【介護問題④】富士山は雪化粧!半年ぶりの義母との面会

きのうは朝からとても寒かったです。

出かけるときに、何を羽織って行こうか、クローゼットを開けながら、悩みました。

さすがにウールのコートは着たくないと、秋ものの軽めのコートにしたのだけど、バス停まで歩く途中で後悔。引き返して着替えてこようかとと思ったほど。

厚めのストールと手袋を持って出たことで、なんとかしのぐことができました。

さてさて、鎌倉まで出かけてきました。

こんな天気の日に寺めぐり?

いやいや。わたしにとって、寺参りというのは、奈良だけ( ̄^ ̄)ゞ

鎌倉で行ったことがある寺は、長谷寺くらい。すいませんです。

鎌倉行きの目的は、もちろん鎌倉ばあちゃん参り”です。

きのうは雨まじりの天気のおかげで、人のうずに巻き込まれることがなかったのが、ちょっとした慰め。

天気のいい休日なんて、電車を降りてから改札にたどり着くまでに、けっこう時間がかかってしまうのだから。

義母は、入院してから半年が過ぎました。

コロナ禍ということもあり、義母自信がコロナに感染したこともあったりで、面会はできずにいました。

いやいや、面会ができなかった一番の要因は、精神が落ち着つかなかったということです。

入院時から、興奮がおさまらず、大騒ぎ。

そのせいで、ずっと個室にいたのですが、やっと4人部屋に移動できるまでに落ち着いたということで、今がチャンスと先生から連絡をいただいたのでした。

話をいただいたときには、タブレット面会ということでしたが、行ってみたら直接の面会ということになっていて、ちょっと焦る💦

直接会わなくてもいいなら、それで済ませたいというのが本心ですので。

わずか10分ほどの面会でしたが、いろんなことがありました。

まさに凝縮された10分間でした。

義母との面談、先生からの話が終わって病院を出るまで、わずか1時間のできごと。

なのに、たった1時間のことなのに、ものすごく疲れました。

先生から、どんな話が出るのか。

義母は、どんな姿になっているのか。

たぶん、思う以上に緊張していたのでしょう。

病院を出ての帰り道。突然に目の前に現れた富士山です。

あれだけ寒かったからでしょうか、富士山はきれいに雪化粧していました。

目に飛び込んできた瞬間に、心の扉がパーンと開かれるような音が聞こえた気がしました。

きっと、時をこえて、たくさんの人たちが、この誇り高い姿に慰められてきたに違いないです。

【介護問題①】90歳の義母の生活をどうする?いざ鎌倉へ!

2022年2月18日

【介護問題②】いざ鎌倉!桜満開の道を上り、義母を入院させる。

2022年3月30日

【介護問題③】『みんなの遺品整理』の手を借りて、義母の家を片付ける。

2022年4月22日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • お疲れ様でございます。
    ご苦労が報われますように。
    たいへんな徳を積んでらっしゃるわけですので、数階級飛び級なさることと存じます。
    ご褒美、あると思いますよ〜。

    お寺参りは、鎌倉ではなく奈良!
    とキッパリした感じが面白かったです(≧∀≦)
    私もめったに鎌倉へは行かないのですが
    明日!写経のために訪ねる予定です。
    どうしても明日納経したくて。
    明日写経してそのままお寺に納めてくださるお寺さんを鎌倉に見つけられたのです。
    宗派が若干違いますが(*´-`) 仏様はきっとお気になさらないと思っております。

    • デイジーさん

      こんばんは♪

      わたし、徳を積んでるの?
      そういう観点から見てなかったので、うれしいポン。
      ご褒美は何かなあ。いまから楽しみ(笑) ウヒヒ。

      鎌倉での写経はいかがでしたでしょうか。
      何か、わけがあったのですね。

      宗派も多すぎて、わけがわかりません。
      仏さまも混乱しているんじゃないかしら(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。