雲と遊ぶ。少々無理があっても「龍形の雲!」と認定するのだ。

仕事机に座って、斜め45度上に視線を向けたら、小さな空が見えます。本当に小さな空なんです。

小さな部分しか見えないけれど、雨上がりで雲が面白い動きをしているのが分かりました。

仕事もなんだかさっぱり進まないし、眠気に襲われているし、それなら気分転換をしようと、カメラを担いで散歩道を自転車で一回りすることにしました。

歩かず、自転車にすることで、時間短縮を狙います。見え隠れしている焦りへの対抗措置。歩いてしまうと、本格的散歩になってしまうので、それは避ける。

自転車ならば、橋の上まで、数分。早いねえ。

橋の上から川を覗き見ると、密です!密です!

カモと衝突しているコイもいます。ん?カモが衝突しているのか?

「お〜い、ディスタンス、ディスタンス!」

こんなにいるのね。「いったいなにを食べて肥えているんでしょう」と思うほどの大きさです。

実は、みんなが橋の上から撒くパンくずなどを食べているのです。

だから、橋の上に立ち止まった人を認識すると、ささささっと寄ってくるというわけです。

「悪いけど、何も持ってないよ」

さて、下から上に視線移動。本来の目的はこちら。

空に目を向けてみる。と、もう、雲が面白すぎる!

家から見えた小さな空は嘘をつかなかった。思ったとおりの面白い空模様。まさに空の模様!

見ているだけで、口元がほころんでいくのがわかります。思わずニコニコしている。

撮影時には気付かなかったけれど、紫の光の玉が写り込んでいます。

なんだか、とってもきれい。

どういう方向で撮ればこうなるのか。もちろん、そんなことは覚えているはずがない。だから「一期一絵」なのね。

こちらには、羽をつけた龍が見える。わたしには見える(笑)。いや、犬と猫か。おっと!もう1匹、小ぶりな龍がいる。

こうして、想像の翼で雲を見ながら遊ぶのが、趣味といえば趣味。

こちらには、龍の顔。目玉まで見える。ツノもついてる(笑)

雲の中に龍を見つけると、縁起がいいと聞いたことがあるので、見つけた日は、いい日と認定されます。

こちらは、何か吹き出しているみたい。

自由に動き回る雲。そして、どんどん形が変わっていくのが面白い。まったく飽きることがないです。

いつもの散歩道もそろそろ初夏のよそおい。

葉っぱが作る影が、初夏の到来を感じさせてくれます。

30分ほど新鮮な空気を吸って、眠気を吹き飛ばして、超高齢の文句ばっかり言ってる猫の待つ家に帰りました。

「さっさと仕事を片付けておしまい!」と言われてしまいました。

台風前の夕暮れ時。雲を見ながら、人生について思いをはせる。

2019年9月9日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。