【壁紙の貼り替え】猫の手を借り「わたしの部屋」をリフォームします。

わたしの予定にはなかったのですが、天から降ってきた幸運により、寝室の壁紙を張り替えることになりました。

なぜ「ネコの手を借りたのか」については、後日、改めてということにして、工事前の状態をお見せします。

 

我が家で一番薄汚れた部屋

わたしが「わたしの部屋」に移動してきたのは、3年ほど前。

それまで使っていた「正真正銘のわたしの部屋」に飽きたからでした。

「正真正銘のわたしの部屋」は10年ほど前に真っ先にリフォームをして、エアコンも取り替えて、快適な住環境ではありましたが、飽きたんですね。

ある日、ひらめいて、突然、移動を決意したのでした。決意から実行までは5分とかからないのがわたしの特質(笑)

ベッドを動かし、タンスを動かし。えんやこらさっさ〜。

もともと模様替えが大好きなので、部屋の中ではよくやってるんですが、部屋全部の移動は久しぶり。だけど、家具も少ないので、移動は簡単で30分もあればできちゃうんです。

そして、移動してからすぐに、壁紙を自力で張り替えようと、一部の壁紙を剥がしました。

しかし!ここでもう1つのわたしの特質が表面化。

熱しやすく、冷めやすい。

剥がすだけで嫌になってしまったわたしは、とんでもなく汚壁部屋で3年暮らしていました。「住めば都」ということで、こんな壁でも意外と平気なんですねえ。

家中、どこもリフォームして、きれいにしているというのに、寝室はこのありさま。ウッホッホ〜。

ま、寝るだけ部屋なので、見えないんです。

汚いのは壁だけで、部屋の中は散らかっているわけではないんです。

 

この部屋の歴史

この部屋、最初は夫の書斎だったんです。2000冊の本とパソコン一式二式、モノに溢れた部屋でした。

夫の死後しばらくは書斎のままでしたが、次男が中学に上がると、次男の部屋となりました。次男はこの部屋で中・高・大と10年を過ごして、出て行きました。

それ以降は客部屋として使用。両親が時々泊まってたりしていました。

そして、3年ほど前に客部屋とわたしの部屋を交換したのです。

この部屋には複数人の怨念・因縁・記念がくっついていたのです。

 

そして婆ジェンヌな部屋へ

さて、わたしは壁紙の張り替えとなると、燃えるんです。そんなわたしをよく知るリフォーム屋さんが、3冊のカタログを1週間貸してくださいました。

このカタログがたまらなく好きなんだなあ。どんな部屋になるんだろうって、空想するのが大好きなんです。

1週間も何度も何度も見続けていると、あるとき「これだ!」ってひらめくんですよ。

で、ひらめいたのが。こちら。これを4面のうちの1面に。

残り3面はこちらで。白木の木目調。

さてさて、どんな部屋になりますことやら。即、次に続く。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。