雨降って、風吹いて、ほんの少し冬の気配

昨日は夕方から雨。

そして、夜明け前の強風。

数日前より冷たい空気が漂っています。

着替えるとき、寒かった!

そろそろストーブを焚いてから着替えようかな。

下に降りてきて、カレンダーを確認してみれば、もう11月も半ば。

そりゃ、寒いはず。

それなら、もう、聞いてもいいよね。

ということで、毎年恒例のアルバムを出してきました。

冬の始まりの合図は、バーブラ・ストライサンドの冬のアルバムを聞くこと。

“季節を楽しもう!”

唐突にそんなことを思ったのは、土曜日のことでした。

そして、今年はクリスマスツリーでも飾ってみようかと、クリスマスマーケットを検索していた、土曜日の午後。

それから数時間が経過して、たっくん家から送られてきた写真を見て、びっくりしました。

なんぼ、なんでも、早すぎるんじゃない(笑)

たっくんのリクエストでツリーを飾ったのが、午後3時ころのことだそうです。

どこかで、思いがつながっていたのかもしれないなあと、異次元世界に思いを馳せました。

年を重ねてきて、時間の限りをより感じるようになりました。

だけど、それは寂しさを感じさせるものでもありません。

時間の経過とともにやってきた記憶力の低下、肉体的能力の低下。

受け入れてみると、大騒ぎするほどのことでもありません。

忘れることは、忘れればいいし、できなくなったことは、もうしなければいい。

鍵もメガネも、どこかにはある(笑)

きっと、あの世を意識し始めたからかもしれません。これが年齢効果というもの?

そしてより強く、“いま”を感じたいと思うようになりました。

“いま”しか、できないこと。

“いま”だから、できること。

まだまだ、たくさんあります( ̄^ ̄)ゞ

いろんなことを見てきました。

思い出したくもない、30代。

なにかに対して、もがいていた40代。

光っていたけれど、不安もあった50代。

いろんなものを手に入れて、いろんなものを手放してきました。

そして“いま”。

自分にとって大事なものが何なのか、少しだけ分かったような気がしています。

暮らせれば、それでいい。

季節を味わえれば、それでいい。

自分がここにいることを、自分が分っていれば、それでいい。

道づれは自分の分身。

さあて、冬鳥たちでも、見つけに行こうかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。