これが風呂場の解体現場だ!寒空の下、もらい風呂に向かう。

おはようございます。

現在、工事現場にて生活中でございます。

 

お風呂場解体

午前8時に始まった解体作業は、3人かがりで粛々と進みました。

風呂場にて、小さく砕きながら、外に運び出していたようです。

トラックに積まれた残骸を見て、理解しました。丸ごと運び出すわけじゃないのね。

お昼前には、ほぼ終了。

それほどの爆音もせず、コソコソと何かやってるふうだったので「まるで忍者みたいですね」と言ったら、笑われました。

職人さんたちの笑顔って、本当にステキです。

さて、これが、はだかにされてしまった風呂場です。

 

過去がむきだしに

そして洗面台もいつの間にか撤去されていました。洗面台がなくなった場所からは、懐かしいものが出てきました。

この家を建てた時に貼った壁や床の一部です。

もう30年前の痕跡は、あちこち手を入れているので、なかなか見ることができません。

この洗面台をに交換したときには、まだ昔のままだったのですね。

そうそう!こんな色でした。懐かしいです。

10年ほど前に床を張り替えているので、その前がどんなものだったのか、すっかり忘れていましたが、こんな色でした。

今回は木目ですが、もう少し濃い目の色を貼る予定です。

 

本日の予定

今日は風呂場にコンクリートを流して新しい土台を作るそうです。

新しいお風呂は耐震風呂になる予定。

地震で崩れないという枠組みのお風呂です。

入浴中に揺れても、大丈夫!

そして家が崩れても、風呂場だけは残る予定。2畳分のスペースは確保される。

「方丈記じゃん」by BM

いやいや。方丈記は四畳半ですから。それより狭いよ。

「洗面所と一体化して使えば方丈スペース」

「浴槽の中に布団を敷いて」

「ご飯を食べるときはフタの上で」

ああ、それもいいね。

洗面所に収納スペースが余る予定だから、そこに非常時用品を入れておけば、ますますいいね。

✨おふろば暮らしのリツ✨

屋根裏のなんとかとか、崖の上のなんとか。いろいろな所に住めるようだから、アリだよ。

もし日本が沈没しそうになったら、浴槽を船にして、北海道に向かおう。

北海道と九州は沈まないって、小栗くんが言ってたから。

ん?

TBSドラマ『日本沈没』を真に受けているのか!?

実は隠れ小栗ファン。

舞台で3回ほど観たんだけど、とんでもないオーラの持ち主。全然好きじゃなかったのに、いまでは嫌いになれない人。テレビだとその魅力は半分も伝わってないかも。

特に前から二列目で観たときには、小栗くんの目の輝きに、やられてしまいました。

余談だけど女優では大竹しのぶさんと、仲里依紗さんのオーラがすごかった。知らず知らずに目線がそこにいってしまうのです。好きとか嫌いとかに関わらず、引きつけられてしまうのです。

 

もらい風呂のりっつん

さて、こんな状態なので、お風呂に入れません。

冬なので、それほど汗もかかないしね。大丈夫だよ、3、4日。

でも、救いの手がびよ〜んと伸びてきました。

「うちで、入りなよ」

そう言ってくれた、BMこと、ばあさんM。

お言葉に甘えて、夕方5時過ぎ、もらい風呂に向かいました。

寒くないように、ダウンの上に厚手のコートを羽織り、毛糸のマフラーに毛糸の帽子。

「1.5倍くらいに膨らんでる」

確かに、大袈裟ないでたち(笑)

シャンプーなどを持ち込んで銭湯に行く気満々

♪浴衣の君は〜

じゃなくて、

♪洗い髪が芯まで冷えて〜

なあんて、1曲も歌い終わらないうちに、ついてしまいました。

BM温泉は、なんと、ミュージック&晩ごはんつき。

音楽を聴きながら、ゆっくりとお風呂を楽しませていただき、晩ごはんをいただきました。

ゆっくりくつろいで、帰宅するときには、もちろん、すっかり星空。

7歳くらいまで銭湯に通っていたわたし。まったく記憶にないけれど、やっぱり星空を見上げていたのかなあ。

なんだか、とっても、あの頃のわたしに会ってみたくなりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はじめましてりっつんさん♪
    いつも楽しく拝読しております。

    我が家も先週お風呂と洗面所のリフォームが終わったところです。
    リフォームの工程を見てきっと同じメーカーだと嬉しく思いコメントを残さずにはいられませんでした(笑)

    毎日のお風呂、冬場は床が冷たくて嫌でした。
    新しくなったお風呂の床が冷たく感じず感動です
    りっつんさんも間もなくですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

    埼玉住みなので、一緒に浴槽船で北海道に行きましょう!

    • つぶあんさん

      はじめまして。
      つぶあんが食べたくなったりっつんです(笑)

      いよいよ我が家も明日には完成です!
      新しいお風呂はいいのだけど、今度は窓枠が気になって。
      新しいものと古いものとの融和は問題もありますね。

      日本沈没の折には、浴槽船で、ぜひご一緒に!

      コメント、ありがとうございました〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。