アンテナ工事、終わる。スカイツリーからの電波を自力で受ける。

スカイツリー

1人暮らしにはどれくらいの通信環境が必要なのか、本気で見直し吟味しました。

わたしの暮らしぶりを考えると、月額11000円の通信費は高すぎる。

NTTの光回線(ネット・電話・テレビ)を解約・ソフトバンクのガラケーを解約。

楽天モバイルの1480円プラン

そしてこのプランに移行するにあたっての、最大イベントはアンテナ設置工事。

工事業者を選ぶためにいろいろとリサーチ。お願いしたのは「アンテナ専門業者」さんでした。

魚の骨アンテナではなく、かまぼこアンテナを設置することにしました。

かまぼこアンテナは魚の骨アンテナより受信力が弱いので、事前に可能かどうかを調べてもらったところ、大丈夫ということで、工事決定。

周りに高い建物があるとだめみたいですね。

この赤い範囲がスカイツリーからの電波受信可能範囲。届かない所は中継局があるようです。

このかまぼこアンテナでスカイツリーからの電波を直接受けます。なんか、感動するわわっ。

 

このかまぼこアンテナね違和感なく家に馴染んでいますでしょ。

あっちの方向がスカイツリーなのかしら。

そしてBSはベランダの横に設置してもらいました。

 

DIYは可能か?

アンテナ専門業者のお兄さんは、鮮やかな仕事っぷりでした。

長いハシゴを2階の屋根まで伸ばして、アンテナを抱えてひょいひょい。まるで江戸の火消しのようでした(笑)

電波の測定をしながら、設置場所の選定をして、1時間ほどで地デジとBSのアンテナを設置。

最後はリビングでブースターの設置。こちらもテキパキと慣れたもん。さすが専門業者さんです。

わたしはこういう職人さん仕事を見ているのが好き。

「こんなこと、自分でできるわけないじゃん」との発言は、設置工事をそばで見ていた部長から。

器用な部長は経費節減のために「自分で取り付けられる」というネット上のコメントを見つけ、一瞬やってみようと思ったらしい。

しかし、その仕事っぷりを見ながら、これは専門の職人さんにやってもらったほうが安全で確実だと理解したみたい。

屋根の上をアンテナを抱えて渡り歩くなんて技は、そうカンタンにはできやしませんよ。

 

費用は6万円

さてさて、気になる費用ですが、見積りどおりの6万円。

わたしは妥当だなあと思っております。

気持ちのいい仕事っぷりに、にこやかにお金を渡すことができました。

 

4K対応アンテナ

このデザインアンテナは4Kに対応しているとのことで、良きテレビを買えば、鮮やかな放送も見られるそうです。近々きに買う予定はありませんが、もしかすると、いつかは買うかもしれません。

アンテナ屋さんからはテレビが定位置にないということに驚かれつつ、「感心しました〜」と言われましたが、わたしはこのシステムを大変に気に入っております。

  • いちいちテレビを出さないとテレビは見られない。
  • 普通の状態ではテレビという物体が目に入らない。

なので、何気なくスイッチを入れるということが、ありません。部屋はスッキリ見えるし、必要なときにはテレビはちゃんと見ることができる。

わたしの究極的なテレビとの付き合い方です。

これで、通信費1480円プロジェクトは終了間近となりました。

最後は、NTT東日本の光回線の解約です。

全てが順調に動くことを確認して、今月20日までに解約します。

長かったNTTとの付き合いも、終わろうとしています。ちょっと感慨深いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。