空き缶が宝ものだった頃の話

今朝は”あんこ”の缶詰、開けました。

会津地方のとある町では、各家庭で作られたあんこを、それぞれ缶詰にして保存しています。

料理自慢の人たちが作るあんこは絶品で、時々、手に入れることができるという貴重な缶詰です。

さて、缶詰を開けて、中身をウェックに移したら、空っぽの缶が残りました。

内側の黄金色を見ているうちに、幼き日の思い出が蘇ってきました。

たぶん、5歳くらいだと思われる、ままごとをしているわたしです。

わたしが生まれた1957年というのは、太平洋戦争が終わってから、まだ10年目のこと。

「そうか、戦後わずか10年目か」

10年という年月を思うと、自分の生まれた時期に驚きます。10年前なんて、つい最近のことですから。

戦後10年目というのは、どんな時代だったのか。

そういえば、お世話になった産婦人科の先生は、仙台から母の実家のある田舎町に疎開していた方でした。

まだ仙台に帰れずにいた方もいたのです。

しかし育っていく過程では、戦後なんていうことをを意識することはありませんでした。

だから当時の日本の状況が、まだまだ貧しさの中にあったことは、いまだから理解できるというもの。

わたしは駅近くの小さな借家に住んでいました。すくそばにはバスターミナルがあったり、大きな病院があったりと、わりとにぎやかな場所でした。

でも、トイレも水道も家の中にはなく、外の井戸で水を汲んで家の中の大きなかめに入れておく。そんな暮らしでした。

もちろん、冷蔵庫も洗濯機もありませんでした。

あったのは、テレビとミシンとオルガン。

母が弾けたのは「菩提樹」という曲だけ。なんでそんなに弾けもしないのに、オルガンがあったのかなあ。

小学校に上がる頃までのことなのに、よく覚えています。

路地裏の一角で、よくままごとをしていました。友達もいたようですが、どんな子と遊んでいたのかは、まったく覚えていません。

ままごと道具など、売っているなんてことも、別世界の話。おもちゃ屋さんなど、行ったこともなかったです。

自前調達が基本のままごと遊び。

ままごとの道具としては、空き缶はとても貴重なものでした。

母が缶詰を開けるたびに、予約。妹と順番っこに予約。

「その缶、今度はわたしのね」

大きな空き缶をもらったときのこと。60歳を過ぎても忘れていないなんて、どれほどうれしかったのでしょうか。

まるでタイムマシンで降りたって現場を見ているように、ニコニコしている顔が見えるのです。

幼い頃の思い出なんて、本当に少ないのに。

でも、あの頃から、すでに自分の世界があったことは確か。子どもは、最初から独立した中で生きているんだなあとつくづく思うのです。

あの缶の手触りも忘れていませせん。

缶の中に土を入れて、水を入れて、こねて。

どんな料理を作ろうとしていたのでしょうか。

たぶん、あれが、台所仕事の原点(笑)

いまでは本物の、しかも自分が欲しいと思うなべを、簡単に手に入れることができようになりました。

だけど、あの空き缶を手にしたときほどのうれしさを運んできてくれているのかどうか。

特別においしいあんこを餅につけて食べながら、ふと、そんなことを思い出しました。

父も母も若かったのでしょう。

みんな、一生懸命に日を過ごしていたのでしょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 初めまして。今回の記事、何だかとても沁みたので、フラフラと出て参りました。
    私も1957年生まれ。同時代の風景がよみがえります。

    一昨年、仕事をリタイアした途端、カミさんに先立たれてしまい、以後専業主夫となりました。
    日々の献立の参考にさせていただいている家庭料理研究家の先生が、りっつんさんの著書を紹介されていたことから、こちらにやってまいりました。
    一気に読んでしまうのがもったいなくて、最初のところから現在に向けて、チビチビと拝読しています(笑)。
    毎日の更新、コメントにも丁寧に対応されて、頭が下がります。

    『心地よいひとり暮らし』、九州の片隅の書店にもありました。早速買って帰りました。
    買って帰りましたが、まずはブログを読み終えてからのお楽しみ、ということでしっかりキープ。
    (食事で好物は最後に食べるタイプ(笑))

    これから冬本番。6月生まれのせいか、寒いのは苦手ですが、
    りっつんさんもどうぞご自愛を。

    • ひさごさん

      はじめまして。

      同級生の方からのコメントには、
      いつも「おお!」と声を出して反応してしまいます。
      ありがとうございます。

      晩酌のようにチビチビと読んでいただいてるとは、
      とっても光栄なことです。

      今年は熊本の農産物をたくさん食べました。
      なにもかも、おいしかったです。
      九州といえば博多に一度行ったことがあるだけで遠い存在でした。
      しかし、そのおかげで、九州をとても近くに感じることができました。
      食べ物の威力はすごいですね。

      わたしも、好物は最後に食べるタイプです。へへっ。

      温かいものを作って食べて、
      ぬくぬくしながら、冬を越していきましょう!

      これからもどうぞご贔屓にヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。