2021 年。人間関係の新しいタネをまいてみようかな。

人と人の関係というものは、一朝一夕に出来上がるものではありません。

過去を振り返ってみると、あの時あんな所で蒔いたタネが、ゆっくりと芽を出して、今の関係を作っているのだなと思うことがあります。

学校だったり、職場だったり、何しから「場」というものに足を運んで、そこで知り合うというのが、基本的な人間関係の始まり。

芽が出て、伸びてくるまでに、ものすごく時間のかかった関係もあります。

地上では枯れたように見えた枝が、実は地中で命を温めていて、しばらくして、再び成長し始めたということも、わたしにはありました。

人と人との関係は最後になって完結しないと、実はどんなものだったのかは、わからないものです。

すべての関係は、道の途中。

知り合いから聞いた話です。

50歳を過ぎたころのこと。仕事で知り会った人と話をしているうちに、実はその人と幼稚園の同級生だったことが判明。その幼稚園は東京からはあまりに遠い小さな地方都市。

なんで、こんな所で?まさか、そんなことがあるのね。

それから2人は・・・まあ、そんな展開(笑)

その人と関係を築くことは、きっと意味があることだったのでしょう。何かを感じることができたはず。

人との関係でしか見えない自分というものがあります。わたしってこんな面があったのね。そんなことも数知れず。

いま、どれだけ、人との関係があるでしょうか。

自分が蒔いた(蒔いてしまった)タネの数をかぞえることはできないけれど、たまには心の庭の風景を眺めてみるのも、おもしろいかもしれないです。

花が少ないなあ。あれれ。みんな枯れてるよ(´・ω・`)

水とか肥料とかあげなくちゃ!

そうだ!10年後くらいにきれいな色の花の咲くタネをまいておこう。

なあんてね。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

会うべき人はどこに?

いつのころからか「今生で会うべき人には必ず会う」と信じるようになりました。

出会うべき人がいるから、まだ生きているんだと。

だいぷ前のことになりますが、強く印象に残っているニュースがあります。

80歳を過ぎたおばあちゃんが、家の前の用水路(といっても小さい水路)に落ちてしまった小学生の子を救ったという話でした。

おばあちゃんは自分の歳も力も忘れて、引っ張り上げた!火事場のバカ力で、その子は助かったのでした。

そのとき、インタビューに答えていたおばあちゃんの答えと笑顔が忘れられません。

「この子を助けるために、わたしはこんな年まで生きしてたんですね」

そういうこともあるかもしれません。

出会うべき人にすべて出会って、この世でのなすべき体験の数に終わりがきたら、天からの指示に素直に従って、嬉々として旅立ちたい。

昔は血のつながりはとても大事と思ってました。でも今はちょっと違う気がしています。

血縁だからと何でも許されると勘違いしてはいけない。血のつながりは壊れないはずと思っていたけど、わりと簡単に壊れるという体験をしています。

考えてみれば、夫とだって最初は血の縁はなかったのです。血の縁も作られていくもので、不変ではないのです。長い時間の中では、ある瞬間だけのつながりなのかもしれません。

血も地も知も同じように大事。

たまたま近所で暮らすようになった人たちとの縁。こんな広い宇宙の中で、地球の中で、日本の中で、同じ場所で暮らしている。これってすごい偶然です。

なんだかんだ現実的に助け合えるのは、近くの人たち。昔の人たちも「遠くの親戚より近くの他人」と言っていますが、そのとおりです。

自分の頭で考えて、知性で結びついた縁。これもとても貴重だと思います。

感性の合う人と出会うこと。これこそが人生の醍醐味。どれだけ、感性の合う人と出会えたかが、暮らしを豊かにしていきます。直接出会えなくても、本を通しての出会いも1つの出会いだと思っています。

そんなことをとりとめもなく思う正月。

箱根への道を走り出した若人たちを、今年はテレビから応援です。

沿道に行きたい気持ちを抑えるのが容易ではありません。

たまたま通りかかったら、たすきかけた人たちが走ってたのよねえって、そんなフリしてみようかな(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは

    私も横目で箱根駅伝を観ながらコメントしていま
    す。
    実際目の前で観たら迫力あるでしょうね。
    2日目は毎年中継所に間に合わない人がいて、涙
    無くして観れないですよね(笑)

    以前何かで読んだんですけど、人間関係で無理と
    思うことがあっても、根元から斧で切り倒すので
    はなく、小枝をパチンパチンと切っておきましょ
    うと。
    今思えば、そうしたら良かったな、せっかく縁が
    あったのにと思う人もいるけど、パチンパチンで
    は足りない人もいますよね(笑)

    これからも縁のある人とは、いつか出会うのでし
    ょうね。

    • 相棒さん

      斧で切り倒したことのある者にとっては、
      耳の痛い話です(笑)

      これからもまだまだ出会う人がいるんじゃないかな。
      そう思うと、ちょっと楽しみです。

  • はじめまして。
    昨年、主人が病気になり、毎日涙が止まらない時にりっつんさんのブログを知りました。
    すぐ本も購入させていただきました。

    読み進めるうちに、乾いたスポンジが水を吸い込むように心が満たされて行きました。
    現実は変わらない。できる事を悔いなきようにと決めました。
    強くならなきゃ…とも。

    お礼が言いたくてコメントさせていただきました。
    ありがとうございます。

    • Camelliaさん

      コメント、ありがとうございます。

      強くならなくてもいいんですよ。
      いろんなことを経ていくうちに、
      知らず知らずに強くなっていくような気がします。
      強くならずに弱いままでも、全然いいし(笑)

      できることだけをやり続けるしかないと、
      そんなふうに思います。

      どうぞ、いつでも遊びにいらしてくださいねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。