9年前の”小さな黄色い靴”を見て、思うこと。

こんな写真を見つけました。

“小さな黄色い靴”の写真。

この写真に写っているかわいい靴は、ゆっちゃんのものです。

この靴を置いて、ゆっちゃん家族がアメリカに渡ったのは、 9年前のちょうどいまごろのことでした。

 

長男家の旅立ち

2012年の3月。

長男は9年間の学生生活を経て博士号を取得し、大学院を卒業しました。

そしてそれからわずか1週間後。

一家はアメリカニューヨーク州にある研究所へと向かうことになりました。

新人研究者には長期にわたる身分の保証などありません。

先はわからないけれど、チャンスがやってきたら、とにかくやってみるだけ。

研究所から声のかかった息子は、迷うことなく行くことを決めました。そして嫁も公務員の職を辞めて、ついていくことを決意。

成田空港まで次男とともに見送りに行き、ゲートの前で別れたときのことを思い出すと、今でも胸がいっぱいになります。

まったく知らない町で、言語の違う国で、新しい職場で、新しい人間関係で、新しい暮らしをゼロから立ち上げる息子夫婦。

しかも1歳半の幼子を連れての13時間の長時間フライトと、住まいも決まってはいない新しい土地での暮らし。言うなれば、ほとんど冒険。

息子にも嫁にも海外生活の経験はありません。大きな研究所とはいえ、日本人は数えるほど。頼れる人はゼロという環境。想像もつかない世界です。

しかし息子たちには不安もあったはずだけど、夢のほうが大きかったはず。

 

母としての修行

しかしわたしは、果たして本当にうまくやれるのか。なにかあれば、もう二度と会えないかもしれない。

前年に震災を経験したので、そんな思いばかりが浮かんできてしまいます。

ついついマイナスなことばかり考えてしまうので、できるだけ顔に出さないようにと必死でした。

マイナスなことは絶対に言わない。

いやいや。マイナスだけでなく、余計なことは発さない。聞かれないかぎりは、意見を言わない。これこそがわたしができる唯一のことでした。

息子たちの考えをただ100%応援するだけ。

これは実母との関係から学んだことの1つです。実母は反面教師。

誰かの道に要らぬ塀を立てないということ。先入観を差し込まないこと。

年長者の心に思いつくままの不安などは、転ばぬ先の要らぬ杖。つっかえて、いく道を阻害するだけ。

これは、ほぼ修行でした。「こうなったら、困るよねえ」「こうしたほうがいいよ」とか、ついつい言いそうになります。

マンモス追って、海を渡った先人たちを思い浮かべることにしました。

大きなトランク2つに、当座の衣類と日本食を詰め込んで、そして有り金を握りしめて、3人は旅立っていきました。

 

ゆっちゃんの靴

息子たちの荷物は我が家で預かることにしました。3人家族の荷物は2階の6畳間に入る程度のものでした。

その中には、ゆっちゃんがほんの少し前まで履いていた靴がありました。

少しきつくなったので、新しい靴に買い替えてアメリカに向かったゆっちゃん。

残された靴を洗って干しておこうと思ったのは、その日があまりに美しい快晴だったから。もうゆっちゃんは履くことはないけれど、きれいにしとこう。

小さな靴を干しながら、空を見上げて、アメリカにいる3人を思いました。

ちゃんとご飯を食べているかしら。

あのころ、わたしたちをつないでいたのは、スカイプとフェイスブックでした。

毎日、フェイスブックでお互いの状況を確認。だから写真を撮って載せました。この靴干しの写真はフェイスブックを整理しているうちに見つけたものです。

※フェイスブックは、現在はまったくやっていません。

そして時間があればスカイプ。時差は13時間程度。こちらの朝は、あちらの夜。

我が家のテレビで「お母さんといっしょ」を映して、スカイプで生中継したりしました。

息子たちは研究所の宿泊施設(とはいえ、さすがアメリカ、一戸建て)に住みながら生活を開始し、研究所の近くの町に落ち着き先が見つかったのは5月の半ばのことでした。

そして3ヶ月後に、わたしは生まれて初めての国際線。ニューヨーク行きのJAL便に乗っていました。

そして翌年には、ともたんの出産応援のため、二度目の渡米。

初めてでも、ひとりでも、不安症でも、必死にやれば、会いたい気持ちがあれば、なんとかたどりつけるんだなあ。

息子たちのおかげで、アメリカという国の一部と、やればできるという自分に出会うことができました。

町の夏祭り。夕暮れを見ながら、アメリカの小さな町を思い出す。

2019年8月12日

 

