ゆっちゃんの赤い車を思い出す。

たっくんが3歳の誕生日に、赤い車を買ってもらったと、写真が送られてきました。

足漕ぎの外車で、けっこうリアル感のある車です。

で、突然に記憶の底から蘇ってきたのは、ゆっちゃんの赤い車でした。

 

♪あれは10年前〜

3月末に大学院を卒業した長男。1週間後にはアメリカに渡りました。

1歳半になった娘を連れての渡米。そこで2年間の研究者生活を送りました。

その間、二度ほど、わたしもアメリカの空気を吸ってきました。

息子の家で見た、この赤い車。

「かわいい!」と思って、忘れられずにいました。

ちゃんとドアがついていて、後には荷物が積める仕様になっています。

ゆっちゃんは後ろにキティちゃんを積んで、ドアをバタンと閉めては、家の中をドライブしていました。

このおもちゃの車は、住んでいた町の小さな雑貨屋さんで、嫁とゆっちゃんが散歩の途中で見つけてきたもの。

この雑貨屋さんに行くことは、嫁の楽しみのひとつでもあったようです。

中古車で日本円にして500円だったとか。

何度かわたしも連れられて行きましたが、実にいろんなものが置いてあって楽しい店でした。

新品の物も売っているけれど、中古品の服とか雑貨も置いてある店。

店に入るたびに、これがアメリカのにおいなんだなあって思った記憶があります。

この赤い車、日本に帰ってくるときに、手放しました。運送料がバカ高いので断念せざるを得なかった。当たり前ですね(笑)

きっと、今でも、どこかの誰かが使っているはず。

 

飛行機に乗ったあの日

わたしの2回の渡米は、ともに、ちょうどこの季節のことでした。

初めての、海外旅行。

ニューヨークまでは13時間と、かなり長めの飛行機旅。

さらに、ひとり旅。

準備は抜かりなく、とりあえず万端にしたい。万が一、死んだときにはどうなるかまで調べて、死ぬ覚悟で向かいました。

人類で初めて飛行機に乗るわけじゃないと、何度も言い聞かせながらのフライト(笑)

旅行好きでもなかったので、まさか、ひとりで国際線に乗ることになろうとは、まさに晴天の霹靂でしたけれど、やればできた。

飛行機の窓の外に、家並みが見えたときには、本当に感動しました。

「アメリカまで、来ちゃった!」

実は夏が嫌いでした。とくに7月が苦手でした。

でも、あれ以来、夏が嫌いではなくなりました。それはたぶん忘れられない思い出ができたから。

息子たちが住んでいた小さな町。アメリカンな雰囲気がそこかしこに漂っていました。

町のおもちゃ屋さん。ここにもゆっちゃんと行って、いくつかおもちゃを買いました。

この間の引っ越しのときに、ともたんの部屋で、この店で買ったおもちゃの陶器のティーカップを見つけて、懐かしかった。

写真を見ていると、あのときのにおいがよみがえってきます。

JFJ空港に降り立ったときのにおい。

部屋のにおい。

町のスーパーのにおい。

翌年にはともたんの出産応援で、再びこの町へ行き、45日間、過ごすことになりました。

「いま、もう一度行きたい場所は?」と聞かれたら、間違いなく「この町!」です。

いまは、遠すぎる町になってしまいました。でも、きっと、いつか行ける。そんな気がしています。

 

孫たちは大きくなりにけり

こんなに小さかったゆっちゃんも、今ではすっすり少女です。

ともたんもたっくんも、まだこの世には存在していなかったのに、今ではたっくんも、このときのゆっちゃんよりも大きくなってしまいました。

そしてあのときにこの世にいた父や叔父はこの世の人ではなく。

10年というのは、そういうボリュームのある時間のようです。

メンバーは日々更新中。

こうして過去を振り返っていると、すべてが、なにもかもが、いっときの幻という感じがします。

たぶん、わたし自身が、マボロシなのよね。

アメリカの思い出。ある日突然、遊園地がやってきたの巻。

2017年7月12日

夏祭り。夕暮れを見ながら、アメリカの小さな町を思い出す。

2019年8月12日

魔法の言葉は「人類で初めてじゃないだろう!」

2018年6月14日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。