最後の最後まで燃やそう!燃えカス集めて、炎よもう一度。

おはようございます。

ろうそく愛好家のりっつんです。

ろうそくを2本頭にくっつけて丑の刻参りをしては・・・はないけど(笑)、ろうそくのパワーは信じております。

 

ろうそくdeお風呂

毎夜のお風呂タイムは、ろうそくタイムでもあります。

山形県の朝日連峰の麓で1つずつ手作りで作られている、ミツロウが原料のろうそく。こよなく愛しております。

ハチ蜜の森 キャンドル

いろんな形のキャンドルがあって、見ているだけでも楽しいです。

たまご・カヌレ・四角すいなどが好み。燃えていくときの影がたまらなく好きなんです。

※3枚の画像はHPからお借りしたものです。

大きさが何種類かありますが、Sサイズを購入しています。それぞれ4時間ほどの点火時間。つけたり消したりしますので、1個で1週間ほど持ちます。

以前は特別な日にしか燃やしていなかったのですが、最近は毎晩の楽しみになってしまいました。

ほんのりとした明かりの中での入浴。

見たくないものはうっすらとしか見えないのも、いい。心の安定にいい。いくつになっても、それなりに気にはなる。だって、おじいさんにはなりたくない。

電気の明かりだと、恥ずかしいにゃん。

会長も、そう言っております。

たぶん、彼女もジジィ猫にはなりたくないんでしょうね。

最初はろうそくに戸惑っていましたが、今では、点火すると、入り口にて待機ねこ。

会長のお楽しみは、仄暗い浴室にて、飼い主がすくった浴槽のお湯を飲むことです。変な猫だよ、まったく。

 

カスまで燃やせ!

7月にキャンドル屋さんに注文したときに、燃えきらなかったロウを再利用してくださいと「芯」をおまけでいただきました。

こんなにたくさんがあるんです。いくつかできそうです。芯も注文できるようなので、今回の注文には追加してあります。

実はおととい注文したので、まもなく到着予定。作り置かないので、新たに作って発送してくれるので、1週間ほど時間がかかります。

ドライヤーで温めると粘着性が出てきて、形が作れるとのこと。

さっそく、工作開始!

まずはドライヤーで柔らかくしたロウを芯の土台にピタリとくっつます。

天才的にうまいですね( ̄^ ̄)ゞ

少しずつくっつけていったら、こんな感じに。

まるで栗きんとんみたいね。そういえば、秋といえば栗だ!美味しい茨城の栗が食べたい。

やっばり真ん中に芯を立てるのは難しいわ。

形がなんだかなあなので、小さな瓶に入れることにしました。やっぱり形はプロに任せようっと。

思いついてアロマオイルを垂らしてみました。どれだけにおうかなあ。お風呂タイムが楽しみです。

炎には何か不思議な力があるようで、心が静まるのがわかります。

せっかちなので、お風呂もゆっくり浸かっていられないタチ。だけどろうそくで入ると結構な時間、ゆっくりと浸かっていられるのです。

最近は飛ばすほどの憂さもないのだけれど。

秋の夜長。

ろうそくdeお風呂は、手軽に非日常を味わうことができる、試してみる価値のあるレクリエーションです。

いつも応援ありがとうございます!

下の写真↓をクリックしていただくと、ブログ村のポイントが入る仕組みになっております。異次元に飛んだりすることはございませんので、安心してポチッとしてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • ろうそくは3.11大震災後の計画停電の時を思い出します。
    むかし、結婚披露宴の時にもれなくついてきた、大きなろうそく。
    何十年も経って、今ようやく役に立ったと私の周りでは言っていました。
    今は大きなろうそく…ではなくキャンドルですね、もれなくついては来ませんね。

    ろうそくdeお風呂…。優雅です。落ち着きそうです。
    私もゆっくり湯船に浸かっていられないのです、昔から。
    母から「体のために浸かりなさい。石鹸分もよく落ちるから!」
    とか言われていました。ですから温泉旅行に行っても辛い辛い。
    草津温泉なんか熱くて熱くて。
    水上温泉は赤ちゃんでも入れるくらいなので、まあ、いいですね。

