この町の未来は寝たきりベッドタウン?

郊外の町に住んで30年になります。

最近思うのは、なんか、ますます町に元気がなくなってきたなあってこと。活気がないのです。

10年前と比べると、飲食店が激減しました。徒歩圏内にランチに行きたい店は思いつきません。スーパーもパン屋さんも数が減りました。

しかし、生活に直接影響が出るほどではありません。いい店だけが残ったと思えばいいのかしら。活気のなさも、のんびりしていて、悪いことばかりではないのですが。

わたしたちがこの町に越してきた頃、小学校の1つの学年は5クラスありました。それが今では2〜3クラス。子どもの声は以前ほどは聞こえなくなりました。

それでも古い家が壊されて新築の家が建ち、新たに若い人たちが引っ越してきて、それなりに新陳代謝はしているようです。

対して、老人は目立って増加中。というか、前から住んでいる人たちが高齢化しているだけですが。70代の人たちが増えているように見えますが、70代はまだまだ元気。

我が家の近辺では日中(在宅)おじさんが増加中。高度成長期からの日本を支えた人々。通勤時間1時間以上もかけて東京まで通った団塊世代の人々です。

この町は「寝るためベッドタウン」として発展し、そして役目を終えたいま、「寝たきりベッドタウン」へと向かいつつあるのでしょうか。

首都圏のあちこちに、そういう町はたくさんありそうです。若い人たちは1駅でも都会に近い町に住みたがるから。

それでも、このコロナ禍で、東京からの距離がそこそこの静かな町にも、再びのニーズはありそうだけど。

どうすれば、この町が元気になるんだろう。なんて、ついつい考えてしまったりして。

とりあえず、まあ、いま住んでいる者にできることといえば、できうる限り邪魔にならない老人を目指すことくらい。1人でも多く、元気な老人が闊歩する町を目指すことくらい。

町全体が老人介護施設だと見立ててみる。町全体が介護施設だと思えばいい。道路は廊下?

たとえば、誰かの家は食堂で、誰かの家は喫茶室。お風呂もみんな同じ日に順番に入る。個室の多い誰かの家は個室ベッドルームにして、夜はそこで寝る。案外そんな暮らし方も面白いかもしれない。夢のような話だけど(笑)

残ったエネルギーで昔話を延々と語り合うなんてことも、案外ステキ。自分の昔話をほんの少し美しくデフォルメして。みんな、物語の作者になって、輪になって暇を潰す。

どうせ翌日は忘れている。記憶装置は劣化し続けるのですから。

くれぐれも若者を巻き込まないようにしよう。どうしたって最後には世話にならざるを得ないのだから、せめてギリギリまでは巻き込まないようにしよう。

あっちうろうろ、辻々でぶつかりっこ。ああでもない、こうでもないと右往左往。

そうして三途の川の順番待ち。「どうぞ、どうぞ、お先に~」と譲り合う声が聞こえてきそう。

20年後には、どんな町になっているんだろう。

町に元気がなくても、わたしは人の気配が少なくて、大きな空のある、この町が大好きなんですけれどねヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • いつも読ませていただきありがとうございます。私も46歳で主人と死別しました。
    2012年でしたので、もう9年目ですが、まだまだ寂しいです。
    埋まりませんね。
    りっつんさんの生き方、ご参考にさせていただいております。

    • 千鶴さん

      いつも読んでいただき、ありがとうございます。
      そりゃ、寂しさは埋まらないものですよ。
      時々、もしあの人が生きていたらなんて、
      しょうもないこと、考えることあります。

      言いたいこと(主に苦情)は、未だにあります(笑)

  • りっつんさん、こんにちは。
    連投です。結構、お調子者です。

    村の中の、既存宅地に建った戸建住宅団地に住んでいます。
    散歩コースは、農道。行き会う人は、ほとんどいません。農耕車くらい。

    コロナになって、なんだか自分の望んでいた世界になった気がします。
    みんなが清潔に気を配り、マスクしているから、挨拶か目礼でOK。
    きっと長生きしますよ、皆さん。
    ストレスのない社会ならね。

    子供にはギリギリまで世話にならないで、あの世から呼ばれるまでは、自分なりに頑張る。

    • しばふねさん

      こんばんは。

      清潔に気を配り、感染症から身を守って暮らす。
      確かに、この状態だと、みんな長生きしそうですね(笑)

      70歳まで生きていたら、息子に背負われて婆は捨てられた。
      あれは本当の話なんでしょうね。

      • りっつんさん、おはようございます。

        ラジオの聞き逃しで、秋の夜長を楽しんでいます。

        「更科日記」の姨捨と、堀辰雄の姨捨を知り、今昔の感に思いを寄せております。

        • しばふねさん

          おはようございます。
          堀辰雄の姥捨、さっそく読んでみます!
          深沢七郎の「楢山節考」の印象が強すぎますね。

  • 「町全体が老人介護施設」という考え、すごくいいかも?
    「みんなで昔話を語り合って、でも翌日にはみんな忘れてる」な~んて、
    素敵だし、納得だし、ちょっと笑えるし・・・理想的。

    私の住んでる市も「本町通り」と呼ばれるメインストリートはシャッター街と化し、
    勤める小学校も学年2~3クラス。県の人口も減っています。
    「隣組」と呼ばれる街の組織も、私の所は5件中、なんと私が一番若者。笑えますでしょ?
    世間では「パッとしない県」と言われていますが、
    山も川もありますし、東京の大学にも通える距離ですし。
    りっつんさん同様、私も案外ここが好きです。

    「世にも奇妙な話」の題材になりそう・・・、ですね。

    • かよさん

      こんばんは。

      だれがなんと言おうと、
      自分の住んでいる所を愛せるってことは、
      最高の贅沢だと信じています。
      ダさいたまと言われようとね(笑)

      老人介護村。
      その中で何が起きるのか、
      確かに世にも奇妙な話になりそう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。