達郎さんの「Season’s Greetings」を聴きながら、里のリースを製作。

12月も半ば。関東は12月とは思えない暖かい日が続いていますが、来週には寒さがやってくるもよう。

いよいよ冬だ。そして、いよいよクリスマスだ!

1人で盛り上がっております。

 

耳が多忙な12月

12月。街に出れば、どこかしこからクリスマスソングが聞こえてきます。

そして我が家でも、ほぼ毎日流れています。頭の中はすっかりジングルベルベルです。

1人でいてもクリスマス。気分はちゃんとクリスマス。それなりの楽しみがあります。

クリスマスソングは、12月25日までの期日限定。どれもこれも、26日の朝には、1日に感じた明るいときめきから覚めたように、聞きたくなくなのが定めというもの。

しかし、唯一、クリスマスの後でも、1月くらいまでは聞き続けられるアルバムがあります。

それは山下達郎さんの

「Season’s Greetings」というアルバム。

冬の季節に向けて作られたアルバムです。中にはあの有名な「クリスマス・イブ」の英語バージョンや「サイレント・ナイト」なども入っていますが、クリスマスには直接関係のない曲もあります。

やっぱり、雰囲気がいいわ〜。暖炉の前で聞きたら、どんなにいいかしら。

と、ファンなので思います。

今朝の空模様はどんより曇り空。暖かい室内には、このアルバムが流れています。

クリスマスソングに溺れる日々もあと2週間。たっぷり楽しまなくちゃね。

大きな花束

先日、たっくんから大きな花束をもらいました。

なんと、たっくんレベルの大きさ。今年もらった花束では2番目の大きさです。

こんな大きな花束が入る花瓶がないので、2つの花瓶に分けて生けることにしたのですが、かなりてこずりました。

クジャクヒバ、ヒムロスギなどがバラやカラー、そして野草まで組み合わされているのですが、これは生けるのがなかなか難しいです。

センスとテクニックが必要です。一度解いたら、Aoyamaさんが束ねてくれたようまとめることができません。

ああでもない、こうでもないとやっているうちに、ついつい丈を短くしてしまいました。

思い切りがいいので、切る前に熟慮するということができません。ポンと切ってしまう、悪いくせ。後悔、先に立たず。切った茎、戻らず。(´・ω・`)

でも、花そのものがいいので、どう生けてもステキだ!

で、思いついたのです。

花束からヒバやスギを少しずつ抜いて、リース、作っちゃおう。

 

材料費は110円のリース

百均にリースの土台を買いに行ったら、もうないのです。唯一残っていたのが雪を被ったリース。

丸ければ、なんでもいい。なんとかしてみせよう。

花瓶の中から、ヒバやスギを少しずつカット。育てているブルーバードも切ってきて、木の実とヘクソカズラをグルーガンでぺたりとくっつければ、リースにはなる。

30分かけて出来上がったリース。

まだスカスカなので、もう少し花材を足してみようと思います。

リースとスワッグを作るゾ!!材料費は1人333円。

2017年12月19日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • リース、素敵ですね!私は一度習ってみたいと思いつつまだ機会がありません。でも、先日スワッグの一日教室に行き、今、ドライフラワーにしている最中です。庭もないし周辺はビルばかりなので野草が手に入らず、りっつんさんが羨ましいです。

    • メウさん

      こんばんは!
      いよいよ寒さがやってきそうな、そんな気配のする夜です。

      リース、簡単ですよ。スワッグもいいですよね。
      ユーチューブなどで作り方を公開している人、いるんじゃないかな。
      見るだけでできちゃうと思いますよ。
      ぜひ、作ってみてください!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。