2歳児が語る泣く理由。対応できずにオロオロ。

たっくんのかーちゃんに急用ができて、急きょ、子守りにでかけることになりました。

 

天ぷら、揚げよう

3時くらいに着けばいいので、午前中は普通に仕事。

仕事しながら、ふと、考える。

たっくんかーちゃん、出かけて、帰ってくるのは、夕ご飯の支度時間。

それなら、何か持っていってやりたいなあ。

ということで、天ぷらを揚げることにしました。

実はわたしが食べたかっただけなんだけどね(笑)

数日前、まいたけの天ぷらが食べたいと思って、まいたけが買ってあったのです。

さつまいも、まいたけ、にんじんと玉ねぎのかき揚げ、そしてウインナソーセージという、ありあわせの天ぷら材料。

最後に、ぎんなんを素揚げして、おしまい。

お菓子の箱に詰めて、持っていくことにしました。

ビタミンEたっぷりの”こめ油”で、天ぷらを揚げてみた。

2021年10月19日

 

かーちゃん、でかける

3時くらいに着いて、まずは3人でお茶しました。

おやつはクラブハリエのバームクーヘン。

そして、かーちゃんは出かけていきました。

「いってらっしゃい」と元気よく見送ったたっくん。これは楽勝だなと思っていたのですが。

今まで、どんな時でも、かーちゃんか、とーちゃんのどちらかとは一緒だった、たっくん。

もしかしたら、両親意外の人との留守番は初めて?

空気の異変に気づいたたっくん、5分もたたないうちに、不安気な様子になってしまいました。

そして、正座して、椅子になれとばあちゃんに指示を。

ばあちゃんの椅子(ひざ)に座って、前を見つめていると、

「かーちゃーーーん!」と、泣き出してしまったのです。

 

2歳児の理由

よし、何かで釣ろう。

子どもといえば、まずお菓子。

「お菓子、食べる?」

「いまは、食べない!」

「テレビでも見る?」

「テレビなんて、見たくない!」

「電車で遊ぼうか」

「遊ばない!」

そして、泣く。

「かーちゃ〜ん!」

「泣くなよ、そんなに」

すると、こんな返事が帰ってきました。

「泣きたいんだよ!」

泣きたい人に対して、言葉はありません(笑)

そうだ! YouTubeだ。

スマホで、プラレール、 YouTubeと検索したら、いくつか出てきました。

「 YouTubeも見たくない!」

だけど、いざ、流れてると、じーっと見入ってる。

本日の標語

泣く子も黙らす YouTube

泣きたいあなたに YouTube

安堵したばあちゃんでした。

 

3人での晩ごはん

かーちゃんが無事に帰宅して、泣きたい原因は消滅しました。

残業とーちゃんの帰りはいつになるのか、分からない。2人で晩ごはんも多いようです。

デザートのブドウを食べながら、すっかりご機嫌のたっくんです。実はこの日、少し熱があったので、パジャマ姿です。

家に帰ってしばらくした頃、かーちゃんからLINEが届きました。

たっくんんは「ばあばとごはん食べたねえ」って何度も言いながら、寝たとのこと。

ばあばとの時間も、まあまあ満足していたらしいので、よかった、よかった。

 

マスク事情

さて、話題は変わって、電車に乗る時の必需品マスクの話です。

ここのところ、コロナだからという言い訳もできなくなり、お出かけ回数は増すばかり。

電車に乗る機会も激増しています。

電車に乗る時には、不織布マスクが推奨さています。

でも、電車の中でスマホを見ようとメガネをかけると曇ってしまった、見えにくい。

すると、やっぱりそういう需要があるのですね。メガネが曇りにくいという不織布マスクを見つけました。

このマスクにしてみたところ、曇らない。そして、息苦しくもないので、とっても気に入っています。

鼻に当たる部分のスポンジが、空間を作ってくれるので、めがねの曇り防止と、息苦しさの両方を改善してくれているようです。

スポンジがあるけれど、フィットはしています。

特別に盛り上がっているわけではないので、見た目には普通のマスクにしか見えません。

マスク生活は、いつまで続くのでしょうか。

それでも、マスクのおかげで、テキトーなメイクでごまかせているのは、ありがたいことではあります。

本当に口紅が減らなくなりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • 快適ガードプロ!
    我が家でも愛用しています!
    鼻からズレ落ちてこないのも好ましいです。
    15枚入りなんてあるんですね〜♬

