プリペイドのクレジットカードの残高をゼロにする方法。

クレジットカードのポイントが貯まったので、5000円分のプリペイドカードに交換することにしました。

このプリベイドカードを使って、買い物をしたのですが・・・・・。

 

プリベイドカードとは

クレジットカードは後払いです。

買い物をする→クレジット決済→口座から引き落とされる。

プリペイドカードは先払いのカードです。3000円を先に支払えば、3000円使えるというもの。

支払う→クレジット決済をする。

プリペイドカードには2種類あって、「使い切り型」と「チャージ型」です。

今回の話題は「使い切り型」です。

なじみがあるものとしては、テレホンカードや図書カードですね。

昔はJRのオレンジカードなんていうものもありました。オレンジカードは画期的でした。切符を買わずに改札に差し込むだけでいいというので。その後スイカが出てきて、なくなってしまいましたけれど。

テレホンカードは公衆電話で、図書カードは本屋さんでしか使えませんが、例えばVISAのプリベイドカードなら、VISAが使える店でなら使えます。なかなか便利なカードです。

フリペイドカードは、自分で使うというよりは、プレゼントとして利用する人が多いかもしれませんね。

今回はポイント還元としての5000円分のプリペイドカード。うれしいな。

なにを買おうかな〜。

 

プリベイドカードの残高100円

と、いうことで、今回は大好きな山形のミツロウで作られたろうそくを買うことにしました。

なにしろ、毎日燃やしているので、消費が激しい。

「ロウソクdeお風呂」ロウソクの火には邪悪な気を払う効果があるらしいよ。

2019年10月10日

ポイントでゲットしたと思うと、なんともうれしい。どんどん燃やせる(笑)

さて、できるだけ5000円ぴったりに使いたかったので、いろいろ工夫してみましたが、100円残ってしまいました。

ぴったり5000円使うのは、難しいです。

ま、100円だから、いいか。とも思いましたが、それはダメ!

この100円を使い切りたい。そこで調べてみました。

そして、こんな方法があることを知りました。

 

Amazonのギフト券チャージタイプを購入する

と、いう方法です。

Amazonにチャージしてしまうということのようです。

15円から50万円までチャージすることができるようです。

100円も受け付けてもらえそう。

ここで、受取人に自分のメールアドレスを入力します。

送り主には自分の名前を記入します。

そしてカートに入れます。

100円が入りました!

そして次にプリペイドカードを登録します。

 

ここで必要な項目(カード番号など)を入力すれば完了です。

手続きが済むと、すぐにメールが届いて、アマゾンにチャージされたことが確認できます。

これで、プリベイドのクレジットカードを無駄なく使い切ることができました。

なるほど、こんな方法がるんだなあと、大変勉強になりました!

いつも応援、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • それは知りませんでした。
    と、いくつもの引き出しをゴソゴソ、ゴソゴソ。
    残念、見つかりません。何十円だったか?残したままのプリペイドカード。
    私もずっと、すっきりせずにいました。そんな手が…知りませんでした。
    110円ならダイソーで使えたけど、確か残高48円だったような・・・。

    「あ~もっと早く知っていたかった~」というお話をもう一つ。
    妹の家でバスルームのリフォームが終わり、姉が(私は三姉妹の真ん中)
    「今のバスルームは全面マグネットが付くんですって、なんて便利!と思い、
    まさか?とうちでも試してみたら、なんと!それが!付いたのよ~。
    10年以上知らなかったわ~損した気分よ~」と。

    「え~いいな~。・・・。まさか・・・?ね~?」と我が家もバスルームへ。
    それが!なんと!しっかりと付きました。私も10年以上知りませんでした。
    りっつんさん、知ってました?皆さん、知ってました?
    そんなの常識?知らなかったのは私たち三姉妹だけ?

    損した気分でしたが、その分、便利になってお風呂が楽しみになりました。
    りっつんさんのまねっこで「ロウソクdeお風呂」も覚えましたしっ!!!

    • かよさん

      マグネットがつくバスルームは、そういう仕様なんですよ。
      常識ではないですよ(笑)

      うちのキッチンの壁も同様な仕様なので、
      マグネットくっつきます。
      便利ですよね。

      お風呂を楽しめるのは、1人暮らしの利点の一つかも。
      秋冬は、自宅で温泉気分を!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。