猫エサに6000円!猫は自分の仕事を自覚できる生き物。

ばあさまが、どうしてもこれしか食べたくないっちゅうもんですから、どっさりと購入いたしました。

ばあさま、満足げに覗きこんでおります。

40袋も購入された飼い主さま。ご苦労さまでございます。と、自分をねぎらう。

クレジットカード購入ですので、来月6000円引き落としの予定でございます。6000円という金額の重みを知っているのか、ばあさんよ。

これで、26日分の食料でございます。

一度に2つ。3食ですから、1日に6つ。┐(´~`)┌ これ以外のものをお出ししますと、ブーブー文句を言って、ハンガーストライキ。食わぬを貫く。

ピューレキスには、なんか秘密のモノでも入ってるんじゃないかと、飼い主は疑っておるほどでございます。

このほかにカリカリもそこそこ召し上がりますので、カリカリ代金と猫砂代金を足しますと、1万円に近づく金額となります。

まったくもって、ぜいたくな猫でございます。

まあ、ばあさまもついに20歳を超えましてございますから、いつあの世からお呼びがかかるか、わかりません。明日かもしれませぬ。

あと、少しと思えばこその、飼い主からのご奉仕。これが何年も続いたら、猫エサ破産は免れませぬ。

はいはい。確かにばあさまは働く猫ございました。失礼いたしました。

 

猫の仕事

猫という生き物は、大した生き物なのでございます。

先日、次男宅に出向いたときのこと。

わたくしはあまりに感動的な情景を目にして、ウルウルと涙が出そうになったのでございます。

たっくんがあまりに可愛かったのか?

ノン!

赤子がかわいいのは、あまりにあたりまえ。そんなことではございません。

あの家に住んでいる猫のマルディーヌさんでございます。

あの方の立ち居振る舞い、仕事への誠実さに胸を打たれたのでございます。

マルディーヌさんは、アメリカンカールという種類のお猫さま。野生ではまったく生きてはいけないだろう、お嬢様猫。

外の世界をまるっきり知らず。もしかすると、自分が猫であるという認識を持っていないかもしれません。

家族の認識は「何もできないアホ猫」だったのでございます。たっくんが生まれるまでは。

あれから1年。

マルディーヌさんは、見事に変身いたしました。みんなの予想を180度裏切って!

こんな裏切りは見たことがない!

にゃにゃんと、立派な子守猫になったのでございます。

やんちゃなたっくんに毛をむしられても、つままれても、何をされても、絶対に爪を立てたりかんだりしないのでこざいます。

わたくしが感動したのは、たっくんに攻撃されて、思わず反撃しようと手を振りあげて、止めた姿。ハッとして、止める。

ハッとして、パッとは攻撃しない。

反撃をこらえているその姿に、我が身を重ね、胸がじわっと熱くなり、汗ではなく、涙が出そうになったのでございます。

だれが教えたわけでもないのに、一体、どこで学んだのでございましょう。

マルディーヌさんの頭の中、どういうしくみなのでございましょう。

どうやって、マルディーヌさんは、攻撃をしてはいけないということを知ったのか、学んだのか。知りたいものでございます。ものすごく興味がわいております。

そして、話を我が家のばあさまにもどしますと、ばあさまも、自分の仕事を、なんと知っていたのでございます。

そしてばあさまがすごいのは、その報酬を請求してくるということ。ぬかりない猫でございます。だからこそ、長寿を達成しているのでこざいましょう。

仕事と報酬。これぞ、長寿の秘訣なり。

このように、猫は、たいそう、神秘的で頭の良い生き物なのでございます。

いやいや。人間さまにおかれましても、苦難の環境がその人の新たな能力を開発するということはあるのかもしれません。

そんなことをマルディーヌさんは教えているのでしょう。

 

余談でございますが

ん?なんか、今日の書きっぷりというか、文体がなんか変でございますね。

実は頭の中が太宰さんと谷崎さんに支配されておりまして、戻れなくなってるようでございます。

年を重ねてから読む、太宰さんと谷崎さん。

これは、これは、あまりに面白すぎるのでございます。

ああ、年を重ねて、よかった!

そう、つくづく思うのでこざいます。若い頃には見えになかったものが、見えるのでございます。

「デンジャラス」(谷崎潤一郎の話)

「恋の蛍」(山崎富栄と太宰治の話)

「太宰治の女たち」

この3冊が頭の中をぐるぐると駆け巡っております。

山川健一さんの書かれた太宰論は、あまりに面白すぎ。こんな見方もあるのかと、目から鱗。ご本人はエッセイだと言っておられますが。

この本を読んだことかきっかけで、「デンジャラス」と「恋の蛍」を読み返しているというわけ。本日もこの2人に没頭予定でございます。

後日、読後感想でも綴ってみたいと思っておりますが、あまりに壮大なテーマで(笑)

 

いつも応援ありがとうにゃにゃん!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • にゃん様のごはん代だけでそんなお金に・・・
    コトちゃんは、ごはんの時間に近づくと、だれがくれるか気になって、全員にストーカーします。
    ごはんがあるほうへ行くと、ついていきます。違うよ、といっても、ついてきます。
    床に落ちてるものは、何でも食べようとします。
    ワオ!
    ゆっちゃん

    • ゆっちゃん

      にゃん様にはお金がかかっているのでございますよ。
      ことちゃんのストーカーぶり、見てみたいわんわん。
      床に落ちてるものは、なんでも食べちゃうのは、
      赤ちゃんと同じだね。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。