【壁紙の貼り替え】猫を起こしてリフォーム開始。婆部屋→パリ風な部屋に変身!

立春の昨日。

朝、8時を過ぎたころ、ピンポーンが鳴りました。

 

リフォーム屋さん到着

リフォーム屋さんの朝は早い。8時半から内装屋さんが入るので、その前に下準備です。

「おっとっと。猫がまだ寝ていたわ。起こしてきます!」

ほっとくと、こいつは、布団の中でいつまででも寝てるんです。布団をまくると「何するんじゃ〜」という顔。

起きがけのネコ。毛がボサボサ(笑)かわいいわ。

ベッドもとなりの部屋に移動して、9時には作業開始です。

 

壁を剥がす

我が家の壁を貼り替えてくれる内装屋さんは夫婦でやってきます。40過ぎの仲良し夫婦。娘が3人、孫1人。なんと44歳で3歳の孫がいるんです!

貼るのは親方である夫さんの仕事。奥さんはサポート専門。

親方は口を動かしても手が止まらないという特技の持ち主。のんびりした風情からは想像しにくいほど、仕事が早くてきれいなんです。

まずは剥がします。

リフォーム会社の社長さんと営業担当の方も参加。6畳間がかつてない人口密度。

 

あの穴を開けたのは誰だ!

この部屋にはこんな大きな穴がありました。紙で塞いでましたが、たぶん次男が開けたのかな?

我が家には何箇所かこのような穴があったんです。男の子がいる家では当たり前って言うけど、そうなの?

2階にあった3個の大穴。これでついに補修が終了です。

石膏ボードで塞ぐことに。

ふさがりました。

 

下処理が大事

「くぎ打ちが大事なんです」by 親方

ボードを浮かせないようにすることが大事なんだって。なんでもそうだよね。化粧も下地が大事だもんね。

そして面が平らになるようにします。色は違うけど、表面は均一。

 

パリ風かしら?

そして午後の2時には完成しました。

カーテンレールも新調しました。カーテンも洗いました。そして取り付けてもらいました。大掃除も完了!家具を戻して終了です。

なかなか、いい感じ。写真ではわかりづらいのだけど、面がとても大きく見えます。高さがあるように見えるんです。縦ストライプ効果だと思います。

こちらは白木っぽい木目調。薄い色なので、目に優しいです。そうそう、この壁紙はアレルギー物質を吸収してくれる素材ということです。天井もその素材のものにしました。

穴の空いていた場所もこんなに綺麗になりました。

わたしはベッドのヘッドボードが嫌いなので、外してあります。

イメージどおりの仕上がりに大満足です。

明るい部屋にしようと思いました。でも、ポップなのは違うし、花柄も違うし・・・とうことで3面は木目調に、1面だけをカラフルストライプ柄で。

みんなに「センスがいい!」と褒められました。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

夕方、次男から電話がかかってきて、「みんなにセンスを褒められた」と、鼻息荒く伝えると、

「裸の王様かもしれないから、週末に見に行く」との答え。

昨晩はパリに行った気分で、ベッドに入りました。ネコさまは気配が違うことに怯えて、リビングで寝ていたようです(笑)。本当に気難しいヤツです。ま、おかげで、熟睡できましたけど。

10年間でこの家のほとんどの場所は壁紙を貼り替えました。今回は4回目の貼り替えでした。すべてこのご夫婦がやってくれました。また会いたいので、最後の一部屋を残してあります(笑)


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • おはようございます
    楽しく拝見しております
    とても好奇心旺盛(いい事です)で努力も怠らず 素晴らしいし
    次男様などともとても良い親子関係で羨ましい限りです
    人生こうありたいな~ と思ってしまいます

    壁紙素敵に出来ましたね
    立ち入って申し訳ないけれど 良かったら
    工費を教えていただきたく思いました
    私の寝室もとてもひどいので 相場が知りたくて ^^
    でも無理なら気にしないで下さいね

    • さくらさん。

      おはようございます。

      コメントをいただいて、参考になればと記事にしました。
      壁紙を変えると、本当に気分が変わりますよ。
      やってよかった!と思っています。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 暖かみのある、かつスッキリした素敵な
    お部屋になりましたね。
    そんな短時間で出来上がるなんてビックリ
    です。
    信頼できる業者さんが居るって心強いです
    ね。
    我が家も早、築30年越えで壁紙の汚れが
    目立ちます。仕事をリタイアしたらDIYで
    なんて思っていたのですが、いざその時に
    なったら体力が・・。脚立で作業が怖い!
    若いうちにやるべきでした。

    • キャサリンさん

      うちはDIYの経験もあります。
      あれは、なかなか大仕事。
      難しくはないけれど、大仕事(笑)
      一部屋ずつ張り替えていくのも1つの方法だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。