ばあちゃん、脱走か!?孫娘Bが裸足で追いかける。

夕方になって、ばあちゃんは1人散歩を企てた。

たっつあんなど聞きながら、夢ある世界をさまよいたい。

たっつあんとは山下達郎氏のこと。歩くときには、いつもたっつあんの声が、そばにある。

チョーうるさい孫娘2人と、物を食べるたびにそばにきては、うるうる見つめながら鼻先でわが太腕をツンツンする犬。

ここにいると、自分が何者なのか、分からなくなる。

1人でいても、自分が何者か分かるものでもないけれど、いつもの色っぽい世界にくらいは戻りたい。

 

そっと家を出る

午後6時。

やっと日が暮れてきて、歩くのに適した時間が訪れる。

夕飯までは1時間ほどある。

孫娘Aは夢中で絵を描いている。孫娘Bは2階で何かやっている。

よし!今だ。

ご飯支度をしていた嫁さまに、そっと告げる。

「ちょっと出てくる」

「行ってらっしゃいませ〜」

豚汁の気配を嗅ぎつけた犬が、おこぼれに預かろうと嫁さまの足下に寝そべっている。そして、嫁さまの響く声に反応して、ばあちゃんの顔を見上げる。

 

広い空

家を出て、空を見上げる。

ああ〜、いいわ、この風。

耳の中では”Ride On Time”が鳴り始めた。

さあ、行くぜ!飛ぶぜ!

坂道を上り始める。少し歩いて、急な階段を30段ほど登る。Zの形に道をなぞっていくと、この辺りの一番高い場所に着く。

町を見下ろしながら、深呼吸。

今日もうぐいすは定位置にいて、鳴いている。

と、その時だった。

だならぬ気”

が、ぷ〜んと漂ってきた。

振り返って、通り過ぎてきた道に目をやると・・・。

 

裸足で駆ける少女

ものすごい形相で、かけてくる少女が目に入った。

「トトロ」に出てくるメイちゃんを連想させる。

でも、あれはメイちゃんではなく、もう少しデカい。

見間違えることもなく、孫娘Bだ。

見れば、裸足で、手に緑色のズックを握りしめて、猛ダッシュしている。

通りすぎた人が、何事かと見ている。

そのまま、ばあちゃんも駆け足をすればいいのだけれど、孫娘Bの速度を目算すると、追いつかれることは確実だ。

孫娘Bは常に膝小僧に傷を作り、そのカサブタが取れる前に、さらに傷を負い、血をにじませた絆創膏をいつでも貼りつけている。

そんな体育会系の少女に勝てるわけがない。

耳の中では3曲目が流れ始めたばかり。

つまり家を出てから、10分足らずで、ばあちゃんの脱走はバレたことになった。

ばあちゃんはすごすごと階段まで戻って、上から下を見下ろした。もちろん腕は腰のあたりだ。

見上げた先に、ばあちゃんを確認した孫娘B。

満面の笑み。こういう顔こそ、邪気のない顔というのだろう。

 

2人で散歩

ここ数日、孫娘Bは、ばあちゃんと歩いた道を地図に起こして、スケッチブックに記録している。

“冒険ノート”というタイトルがつけられていた。

それじゃ、今日も違う道を行こう。

「うん!」

ズックを履きながら、答える孫娘B。

ズックを履く時間も、もったいなかったのだという。ズックを履いている間も、ばあちゃんは進む。

この瞬間的判断力、大したもんだ。

こんなに走ったのだから、喉が乾いたよねえ。

ばあちゃんが下げている小バックにはwalkmanとSuicaとmaskが入っている。コンビニに寄って、アクエリアスでも買おうか。

そして、コンビニの横の歩道橋をわざわざ登ってみることにした。

歩道橋からの眺めも悪くない。一段高い場所からだと、見慣れた場所もおしゃれな景色に見えるから不思議。

 

もう1つの物語

実は孫娘Bがばあちゃんの不在に気づいて家を飛び出した後、もう1つの物語があったことを知った。

事態をささっと把握した孫娘A。

孫娘Aは室内系の少女だが、観察力と想像力がある。

ばあちゃんは気まぐれだから、いつもの散歩道ではなく、ほかの道をふらふら歩いている可能性がある。

すると、妹はばあちゃんに会えない。そうなると妹はきっと泣く。

なので、ペンを置き、急ぎ後を追ったという。

孫娘Aは、気づかれないように、妹の後を追い、坂の上でばあちゃんと会っていることを確認して、家に戻ったという。

一緒に散歩をすることは避けたかったらしい。さすがである。

昨日もけんかばかりしていた姉妹。けんかの種をせっせと探しては、けんかに及んでいる。

ばあちゃんは「どんどんやれ」とけしかけてはいるものの、そりゃ、チョーうるさいと思っている。

だから、脱走したわけで。

そしたら、あっという間に、捕獲されてしまったというわけで。

オリンピック前日に、本気で走った2人。

晩ごはんの手巻き寿司をたらふく食べて、そしてまたけんかを再開していた。

そして、ここにいる限りは、1人散歩はできないってことを、

ばあちゃんは知った。_| ̄|○ 

ハブとマングース姉妹。クッキーの始末には、辻褄を合わせる。

2018年5月16日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは りっつんさん

    安心して思いきり姉妹喧嘩できるって素敵なことですね。 Bちゃんの天真爛漫さもAちゃんの優しさもジーンときて鼻のおくがツーンとしました。

    それにしても久しぶりにズックという単語を耳にしました。 りっつんさんの夕方の散歩が更にノスタルジーな雰囲気をかもしだしました。

    Aちゃん、Bちゃんやっと大好きなばぁばに会えて嬉しいんでしょうね。

    • コロボックルさん

      おはようございます。
      今日も2人は元気に家を飛び出していきましたよ。
      友達の家に行くんですって。

      ズックという響き、好きなんですよ。
      あえて使いたくなるのです。
      スニーカーというより、ピンときます。

      それにしても、Bちゃんのあの顔、忘れられませんわ、
      たぶん、一生(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。