真冬の就寝時対策。パジャマとマヌカハニー。

暖かいお正月とはいえ、朝晩はやはり冷え込みます。やはり、冬は冬。これから数ヶ月は寒さに対する備えが必要です。

 

自律神経と呼吸

12月は気温の上下が激しかったです。気温の上下は思いのほか体調不良を招いてしまいます。

なので一番影響を受ける自律神経が不調をきたさぬように、用心してきました。

自律神経を守るのは「呼吸」が一番だそうです。

わたしは気がついたときには、意識的に深呼吸をするようにしています。

できれば、きれいな空気がいいので、散歩中などには「大きく息を吸って~ゆっくり吐く~」と、やってます。

吐くほうの時間を長くするのがコツだそうです。

そういえば、かつて呼吸によるダイエット法がありましたが、最近またブレイクしているようですね。先日テレビで見ましたが、なかなか効果がありそうです。

それにしても、今年の気温は本当にジェットコースター。

万全の体調とまではいかないけれど、寝込むこともなく、暮らして、2020年を迎えたこの体を褒めてやりたい。

エラいぞ!自分。

さて、真冬に備えて、スペシャル睡眠対策を開始しました。

睡眠冬対策
  • 冬用パジャマにチェンジする
  • のどを温める
  • マヌカハニーをひとさじ

 

冬用のパジャマ

パジャマはとても大事だと思います。

その良し悪しは睡眠環境は大きく左右します。

わたしがそれを実感したのは、10年ほど前の不眠が続いたとき。睡眠薬の世話になりましたが、薬に頼るだけでなく、睡眠環境を整えなくてはいけないと思いました。

そのときから、パジャマも吟味しています。不眠になるまでは、パジャマなんて、なんでもいいやと思っていましたが、考えを変えました。

実はとても大事。パジャマ効果はありました。

思えば一番長く着る物はパジャマかもしれません。なので本当に気に入ったものを着るようにしています。試着して着心地を確認して購入しています。

現在は素材の違うパジャマを4枚ほど持っていて、季節や気温に合わせて変えています。

年末から一番厚手のパジャマにしています。

 

のどを温める

のどを冷やさないということも、大事なことだと思います。

のどと首は意外と冷えます。布団に入っていても、冷たい空気にさらされがち。

わたしはシルクの大判のスカーフを首に巻いて寝ています。

20年くらい前に買ったスカーフは、出番がなくなっていたのですが、夜の仕事にシフトしてもらいました。

いい仕事してくれています。

わたしは喘息持ちなのですが、朝方の空気の冷えからのどを守るだけでも予防効果を感じます。

最近では、わたしが首にスカーフを巻き出すと、猫がソファから立ち上がり、寝室に行く準備を始めます。

猫はわたしの行動を先読みして動くという特技を持っています。

 

マヌカハニーをひとさじ

スカーフでのどを保温して、最後は中からの保湿をします。

やっぱり、頼りになるのは、マヌカハニー!

寝る前のひとさじで、寝ている間の、のどの乾燥を防いでくれます。殺菌効果も高いので、口腔内の保護にもなっています。

のどの調子がいいと、つい忘れがちになってしまうので、忘れぬようにしたいと思います。

 今年の冬も、パジャマとマヌカハニーで最高の睡眠生活。

「マヌカハニー」のおかげ?風邪がひと晩で治った。人生初の快挙!

2018年9月22日

今朝は快適すぎたせいか、ちょっと寝坊してしまいましたけど(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。