が紹介されている番組を嫁と2人で見ていたところ、

嫁っ子S

お義母さんもなれる!幸せ片付け屋さん!

そうかしら  わたしの仕事  片づけ屋?

ふと気が付くと・・・・なんだか、働いてる。いや、働かされてる?(笑)

でも、家事仕事はそれほど疲れないんですよね、実は。

わたしは、掃除とか整理整頓とか、好きなんですね。だからあまり苦ではないのです。きれいになるのが好き。料理も嫌いってほどではないので、何とかなるし。

しか~し!子どもの世話は・・・あんまり・・・・好きじゃない。

わたしが好きなのは、大人の人。お茶をすすったり、ワインをすすったりできる人。

ここんちの子供たちは、ハンパなく元気なので、肉体的に本当に疲れるんです。

特に、ともたんは大変なんです。わんぱくちゃんなんです。

幼稚園に行ってる時のココは天国。音楽を聞いてアイスを食べたりして、天国。

ああ、ああ、ああ、もうすぐ帰ってくるよぉぉぉぉぉ。

こんなにも幼稚園というものがありがたいものだったとはね。

息子たちの時にもそう思っていたのかしら。

早く帰ってきて、ママ!

ママの帰りを一番待っているのは、きっとわたしだわ。

 

エプロンをつけて託児所ごっこ

これは昨日のシーン。

先日作ったエブロンを巻いて遊んでいます。これは「託児所ごっこ」ですね。

くまみちゃんとメルちゃんが託児所に預けられる場面。

そして、いつの間にか、わたしのバックを遊びに使ってる。子どもを預けたら、仕事に行くわけです。その時には本物のバッグを使う。

自分たちの経験から、そんな物語を作りだしているようです。

なぜかゆっちゃんはブランド物が分かるんですよ。誰が教えてるんでしょうねえ、まったく┐(´~`)┌

近況報告

ここ数日、とても忙しくて、PCを開くことも、ままなりませんでした。久しぶりに大活躍の日々です。

今日はやっとひと段落して、ゆっくりとした時間を過ごせています。ここに来て初めてのゆったり時間です。やっぱり、一人の時間はステキ~ヽ(^。^)ノ

 

もうすぐだ!

ああああああーーーーあ゛あ゛あ゛あ゛あ。

帰ってくる・・・・帰ってくる・・・・・やつが帰ってくるぅぅぅ。

なんだか、まるで子育て日記みたいになってきたぞ。

しばらくの間、子育て日記としてお読みください。実際、真面目に孫育てしています。

孫たちとこの辺を歩いていると、孫たちのママとかに出合ったりするわけですが、「ばあばです」と言うと、みなさんに必ず驚かれます必ずです必ず

こんなに働いているので、少しくらい自慢しても許されますよね。ご褒美みたいなもんだ。

なので、堂々と自慢することにしました(笑)

では、ともたんを確保に向かいます!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1 個のコメント

  • Why ? なんで どうして
    驚くの?
    ママ達は。

    わ か ん なーーい。

    いいよ いいよ 自慢じゃないよ
    それは じじつ 事実 だよーんん。

    ような気もする。

    おつかれーー。

    それは

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。