    『韓国マスク』で検索すると出てくる立体マスクも、
    鼻から口にかけてスペースが出来るので
    たくさん話すときにはラクです♪

    まだしばらくマスクの保護が要りそうですね。

    • デイジーさん

      おはようございます。

      このマスク、本当にいいですね。
      アマゾンで15枚980円でした。
      で、確認すべく近所のホームセンターをのぞいたら、同じ価格。
      なので、ホームセンターで買ってきました。

      韓国マスクは友人からもらったのが2枚あって、
      いざというときのために、とってあります。

      いざってどんなときって、いま、思いましたけど(笑)

  • 毎日読ませていただいております。
    同じ時代を生きる少し先輩のりっつんさんのブログ、共感したり、考えさせられたり、クスッと笑ったり、私の大切な日課になっています。
    ご存知かもしれませんが、今日の情熱大陸が反田恭平さんですよ。
    ぜひお見逃しなく。

    • がこさん

      おはようございます。
      情報、ありがとうございました。
      反田くん、見逃さず、しっかり見ることができました。

      これからも、どうぞ、ごひいきにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • たっくん、きちんと自分の意思を伝えられる2歳児、ビックリしました。そうか、泣きたいから泣くんだ。2歳でここまでしっかり話せる孫、我が家にはいなかったです(^-^;

    最近、東京から4歳の孫が来たんですけど、中途半端な時間になってしまったから、母親(私の娘)が途中で何か食べる?と聞いた時の返事が「ばあばんちで食べる。ばあばが美味しいご飯を作ってるから」だったそうで(^-^;
    ハードルが何メートルも上がりました。
    たっくんと同じように、ばあばと一緒に食べるという事が楽しいのかも知れないですね。
    言葉の出るのが遅い孫だったので、会えなかった日々の長さを思いました。

    もうひとつ、孫が母親の二の腕を触るのが好きなんですけど、何日か前に「ばあばの方が気持ちいい」と言ったそうで。その理由が「ばあばの方がだるんだるんだから」って。事実だけど、あんまり嬉しくないなぁ。

    緊急事態宣言が明けて、孫達にも会えるようになりました。大きい孫は身長が180くらいになってて驚きでした。
    自由に会えるのは本当に嬉しいです。

    • 7ばあさん

      おはようございます。
      ばあばが作るものは、おいしい。
      そうインプットされているなんて、本当にステキ。
      子どもは、親以外のメンバーを食べることを好みますよね。
      自分が子供の頃、そうだったからってだけですけど。

      うちは家系的に「口達者」なんですよ(笑)

      そうそう。たっくんは腕じゃなくて、
      親の首元をよく触っています。
      わたしはまだ触られていないので、触られてみたいなあ。

      180センチの孫!
      頼りがいがありそうですね。
      いいなあヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • お膝に座って、かーちゃーん!と泣くたっくん、ばあばは大変でしたね。でもなんとも愛らしい!かーちゃんも息子に泣かれて、呼ばれて、幸せな時期ですね(遠い目)
    天ぷらを持参するりっつんさんを見て、私も子育て中に天ぷらを平たいタッパーに沢山揚げて持参してくれた母を思い出しました。子どもから目を離す天ぷら(火事)は、子育て中には作りづらいからという配慮でしたが、子ども達はこれに慣れて、天ぷら=ばあば になってしまい、この世に母が居なくなってもいまだに食べたくなるそうで、私にはかないません。
    マスク情報参考になります。
    仕事でゴーグル装着の時間(コロナ対策)が増えマスクで視界不良で困っておりました。これは買ってみたいと思います!

    • まめぴよさん

      ハラハラしましたよ。
      マンションだと、声がより響くような気がして。
      周りが気になります。

      かーちゃんの存在は、なによりですもんね。

      何か手作りのものを持っていきたいと思っているのです。
      都会で、なんでも売ってる場所に住んでいるので、売ってないものを(笑)

      マスク、いいですよ。おすすめです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。