    「燃えカス集めた再生ろうそく」茨城の栗きんとんを思わせる・・・。
    私には茨城の「焼き芋」に見えました。失礼!!!
    どちらにしろ最後まで使い切ることは良いことです。

    ろうそくdeお風呂、さっそく今夜やってみましょう。
    ステキなろうそくではなく、思い出の大きなキャンドルの最期の残りで・・・。

    • かよさん

      おはようございます。

      我が家にも、まだあの、大きなキャンドルあります。
      東日本大震災のときに、燃やしました。
      そして、ちゃんと保管してあります。
      また、何かのときには・・・。

      わたしも実は温泉が苦手。
      熱いお湯も、はだかの付き合いも苦手(笑)
      だから、1人でぬる湯でキャンドルは、
      とっても楽しいのです。

      確かに、焼き芋のほうが形が近いね。
      いも、くりの季節到来です。
      やっばり、秋はいいですね。

  • はじめまして。Yahooニュースで書籍ご紹介の記事からブログを存じて、書籍も購入させて頂きました。

    私は40過ぎに離婚しました。
    子供はいませんが、離婚後、配偶者が居なくなる新しい環境や人間関係の変化に一時期は疲れてしまいました。

    色々な本を読んだり考えたりの中、わたし自身が専門職に従事している事で日々の憂いを仕事に没頭してプライベートな悩みを紛らわせた時期を経て、
    現在アラフィフとなりました。

    離婚の原因のひとつに、
    義母と円満な関係が構築できなかった事があります。

    色々な出来事がありましたが、
    「身内だからこそ言葉や行動に気をつけなければならないこともあると思う。

    何を言ってもいい関係など存在しないよね…」
    と思いながら数年間を過ごしてきましたので、
    後遺症?、苦笑、らしきものが残ってしまい、
    ものすごく人の顔色をみてしまうようになった気がします。

    マヌカハニー、りっつんさんのお勧めを拝見して
    最近私も購入、摂取しています!
    季節の変わり目は喉に来やすい体質の私ですが、
    今のところ、喉は大丈夫なので、
    マヌカハニー効果だと思います。

    ロッテのお菓子の過去記事で、ハロウィンのお菓子を注文しました。

    色々とためになり、楽しめて心癒されるブログ、
    これからも楽しみにしております。

    • ラズベリーさん

      おはようございます。
      コメントをありがとうござます。

      うまくいかないのは、誰か1人のせいではないのです。
      特に家族間では意識せずに、傷つけあっているんです。
      かつてわたしも義母とは、まったくうまくいきませんでした。
      しかし、時を経て、わたしは義母を理解できるようになりました。
      わたしがそう思ったころ、和解のチャンスがやってきました。
      今で、全部が終わるわけではないのです。
      どんな関係にも未来はあるものだと思っています。

      マヌカハニー、いいですよね。
      これから冬にかけて、きっと活躍してくれるはず。

      今後ともご贔屓に!

  • りっつんさん、はじめまして。
    19日にたまたま本屋さんに寄った時に本をお見かけして購入した者です(^^)
    読むのはこれからですが。。。笑
    私は主人を38の時に亡くして、現在51歳。未亡人の先輩の本を読むのが今から楽しみです!お彼岸中に本に出会えたのは何かの縁かな?と思いブログを探してコメントさせて頂きました(^。^)
    読み終えたらまた感想など伝えたいです♪
    ブログも読ませて頂きますね(^^)
    余談ですが、私はロウソクの炎では無いですが、お香の煙の観察をしてます笑

    • mimiさん

      おはようございます。
      コメント、ありがとうございます。

      いやいや、もうもう、うれしいです。
      本屋さんから、ここに来ていただけたなんて!
      きっと、編集のIさんも喜んでくれるはず。

      今から10年前のわた詩を思い出しました。
      お彼岸に出会えたこともも、きっとご縁ですね。
      今日もまた、おはぎを食べようと思います(笑)

      実はわたしも線香の煙を観察しています。
      まっすぐだとか、まがってるとか。

      これからも、どうそ遊びにきてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。