方向音痴は次女に多い?

わたしは一度歩いた道は、わりと忘れないほうです。しかし、友だちには方向音痴という人が、何人もいます。

 

方向音痴は次女に多い?

この町に30年も住んでいる友だちは、かなりの方向音痴。たどり着いたら、目指していたのとは違う場所だったという経験が何度もあるのだそうです。

地図を見ても、自分の位置が把握できないって言うんだけど、そんなことがあるんかいな?

ちゃんとたどり着けるわたしには、不思議でなりません。

そう言われて思い出しました。

わたしの姪もかなりな方向音痴で、駅からわたしの家にたどり着けない。大人になっても道を間違ったことがありました。駅からの大きな一本道をまっすぐ歩いて、右に曲がるだけになのに(笑)

どうして方向音痴になってしまうのでしょうか。

方向音痴の友人は「方向音痴は次女に多いらしいんだよね」と言います。彼女は次女です。

子どものころ、次女というのはおねえちゃんの後ろをついて回るので、自分で道を覚えるという訓練がなされない。よって方向音痴になると言うのですが・・・。

確かに、わたしの姪も第3子。姪は上に2人の兄がいるので、子どものころはいつも兄たちの後ろをくっついて歩いていたので、自分でどこかを目指して歩くという回数が少なかったかもしれません。

生まれた順序とか環境が左右するのでしょうか。

しかし、実は最近、孫のゆっちゃんが「方向音痴族」だということが判明。まだ小学3年生だからと思いたいけど、一緒に歩いていると、とんでもない方向に歩いて行ってしまいます┐(´~`)┌

ゆっちゃんは長女なんですけどね。

 

女性にありがち?

わたしは男の人で方向音痴という人に、ほとんど出会ったことがありません。

その昔、狩りに出かけていたからでしょうか。その能力が残っているんでしょうか。

いや、実は方向音痴な男性はいるのだけれど、公表できないのかもしれませんね。

男の人が「俺って方向音痴でさあ~」なんて言うと、ちょっと、なんだかなあ〜と思うわたしは古い?

男の人にはちゃんと目的地に迷わずにたどりついてほしい。

女の人が「わたしって、方向感覚がダメなのよねえ」って言うと、ちょっとかわいく聞こえる。これも古い?

脳のでき方が違うという説もありますが、どうなんでしょ。

 

高性能GPS搭載!

わたしは目的地には、ほぼ確実に着きます。電車の乗り間違えなども、ほぼありません。

行くべき場所には、時間を守って到着する。しかも早歩き女。これがわたしの実態です。

一度歩いたところは、ざっくりとではありますが、地図も書けます。

ネット検索で出てきた「方向音痴診断テスト」というのをやってみました。なんと、わたしはGPSレベル。かなり高性能のGPSを搭載しているようです。

姥捨山に捨てられても、自力で戻ってみせる(笑)

わたしは山を登っていた経験があるので、山登りのおかげで野生の勘が鍛えられたのかもしれないと思っています 。

しかし、そんなわたしでも、GPS機能が作動しないことがあります。

どんな時かというと、わたしのGPSより高性能なGPSを搭載している人と歩く時です。そういう人が2人ほどいます。

わたしは、自分より性能のいいGPSを搭載している人を見分けて、自分のパワーを節約しているのです。スイッチオフ。アリやハチの2割が働かないシステムと同じですね。

 

方向音痴は治るのか?

最近、ニュースなどを見るたびに方向感覚は磨いておくべきだと思います。

大きな地震が、いつまたくるかもしれない。不安定な地球上で生きている以上、いつ何が起こるかわからないのです。

自分の身を守るためには、野生の勘を磨いておくことは大事なことだと思います。

自分が今どこにいて、どうすれば危険を回避して動けるのか。そんな判断ができるほうがいいに決まっていますから。

  • 1人で移動する機会を増やすとか。
  • いつもとは違う道順で家まで帰ってみるとか。
  • いつもとは違う交通手段で移動してみるとか。
  • 集中しながら歩いてみるとか。

野生の勘を磨くために、そんなレッスンをしてみるといいかもしれませんね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。