【台所通信】費用200円のふきんがけ。そして古都華が届く。

台所のふきんかけ。

ここ数年、ふきんなどは小さなハンガーにぶら下げていたのですが。

 

ふきん掛け、気になる

乾燥させることを考えると、ハンガーぶら下げも悪くはなかったのですが、

“見栄え悪し”

ま、台所に入るのはわたしだけだし、実利があればそれでよしとやっていましたが、ふと気に障ったのです。

気に障ったら、もうダメ。気になってしょうがない。何かスイッチが入ってしまうらしい。

なんとか改善したいという衝動に駆られて、まずは近所のダイソーへ。イメージを喚起するために、2日ばかり通いました。

ダイソーにあるもので、創意工夫して、予算を抑えたい。

頭を使えば、

金は減らず。

目指せ、億万長者!

 

タオルハンガーとS字フック

と、いうことで、頭を使って、220円の出費に抑えることができました。

なんか買ってくると、いちいち点検作業に入るばあちゃん猫です。

自分の食べ物かどうか確認してるのです、いちいち。まったく隅にはいない姑猫。

これが自分の食べ物でないことを知ると、スーッと消えた。

ただのタオルハンガーとフックです。

こんなもん、誰でも思いつく。なんのアイデアもないように見えますよね。

へへっ。ちゃんと1アイデアがあるんでございます。

ストッパー付きS字フック。

これがポイントです。

 

S字フックを逆に使う

このS字フックは開閉するのがポイント。本来はこのストッパーで、棒から外れるのを防ぐのですが、逆利用することにしました。

これでふきんを挟む。

これにふきんを通す。

ということで、上から横への、ふきん大移動。

ぶらぶらとぶら下がっていたふきんたちは、横へ整列!

この20年間、苦楽を共にしているキティちゃんも移動してきました。

いつも使う5枚のふきん。スッキリ収まりました。

こんなところまで使って、5枚ですけど(笑)

台所も、まだまだ改善の余地がありそうです。

立春を過ぎて、春が近くに来ていることを感じる。

2021年2月9日

 

古都華、届く

さて、台所で励んでいたら、ピンポンが鳴りました。

届いたのは、こちら。

関西に住むご長男さまから、いちごが送られてきました。

最近のご長男さまの仕事はいちごの調達。特に古都華を調達することに情熱を注いでいる。土曜日になると車を走らせ、産直市場へ向かう。

畳堀り犬と凧を揚げる関西支店のメンバーたち。愛についての考察?

2021年2月1日

「とにかくうまいんだ!」

と、自慢ばかりしているので、

「そんなにうまいなら、婆にも食べさせろ!」

と、言ったところ、本当に送ってもらえました。言ってみるもんです。

その日は、人気生産者の山田さんが来ていたと、興奮気味に語るご長男さま

山田さんが来ると人垣ができるほど、古都華は人気があるのだとか。

古都華は奈良の特産品。箱もこの可愛らしさ。

ご長男様は、奈良イチオシの食べ物は古都華だと言っております。鹿せんべいではないと。

※鹿せんべいは鹿さんのおやつです。

古都華、さっそく食してみました。なんと驚く、古都の味。さすが、古都です。

うまい!おいしい!デリシャス!

毎日食べたくなる味。

しかし、今まで食べたことのないいちごの味がします。

何か、ほかのフルーツの味が混ざっているような。

とにかく甘くて、濃厚。果肉も柔らかすぎす、硬すぎす。

かなり優秀ないちごです。

関東ではお目にかかったことがないです。たぶん関西ですべて食べ尽くされているのでしょうね。

どんどん新品種が出てくるフルーツ市場。

今後の展開が楽しみです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。