足のサイズは祖母より上に

アメリカに渡ってから、わずか2年後の春のこと。

突然に関西の研究所に新たな職が決まり、日本に戻ってくることになった長男一家です。

「もう帰って来るんかい?」と思いましたけど、ホッとしました。

関西にも知人は1人もいないけれど、アメリカよりはずっと近いし、なんてったって関西弁も日本語。本当にうれしかったです。

3月初めに幼児を2人連れての再びの13時間超えの飛行機旅。

息子たちは経験という名の宝物を持って、帰ってきました。

あれから、7年。

最近、あの黄色い靴を履いていたゆっちゃんは、わたしの足のサイズを超えました。

生まれてわずか10年たらずで、祖母のサイズを超えていく孫娘。

あっという間すぎて、実感がないけれど、孫娘たちの成長を見ると、確かに10年近い年月が過ぎているのは間違いないようです。

これから10年後。

息子たちは、果たしてどこに住んでいるのでしょうか。

もしかすると息子夫婦が空港で娘たちを見送る側に立っているかもしれません。

これから、どんなことが待ってるのでしょうか。

あと、どれくらいの時間をみんなと過ごせるのか。

今になって、しみじみと時間の貴重さが分かってきたような気がしています。

時間は無限。だけど、人ひとりの持ち時間は有限なのです。

8年前のアメリカの小さな町にて。

2020年7月15日

アメリカの思い出。ある日突然、遊園地がやってきたの巻。

2017年7月12日

科学者はまるで遊牧民のようである。

2018年3月5日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは

    黄色のクマさんの靴を履いていた頃のゆっちゃん
    に会いたかったです。

    息子さん一家がアメリカへ行かれる時、黙って送
    り出したりっつんさんは偉かったですね。
    心配は愛という仮面をかぶった呪いだと聞いたこ
    とがあります。
    わかっていても、私には我慢できるかどうか?

    • 相棒さん

      こんばんは

      “心配は愛という仮面を被った呪い”
      なるほどなあと思います。
      確かにそういう面があるかもしれないですね。
      とにかく、母親の「やめたほうがいい」が多かったので、
      それだけは息子たちにバトンしたくなのです。
      やりたいようにやればいい、そう思っています。

  • こんにちは今日は雨模様の一日になりました。私も孫が3人います。一番上が小学3年生になりました。最近お料理のお手伝いをしてくれるので成長を感じています。段々と会話も楽しめるようになってきました。婆も頑張らなきゃ…

    • 埴輪さん

      こんばんは

      どんどん大きくなりますよね、孫たち。
      荷物も持ってもらえるようになりました(笑)

  • 言うのは簡単。黙って応援するのは修行ですよね。
    いろいろ子供達に言ってしまうのは、自分の気がすむからで、すべてが子供達の為になっているとは限らないんですよね。私はこの事に気づくのにずいぶん時間がかかりました。心配症も手伝ってずいぶん口うるさかったと思います。りっつんさんの子育ての話はなんだか暖かい気持ちになります。関西支店長さまも、ユニークなお人柄みたいですが、なんか憎めない感じがします。支店長夫人もネタ提供では笑わせていただいていますが、素敵な女性なんでしょうね。よいご縁ですね。先日、我が子の結婚で相手方に挨拶に行く知人に、「まめぴよは大変だね。子どもの結婚の時にひとり親だから」って言われました。ん?どういう意味?と思いました。なんだかいい気分はしなかったです。ひとり親でも子ども達は結婚したければ私なりに誠意をもって対応するつもりですけどね。

    • まめぴよさん

      こんばんは

      子どもたちのためになることなんて、そんなにはないのですよね。
      それぞれが考えればいいこと。
      困った時には助けるよ。
      それだけ信じてもらえれば、オッケーなんです。
      とにかく、我が母のようにはなりたくないのです。
      いつでも引き止められるばかり。否定されてばかりで、息苦しかった。
      もっと楽に生きたいし、息子たちにもそうしてもらいたい。
      だって、人生はその人だけのものなんですから。

      わたしはひとり親として、挨拶もちゃんとさせてもらいましたよ。
      全然問題ないですわん。
      ひと言言いたいって人はいるのですよ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。