猫からのお歳暮?イワさんとニッポちゃんと過ごす年末。

数日前から読んでいる漫画があります。

ノラ猫イワさんと家猫ニッポちゃんの物語。

どこにでもあるような話だけど、それがちょっと違うんだなあ。

 

LINEスタンプ

イワさんがわたしの元にやってきたのは、つい最近のこと。

LINEというアプリ船に乗って、やってきました。

友人が12月のある朝、新聞の四コマ漫画を見て、シャンクスを思い出してくれたのが、ことの始まりです。

岩手日報で連載されている漫画「イワさんとニッポちゃん」

その日のネタは、ニッポちゃんが暮らしている家にお歳暮が届いて、2匹が自分たちもお歳暮をと考えるというもの。

「鳥がいいかな、それともネズミにする?」by イワさん

そういえば、そういう猫の話を聞いたことがあったなあって、鳥を獲るのが得意だったシャンクスのことを、思い出してくれたのだそうです。

送られてきた可愛い2匹の姿。大ウケしたら、LINEスタンプが届きました。

これがまた、なかなか使えるスタンプでして。

いま、せっせと使ってますが、評判は上々!

まじ、かわいい。

 

ものがたり総集編

イワさんの姿があまりにドストライクでした。これぞ、一緒にいたい猫!

そこでKindle本を購入しました。1冊だけ、200円で。

そこで知ったのは、イワさんはただのノラ猫じゃねえってことでした。

本を買って読んでみたという話を友人にしたところ、なんとデジタル版の総集編(カラー版)とスペシャルコミック版の2冊を送ってくれました。

デジタル版はいまのところ、岩手日報からしか購入できないそうです。

そしてイワさんの生い立ちを知って、涙にくれる2021年の年末となりました。

よほどのことでない限り、めったに泣かない女だけれど、猫ネタには弱い。涙がじゅわ〜ん。

あの津波で、母猫を亡くしていたイワさん。動かない母猫のそばに寄り添う子猫だったイワさん。

山を越え、父親がいるかもしれない盛岡に向かうことを決意したイワさん。

クマとか野生の生き物たちに助けられながら、ついにたどり着くイワさん。

なんとも奇想天外かつ壮大な物語。

さすが宮沢賢治の故郷ならでは!

クマと出会うシーンは、本当に心に響きました。

食われなくて、よかったよ、本当に。

あのシーンは、きっと忘れられない。

 

野良を貫く理由

イワさんはいまもなお、ノラ暮らしを貫いています。

でも、本当は半ノラ(笑)

ごはんはニッポちゃんの家で食べてます。それから仲良し犬のごはんも、時々食べてます。ちゃんと、みんなの輪の中で生きています。

だけど、家猫にはならない、なりたくない。

その理由がまた面白いのです。

キーワードは名前。

『CATS』の歌にも出てきますが、猫の名前は人が勝手に決めらるものではないのです。

イワさんは、自分の名前を貫くために野良として生きているらしいのです。

そういえば、シャンクスのことも、いろんな名前で呼んでいたなあ。

え〜と、シャンクス・・・・あれれ、あれれ。

和名もあったし、あんなにたくさんの名前があったはずなのに、全部忘れていることに、今、気づきました。

まったく思い出せません。

ポチなんて呼んでたこともあったような気がするけど。

シャンクスの名前は、シャンクスだったということ。

そして思いました。

死んでなお、シャンクスはわたしを気遣ってくれているということに。

年末に退屈しているだろうわたしを気遣って、お歳暮として「イワさんとニッポちゃん」を送ってくれたに違いありません。

天上の猫
われを思いつつ、暇つぶせ

イワさんもニッポちゃんも架空の猫とは思えないほど、わたしのスマホの中で、生き生きと生きています。

シャンクスから使い手と指名された友人さま。お手数をおかけいたしました。

猫に代わって、心からお礼を申し上げまするるるのる。

りっつん
お歳暮返しは🐍か🐸でいい?

シャンクスはもしかしてモデルとか女優志望?

2021年5月15日

超高齢猫シャンクス「外に出たい!」と大騒ぎの巻。

2021年6月22日

新たな旅の始まり

2021年6月28日

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん!こんにちは。イワさんとニッポちゃん、面白そうですね。猫の漫画は、あるある話
    の幸せと、悲しい別れが描かれていることが多くて、私も涙無くして見られません。
    我が家のにゃんこも沢山の名前がありましたね。本当の名前なんだっけ?っていうくらい別名がメインになったりして。。彼しかしらない秘密の名前もきっとあるのでしょうね。

    シャンクスからのお歳暮、きっとそうですね!絶対そうだと思うと泣けてくる。。。
    手を変え品を変え、これからも送り続けてくれるでしょうね。

    • しおさん

      おはようございます。
      イワさんの本名はイワシ。
      なかなかいいやつなんですよ。
      シャンクスとは気が合いそうです。

      昨夜は無性にシャンクスに会いたくなりましたよ。
      本当に、いい相棒でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。