「飼い主よ。なぜ今まで、気づかなかったのか!」と、猫は言ってる。

おはようございます。

今日から11月ですね。

10月の初めには、ほんの少し、夏の名残りがありましたが、さすがに11月になるとないですね(笑)

それにしても、秋の気配が、まだまだ感じられない埼玉です。

それでも季節は確実に進んでいくようで、わたしの61歳としての日も残すところ、40日ほど。

ああ、また歳を重ねちゃうわけね・・・・(´・ω・`)

肉体だけは確実に劣化していく。気持ちがついていかなくて、不思議な戸惑いがあります。

自分が還暦を超えているということが、今だに不思議なんです(笑)たぶん、このまま、70歳とか80歳になってしまうんだろうなあ。

 

ところで、おとといの夜、わたしはすごいことを思いつきました。( ̄^ ̄)ゞ

なぜ、今まで思いつかなかったのか、とても不思議です。

そういうことって、時々ありますよね。

なんで、こんな簡単なことに気づかなかったのかしらと思うこと。

何を思いついたかと言いますと・・・

猫のえさです。

我が家のご長寿猫さまはこんなものを食して生きております。三種のご飯。

よみがえって、2ヶ月。ご長寿猫さまの主食はドロドロ食のチャオちゅ〜ると、とろリッチ。

食欲は日々増すばかり。飼い主のおかずも、一部もらってます。

チャオのマグロと、リッチのカツオがお好みです。他の種類は食べません。

毎日、200円分ほど、食されます。

そして、おやつにカリカリを少し食べます。

で、問題は、このカリカリなのです。

ご長寿猫さま、さすがに歯も弱っているらしく、かみ砕けないようで、丸呑みしているようなのです。

そんなもんだから、頻繁に吐く。消化困難なんでしょう。カリカリ食べると、3回に1回は吐く。実に迷惑です。

お湯や水でふやかしたものは、絶対に食べないので、このまま食べさせては、汚物処理をしておりました。

で、突然、閃いたのです。

砕けばいい。♪( ´θ`)ノ

もともと高齢猫用なので、粒は小さく平べったい。

しかし20歳に近づけば、さらに細かくないとダメってことなのですよね。

それにやっと気づいた飼い主は、袋の上から叩いて、砕くことにしました。

これは初回だったので、ちょっと粗めですが、もう少し砕いています。

大きいものは、小さくしてやる。

これ、育児・介護の基本です。

なんで、今まで気がつかなかったんだーーーー!!

愛が足りなかったのだろうか。

「こんなに親切な飼い主は、この世にはいないよ」

砕きながら、そう言い聞かせているのだけど、ちゃんと分かってるんだろうか?

ねこのお返し、してもらえるんだろうか。

本日も、エアコンからの暖かい風が一番当たる所にいる、ご長寿猫さまです。

さあて、本日も庭仕事するゾ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。