40年前の和服が冬仕様のカーテンに。窓辺に和のテイスト。

昨年から着物をほどいて、反物に戻す作業をしてきました。

もう和服を着ることはないんじゃないかと思います。

さて、そうして戻された反物が、今回は冬用にカーテンに変身しました。

 

あやこミシン

午後にぽっかりと時間が空きそうだ!

こんな日こそ、狙い目だ。

アレをやりたい。ぜひ、やりたい。

そこで、あまりに突然ではありましたが、あやこはんに電話してみました。

「もし時間が空いてたら、午後に来てくれないかなあ」

するとあやこはん、快く引き受けてくれました。

「ちょうどヒマにしてましたから、OKです」って。

やった~!

毎日、窓を見るたびに、早く冬仕様にしたいと思っていたのですが、なかなかスイッチが入らなかった。

というか、夜には「明日こそ」と思いつつ、朝になると忘れてしまう。

にわとりは3歩歩くと物事を忘れると言うけれど、わたしは日々6000歩くらいは歩くので、いろんなことを忘れるんじゃないかしら。

歩くたびに、ポトポト、ポトポト、いろんな記憶を落としている。

ほらほら。また本題に入ることを忘れている。┐(´~`)┌

で、一回り年下の酉年のあやこはん、ミシンを抱えて来てくれました。

そして始まった「りっつん工房」

今日の布はこれでございます。

やっと本題に入れた(笑)

この着物を着たという記憶はまったくありません。昨年の冬、ほどいて反物に戻してしまいました。

この着物は22、3歳くらいの時に、母が仕立ててくれたものです。母は和服も仕立てられるくらい家庭科が得意な人。

そういう人からは、家庭科が不得意な人が生まれがち。

40年後、娘はせっせと和服をほどきました。

ほどきながら、一枚の布がどのように着物になるか学びました。

すんませんね、おっかさん。

でも、ほら、こうして窓辺を飾ることになったよ。

 

反物からカーテンへ

あやこはんは仕事が早いので、サクサク進む。わたしの仕事はアイロンがけだけ。

1時間半ほどで完成したのが、こちら。

ここの窓には障子があったのですが、何しろ猫様がひっかくため、外しております。

夜は雨戸を閉めるため、厚いカーテンは不要。

麻のカーテンだけでも問題はないのですが、変化を楽しむために、突っ張り棒でこんなことをしております。

上から麻のカーテンをかぶせるので、こんな感じになります。

やかましい柄も緩和されます。

我が家では寝室のカーテンも、レースの方を手前にしています。

遠目に見るとこんな感じです。

和風柄なのに、洋風に見えます。

これで、ちょっと冬っぽくなりましてございます。

少ししつらえを変えて、冬の和室を楽しみたいと考えおります。

 

タオルをぞうきんに

ついでに、こんなこともしてもらいました。

タオルは半分に切ったほうが、絞りやすくて使いやすいのです。

使い古したタオルを半分に切って、切り口にミシンをかけて止めてもらいました。

こうしておくと、ほつれてきません。

絞る力が弱くなっているので、薄いと助かるんです。

10枚ほど作ってもらいました。

年末の大掃除に活躍してもらいます。

はたらけ~!りっつん。

夏場のカーテンは単衣の着物で作りました。

その話はこちらからどうぞヽ(^。^)ノ

思い出の浴衣は、毛布カバーに。単衣の着物はカーテンに。

2017年6月10日


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。