あまりの暑さに昨晩は寝床を移動。猫と毎日かくれんぼ。

おはようございます。

昨日の暑さは強烈でしたね。

この地は39度。危険な暑さでした。

そんな中、2時過ぎに外の様子を見ようと、玄関を開けたら・・・

お隣の93歳のおじいさんが、ニコニコ顔で自転車こぎながら、

「こんにちは〜」って。

暑さもコワいし、自転車もコワい。大丈夫かしら。

全然平気そうな顔してましたけど体感温度は40度以上あったよ。たぶん、センサー異常だね(笑)

夜になっても気温は下がらず、2階は灼熱地獄のようでした。

なので、会長とともに、夜はリビングで寝ることに決定。

結局、エアコンつけぱなし。

会長、こんな暑さですが、よく頑張ってます。ヨタヨタしながら、ピューレキスを食べながら、人を避けながら、マイペースで過ごしています。

会長さんも暑さに対するセンサーがちょっと錆びてきているようで、時々超暑い所に寝そべっていたりするので、見つけては移動させています。

今まではそんなことはなかったのに。さすがに20歳猫です。

さて、昨晩は9時過ぎに布団にねそべったら、そのまま寝落ち。

「よく寝たなあ」と気がついたら、まだ11時半。

夜は長い。まだまだ寝続けなくてはならぬ。

その後、また眠りに落ちて、次に気がついたのが3時。

そして、また、寝て・・・。

起きたのが6時半。

ゆっくり寝たようだけど、熟睡はできていない気がしないでもない。

会長は今朝は布団の上にいました。わたしの足元にいたようです。

さて、この2枚の布は、わたしの浴衣にさらしの布をつけて作ったものです。

夏場は肌触りがよくて、とても重宝しています。

思い出の浴衣は、毛布カバーに。単衣の着物はカーテンに。

2017年6月10日

数年前に、こんな暑さの日が長く続いたことがありました。

週間予報の数字が、38度レベルで並んでいた。あれを思い出すと、まだまだマシと思います。

今日は午後から雷雨がありそう。

あれれ。

会長の姿が、また見えなくなったので、探さなくっちゃ。どこにいるかは一応把握しておきたい飼い主です。会長は嫌がっていますけれど。

毎日、かくれんぼです(笑)

会長は見つけられるのことを嫌がるので、見ても見ぬふりをします。チラ見して、別なことをしているふりをしたりして。

でも、時々本当に見つからないときがあって、いつの間にかどこからとも出てきます。

どこかに秘密の通路でもあるのかしら。どこに通じているのかしら。

そもそも我が家にはそんなに隠れる場所はないのです。今も、ざっと一回りしてみたけど、見つからず。これから、本気で探します。

本当に不思議な猫です。不思議な猫だと実感し始めたのは、3年ほど前のこと。それまでは普通のただの気の強い猫でした。

猫は年を重ねると化け猫になると言いますが、本当かもしれません。神秘性では犬以上です。

では、今日も元気で過ごせますようにヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、おはようございます。

    私も、夏になると2階から1階に下りて来て寝ていますよ。

    昨夜は、エアコンの自動モードで30度に設定。今朝、目覚めたのは午前5時。
    とはいうものの、延々と夢を見ていたから熟睡ではなかったですね。

    うちには、小動物はいないのですが、もっと微細なものがいて安眠を邪魔します。

    • しばふねさん

      最新型のエアコンを使いこなせてなくて、
      今更ながらの取説です(笑)
      機械は最近でも頭が旧式なので、
      冷えればいい・・って。
      それじゃもったいないですよね。
      いろんな機能があることに、びっくりしてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。