【一人ごはん】鶏のむね肉の塩麹deチン・アジと豆のマリネ・新玉ねぎと豚肉のオイスターソース炒め。

時々出てくる「鶏むね肉の塩麹ハムもどき」ですが、作り方を詳しくと言われたので、載せることにします。あくまで私のオリジナルなので、お口に合えば幸いです。詳しくもなにも・・・詳しく書くのが難しいほど簡単です。

 

鶏むね肉、塩麹でチン

鶏むね肉をいろいろと調理してみましたが、わたしにはこれが一番簡単でおいしいので、必ず作り置きしているものです。

用意するのは、鶏の胸肉塩麹。そして皿が1です。

前夜に鶏むね肉1枚(200g程度)に塩麹をまぶしてつけておきます。塩麹の量は大さじ2~3程度です。お酒も小さじで1くらい入れましょうか。なければないで大丈夫。

皿に移してフォークで5~6か所ほどグサグサと刺します。そして、ふわっとラップしてレンジに入れます。

電子レンジで2分30秒チン。

すると、こんな感じになります。

そしたらひっくり返して、1分30秒チン。

いつもはここで切ったりしませんが、今回は火の通りを確認するために切ってみました。200gのむね肉なら4分ほどで火が通ることが確認!

ツブツブは塩麹。スライスしてしまえば目立ちません。

そのまま軽くラップで覆うようにして冷めるのを待ちます。

保存する時にはしみ出した汁ごと、容器に入れています。

とにかく応用が利く。

そのままで・サラダのトッピング・和え物の具・スープの具・冷やし中華の具など、ハムの代わりに大変重宝します。

 

アジと豆のマリネ

開いてあるアジに塩コショウして、カタクリ粉をつけて焼いて、ニンジン玉ねぎ豆類とマリネにしました。残っていたカボチャの種もローストして入れてみました。

野菜が足りないときにはこんふうに「豆」なんかで種類を増やしています。今回は野菜もきのこもなくて・・・。冷凍庫にミックスビーンズがあったので入れたのですが、なかなかおいしいです。

漬け汁はいつもの「かんたん酢」です。

コツは一度「かんたん酢」で和えたら、保存容器に移す時にその時の漬け汁を入れずに、新たにかんたん酢を入れること。味が薄まりません。

 

シメジと新玉ねぎと豚肉のオイスターソース炒め

写真で見るとパサパサ感ありますね。これはもう2回分くらいしかないので、よしとしましょう(笑)

 

今日のお弁当

豆ごはん(いつぞや作って冷凍しておいたもの)

焼き鮭(3切れまとめて焼いておいたもの)

切り干し大根(作り置き。これで最後)

ポテトサラダ(ジャガイモとマカロニとキュウリ。昨日のササッと作り置き)

塩麹の鶏むね肉(先ほど作ったもの)

豆類のマリネ(先ほど作ったアジのマリネから豆だけを取り出したもの)

このお弁当には18種類ほどの食材が入っています。多くの食材を摂ると満腹感があります。

食事作りはたぶん習慣なんです。わたしは料理をすることが好きなわけじゃないです。好きな人はもっと凝った料理を作っているはずです。まじ専務などは「料理は修行だと言ってます(笑)  そういう側面は確かにあるかもしれませんね。

昨年ブログを始めた当初、ネタの一つとして載せ始めましたが、今ではそれがおかずを作る励みになっています。作り置きが一つもないのはとても心細いので、毎日何かしら作っていますが、台所に立つ時間は1回30分以内です。

安く簡単に。これがモットーです。

※キャッチ画像の黄色の容器の中は、奈良の山崎屋さんの奈良漬です。大好きなんですヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん
    はじめまして こんにちは。私も同じ歳、酉年生まれの還暦です。来月61歳になるけどね
     このブログに巡りあってから 毎朝、毎昼、毎晩、深夜まで(大袈裟ではなくはまりました)過去記事から読んでます。もう全てにコメントしたいくらいです。私も近所に住んで、キュートな役職をつけてもらえたらなぁと夢見てます 二人の息子さん夫婦とお孫ちゃん達との良い関係や 日々の丁寧な素敵な暮らし お料理や服装のセンスの良さ 文章の軽やかさとクスッと笑えるユーモアと 全てに頭の良い方だなぁと憧れます。
    愚痴も不満も感じさせず カラッとさっぱりした優しいおばあちゃん(たぶん、若々しいと思われますが)で行動派。覚悟を持ち、辛さも大変な事も一人で乗り越えてきた芯の強さと 赦しの大きな心のお人柄が このさっぱり軽やかさを文章から感じるんだと思います。私は娘二人で孫3人です。共感出来る事も多く りっつんさんから学ぶこともたくさんあります。長くなってごめんなさい。私はりっつんさんから さぁがんばろう!と元気を貰ってます。これからもよろしくお願いします。お互いに体調には気を付けて 今日もワクワクして過ごせますように。

    • あ~ちゃんさん。
      初めまして。コメントありがとうございます。
      同い年\(^o^)/!です。酉年\(^o^)/!です。
      なんか・・・褒められすぎでちょっと照れますです。テレテレ。
      還暦なんて遠いことだと思ってましたが、案外早かったですよね。
      この調子だと、あっという間に喜寿なんてこともありそうです。
      今後ともご贔屓にヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。