マイナポイント第二弾が始まる。2つのアプリを使ってスイスイGET!

マイナポイント第二弾の申請が始まりました。

2つのアプリがあれば、家に居ながらにして、手続きは完了できます。

登録するサイト、申請するサイト、それぞれ別のサイトです。

もちろん、大前提はマイナンバーカードの取得です。

 

第二弾の概要

マイナポイントは国の消費活性化策のひとつです。

狙いはこんなところ。

  • マイナンバーカードの普及促進
  • キャッシュレス決済の普及促進

第一弾のキャンペーンは2020年の9月から2021年の12月まで行われて、マイナンバーカードを作った人に、5000ポイントが配られました。

そして今回の第2弾。

マイナンバーカードを新規取得した人への、最大5,000円相当のポイント付与も継続中。

さらに、

  • 健康保険証の利用登録
  • 公金受取口座の登録

これは、マイナンバーカードを保険証として使えるようにしようということと、緊急時の給付金・年金・自動手当・そして所得税の還付金など、国からのお金の受け取りに使う口座を登録するということです。

それぞれの登録で、7500円分のポイントがもらえるというのが今回のキャンペーンの目玉。

2点を登録すれば、15000円の分のポイントがもらえるという大イベントです。

6月30日から申請が始まったので、さっそく、やってみました。

オンラインで15000ポイントGETのためには、以下の、2つの作業が必要です。

  • マイナポータルで登録
  • マイナポイントで申請

※オンライン以外でも、市区町村窓口・郵便局・コンビニ・携帯ショップなど、全国各地の手続スポットの端末からも申し込みができます。

ここで一つだけ注意があります。

マイナ保険証を使うと自己負担が増える仕組みになっているということです。期間限定ではあるようですが。

 

マイナポータルで登録

うさぎマークの「マイナポータル」というアプリを開きます。

ここで登録をします。

  • 健康保険証の利用登録
  • 公金受取口座の登録

登録に必要なものは、以下の3点です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの暗証番号
  • 公金受取口座用の通帳番号

マイナポータルは第一弾のときにインストール済み。

相変わらず、マイナンバーカードの読み取りがなかなかうまくいきませんが、何度かやっているうちに、コツがつかめてきました。

サイトに入ってしまえば、指示に従うだけで、特別に難しいこともなく、登録は簡単に終了です。

 

マイナポイントで申請

さて、次に「登録したからポイントください」の手続きに入ります。

めんどくさいなあと思いつつ、入ります。

今回新たにインストールしたウインクうさぎのアプリを開きます。

「ここにポイント、落としてね」と、お伝えします。

わたしは前回と同じように、Suicaにポイントを入れてもらうように手続きをします。

入力項目は、以下の3点。

  • JREPOINT 交換番号
  • 生年月日
  • 電話番号

確認してみると、ちゃんと付与が確定していました。

これで、あとはポイントが入る日を待つだけですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

マイナカード用に初自撮り写真!スマホからの申請に成功する。

2020年10月4日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


8 件のコメント

  • この記事お待ちしておりました。ありがたく拝読。そしていつもながら背中をトンって軽く押してもらえました。政府の宣伝を目にするたびにに気になっていた今回追加分の15000Pです。りっつんさんはどうする?どうする?ほんとに待っていたんです(笑)
    今回追加の登録で私が気になった件は、健康保健証とマイナンバーカードの紐付けは、紐付けであって、マイナンバーカードそのものが健康保健証として病院で使えるかどうかは、まだそれぞれの病院のシステム次第で、診察時にマイナンバーカードがあれば健康保険証は要らないってわけにはいかない病院もあるって事。これには受け入れ側の病院の複雑な事情も絡まりそうですが、いずれ簡単になっていく日を待つばかり。しばらく患者さんとのトラブルもありそうで嫌だわ〜と医療従事者は感じています。だから、一応健康保健証も持参しての受診をおすすめします。
    なんだかめんどくさいけど。
    通院が長期の方は、月初めには、健康保健証(後期高齢医療含)また人によっては、身体障害者手帳等、ほんとに紙ベースのものを毎回毎回ほんとに複雑で、マイナンバーカードでサクっと終了!それが当たり前の世に早くなってほしいです。

    • まめぴよさん

      こんにちは♪
      登録すればいいのよねと思っていたら、どうも違う。
      で、どうすればいいのか、イマイチわかりませんでした。
      なので、そんな自分に向けて書きました(笑)
      よ〜く理解できました。
      で、15000ポイントはゲット!
      マイナカードの保険証は、まだまだ問題がありそうです。

      サクッと終了! に、早くなってほしいです。

  • こんにちは翠です。
    おおーせやった、と私も申請しました。
    エラーが出てちょっと苦戦しましたが、(エラーナンバーで検索して解決)
    お陰様で口座登録をして7500円ゲットしました。
    お役立ちブログでありますね。

    • みどりさん

      こんにちは♪
      お役に立てて光栄です。
      エラー対応、ドキドキしますよね。
      でも7500円はおっきいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 情報をありがとうございます
    が、、、
    何だか、何故だか?登録に二の足を踏みぎみです。
    理由は、
    ・手続きが面倒
    ・何か紐付けが不安?(明治時代の人間?(笑))

    • さっちさん

      おはようございます♪

      もう、どこに紐付けされても、どんとこい!です。
      むしろ、紐につながれていたほうが安心。
      知られて困る情報もないので(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。