【一人ごはん】さんまの甘露煮。まずはさんまへのあいさつから。

さんまを骨まで食べられるように煮ました。

いつぞや大失敗をして、ルクルーゼを焦がしてしまったので、今回は気合いが入ってますよ~。

【毎日のお掃除】しまった!鍋を真っ黒に焦がしてしまった。重曹を使って、こげ取り作戦開始!

2018年9月27日

我が家がガスコンロの時代には圧力鍋という便利なものがあったのですが、IHに変えてから、その鍋は対応できず、甘露煮などの回数が激減してしまいしました。

今、頼りにできるのはルクルーゼ。時間をかけて煮込むしかありません。

298円だったか398円だったか・・・・ん?あれ?いくらだったかな・・・。

まあ、いいや。鮮度がよかったので、いつも行くスーパーで購入してきました。

塩焼きも好きだけど、さすがに塩焼きは1本しか食べられないし、まとめて焼くってことはさすがにしません。

1本だ買ってきてさばくのは、さすがに億劫です。なので、塩焼き用のさんまは、もっぱらこれ。これ、塩がしてあるし、まあまあイケる。解凍してそのまま焼くだけの生協商品を愛用中。

さて、遠路はるばるやってきたさんまさんたち。どんな海で泳いでいたんでしょうね。そんなことにも思いをはせてみたりして。

と、いうことで、まずわたしがやったのは、さんまのあいさつ。

「ようこそ、ここへ cook、cook~♪

「必ずや、うまく煮てみせます!」

今度は絶対に焦がさないゾ!

前回の失敗から学んで、水分を多くしました。かぶるくらい、水を入れれば、焦げることはない。砂糖と醤油にみりんとお酒を入れて、スタートです。そうそうしょうがを忘れちゃいけないね。

紙でふたをして、沸騰後は弱火で30分。

一度火を止めて冷まして、また30分ほど、弱火でコトコト。2度目のコトコト。

だいぶ煮詰まってきました。

この状態では、まだ味が染みていないですね。一晩おいて、翌日。これで完成形。食べたかった味に出来上がりました。

やっぱり、あいさつから入ると、味が違うみたい。

今さっき、バーバラさんから朝採れ野菜が届きました。

暖かいせいで、野菜が育ちすぎてるんですって。大根も太いし、ほうれん草も育ったわねえ~。だけど、新鮮でおいしそうですわ~。ありがと!

きょうはこの野菜たちと格闘します!ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、お元気そうでなによりです。

    我が家は、まだガスコンロ+圧力鍋なので、魚の甘露煮も簡単です。
    お正月用に、昆布巻きも作ろうかな。

    • しばふねさん。

      おはようございます!
      ガスコンロのほうが、おいしく出来上がる気がします。
      2011年の1月にIHにしました。
      よかったことは、とりあえず安全ということと掃除が楽になったこと。
      ガスよりも、特別にいいということはないですね。
      いまだに、火加減がよくわかりませんですヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。