【一人ごはん】朝寝坊は、お昼のお弁当を作って挽回する。おかずが1ランクアップして見えるよ。

昨日は、なんだかなあ〜という午前中でした。なんだかなあ〜になってしまった最大の原因は「朝寝坊」。

起きたのが、なんと8時でした。夜中に何度も起こすネコのせいです。こうなると、一日の歯車が狂ってしまいます。午前中が短いとダメなんですね。こんな時は昼からの復活にかけます!

気合いを入れるために、お弁当を作ることにしました。

 

お弁当を詰めよう!

「ありモノ」をお皿に並べるだけでも、食べられることは食べられます。

「ありモノ」はあるものです。わたしは「残りもの」とは言わないようにしています。どうでもいいようですが、どうでもよくない!(笑)

でも、大したおかずがない時は、皿に並べると、なんだか寂しくなっちゃうんですね。そういう時こそ、わたしはお弁当箱に詰めることにしているのです。

お弁当箱は狭いので、ぎゅうぎゅう詰めると、たくさん入っているように見えるし、美味しそうに見えるし、栄養のバランスも見えるんですね。

ほら。肉も魚も卵も野菜も入ってる。・・・っていうか、考えながら入れたんですね(笑)

今日のお弁当

ぶりの照り焼き・・・「おのや」のレトルト品

豚ロースの西京みそ・・作り置き

マカロニサラダ・・・・作り置き

甘酒卵焼き・・・・・・作りたて!

昆布巻き・・・・・・・市販品

作ったおかずは「甘酒卵焼き」のみ。これはこの秋の新作ですが大好評!砂糖を使わずにほんのり甘くて磯の香り。

作り方はこちらからどうぞ。

【一人ごはん】甘酒を使った料理2品。鮭の醤油漬け焼き・大豆もやしのさっと煮・豚バラ青梗菜。

2018年11月6日

 

豚ロースの西京味噌と付け合せ

こちらは前日に焼いた豚ロース。生協商品ですが、冷凍品ゆえ、1枚ずつの解凍はめんどくさいので、まとめて焼いてしまいます。多少味は落ちるけど、そこは目をつぶろう。

肉を取り出したビニールには西京味噌が、こんなに残っています。もったいなあ〜い。

肉を焼きながら、ニンジンとエリンギを同じくらいの大きさに切って、ニンジンは1分ほどレンジでチン。

これしか野菜が無かったのです。あればなんでもいいんです。

肉を取り出したフライパンで炒めます。炒まったら、西京味噌を入れて味付け。

肉も切って、こんな形で保存。3分の1だけ、焼きたてを食べました。あとは保存ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

自分のためのお弁当

に、思わせておりますが、実は魂胆があります。

わたしは料理をし続ける女でありたいのです。料理のカンを鈍らせたくないのです。

いつか嫁ぐその日まで・・・。

って、まだそんなこと言ってんのかい?

だって、人生は長いのです。この先、どんなことが待っているのか、誰にもわかりません。だから、準備だけはしておきたい。

そこで笑っている方!!

花嫁衣装を着たならば、必ずブログにアップしますけん、待っとってつかあさい。💖

花嫁衣装はちょっとおいとくとしても、とにかく、家で作ればこれだけのいいことはあります。

  • 安く仕上がる
  • 栄養バランスはまあまあ
  • 納得の味

お弁当を作ってみると、案外、料理がクセになるかもしれません。

家の中でお弁当を食べてはいけない決まりもないので、ぜひ、試してみてください。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • そうそう そうです。

    ワタクシも嫁ぐかもしれない 時のために
    料理はマメに丁寧に作ります。

    人生 なにが 起こるか わからんけんね。

    たぶん 花嫁衣装は着ないかな

    • カルメンさん

      えっ?カルメンも嫁ぐ予定ですの?
      確かに何が起こるかわからんけど・・・ね。

      まあ、とにかく料理は作りましょ!

  • りっつんさん

    早速、甘酒卵焼きをメニューに入れさせていただきます。
    酒粕は、いろいろな料理に重宝しています。

    私は、毎日お弁当を作って出勤してます。

    • しばふねさん。

      甘酒卵焼きにはぜひ青のりを入れてみてください。

      わたしも毎日作ろう!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。