変化のきざしを知らせるというホシゴイと出会った午後。

おとといの雨から一転。抜けるような青空。そして暖かさ。

午後からカメラを手にご近所ひとまわりしてきました。

そこで出会ったのは・・・・

 

おとといの失敗

実はおととい、大失敗をしてしまいました。

雨の止み間を狙って、軽く歩こうと手ぶらで家を出たのが、4時過ぎのこと。

こんな雨の日には、いるはずないよね。

川の水が増えているんだから、いるはずないよね。

ところが、ところが、いたんだなあ。

カワセミさん、最近は、わたしに会いたくて出てくる(笑)

わたしが歩いていたら、出てきたってわけ。

しかも、狩りがあっさりとうまくいって、小魚を捕まえて食べるシーンをたっぷりと見せてくれた。

カメラウーマンたるもの、カメラを身から離してはいけないと、地団駄踏みました。

あんないいポジションから見えるなんて・・・(´・ω・`)

油断はしないと決意した雨の午後でした。

 

みなさん、お出かけ中の野原

天気がいいときには、鳥たちはどこにいるんでしょう。遠くに遊びに行ってるのでしょうか。

と、いうくらい、みなさんが出払った野原&河原。

晴れすぎているのは、鳥たちは好きではないの?

ぽつんと63歳は、右見て、左見て、上見て、下見て、キョロキョロするけれど、一番目についたのは、カラス。それから、キジバトくらい。

これぞ、鳩が豆鉄砲食らったの図!

首にネクタイを巻いて、おしゃれなキジバトさん。何かにキョトンと驚いてる。やっとかわいい目が撮れました。

メジロが3羽で楽しそうに追っかけごっこ。なんとか収めてみたかったけれど、チャカチャカとせわしく動く鳥なので、うまく捉えることができずに、断念。

さて、カワセミのポイントに立ってみましたが、まるで気配がしません。

どこかに出かけたのかしら。もしかすると昼寝でもしているのかしら。

 

あれは、なに?

場所を変えて、じーっと河原を見つめる、老眼だけど遠目のきく、わたしの目。

じっとみていたら、なにか、いつもとは違う気配を感じました。

ここです、ここです!

カメ?石? なんか気になるでしょ。いつもはないよ、こんなもの。

望遠で迫ってみて、びっくりしました。

とても神秘的な眼差しのこんな方が、佇んでおられました。

顔を隠しているけれど、切れ長の美しい目。吸い込まれそう。

だれ?見たことのない。

家に帰って、「サントリーの鳥百科」を開けて検索開始。

しかし、こんな鳥、出てきません。

いくつか出てきた候補の鳥たちを詳しく調べていくと、「ゴイサギ」の幼鳥だということがわかりました。

ゴイサギは、なんどか見たことがあるけれど、その幼鳥なんて見たことがありませんでした。

親とはまるで色が違うのですね。

夜に活動するので、昼間はじっとしているとのこと。しかも、なかなか見かけることの少ない鳥とのこと。

それなら、まだ、動いてないよね。

まじちゃんに連絡して、幸せを分け合うことにしました。

「これは気づかないわ〜!」by まじ

 

知らないことを知る楽しさ

この瞬間が、なによりも楽しいんだなと、思います。

知らないものを見て、家に帰って調べて、知識が増えた瞬間が、なによりも楽しいのです。

ゴイサギという鳥がいて、その名前の由来は後醍醐天皇にあるとか、その子どもには出世魚のぶりと同じように、ちゃんと名前がついているとか。

ホシゴイに出会うのは、変化を知らせる合図だと言ってる人もいるようです。

知らなかったことを知るのは、本当にワクワクします。

写真を撮るのが面白いというのもあるけれど、それよりも見えなかった世界を見せてくれる望遠レンズがうれしくてたまらない。

新しい目を手に入れたんだな、わたし。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、はじめまして!ヨメナです
    ブログを読み、一昨日娘と見た謎の鳥がホシゴイとわかりスッキリしました( ◜‿◝ )♡
    変化を知らせる合図…
    看護師をしている娘は、このコロナ禍で体調を崩していました。明るい方に変化するといいな〜
    これからもブログ楽しみにしております。

    • ヨナメさん

      はじめまして。
      そうですか、ヨナメさんもホシゴイに会ったんですね。
      あれから、何度か行ってみましたが、その姿、どこにもなし。
      カワセミより、ずっとレアです!

      きっと、明るいほうに変化しますよ。
      だって、ホシゴイに会ったんだものヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • こんにちは りっつんさん

    ゴイサキ?ホシゴイ?始めて聞く単語です
    鳥さんの種類なんですね、会ったことは無いと思います
    本当によく見つけられますね〜
    十二単衣をお召しになってオホホと微笑んでいるようですね
    あれから私は幸せの青い鳥を見つけに毎朝ワクワクしながら散歩に出かけています
    会えても会えなくてもあの辺りに居るって思うだけでほっこりします 実はまだあれから会えていません
    子どもの頃お兄ちゃんがゴムパチンコでカラスに命中させて追いかけられたことやヒッチコックの鳥という映画がめっちゃ怖くて鳥が苦手でした
    見ようとしていなかったから近くにいる可愛い鳥にも無関心だったんですね
    セキレイもメジロもよく見るととても可愛い
    新しい何かを知るってこの歳になっても嬉しいんだなぁって私も思います

    • コロボックルさん

      こんばんは。
      わたしも初めて知った鳥たちです。
      ちょっと怪しげな眼差しでしょ。

      気がついていなかっただけで、
      たくさんの生き物が、息をしているんですよ。
      また、会えると思うだけで、
      歩く力になりますよねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。