敬老の日。猫とたっくん。

昨日は敬老の日だったらしい。確かに休日だったようです。

 

わかわかの日

夕方になって、長男宅から入った。

「敬老の日、あめでとう!」by 長男

・・・・・

「まだ、前期高齢者の中にも入ってはおらん」

すると、横からゆっちゃんの声。

「若々の日、おめでとう!」by ゆっちゃん

そうだよ。わかわかの日だよ。ウンウン。

 

たっくん、来る

昨日は1ヶ月ぶりにたっくんと会いました。

ますますデカくなってる。(◎_◎;)

どっしりとした重さ。骨格が男の子だなあ。女の子はもっと柔らかいです。

たっくんは生後3ヶ月に満たないのに、すでに3ヶ月用の衣服は着られないとか。

スボンを履かせようと思ったら、腹につかえて入らなかったとか。

腹の上まで持ち上がらなかったらしく、一度もはかせることなくお蔵入りのズボンになってしまったらしい。

わたしが買ったズボンだったので、嫁のお母さんはなんとかゴムを入れ替えようとしたらしいのだけど、取り替えられるような仕様にはなっていなかったとのこと。

残念!確かに、赤ちゃんをトラッド系に見せるズボンだったのに(笑)

さてさて、たっくんの個性が出てきました。

寝るのが得意で、7時間くらい寝ることもあるんだとか。

生後3ヶ月で7時間睡眠はすごい。普通は2時間〜3時間くらいしか寝てくれない。

ん?でも・・・・うちにもそういう子がいたなあ。と、思わず遠い目。

関西に住んでいる長男が、そうでした。

長男は赤ん坊の頃から寝るのが得意で、あまりに寝ているので、お医者さんに聞いたことがあるほど(笑)

「10時間も起きないんですけど、大丈夫でしょうか?」

「赤ちゃんは体調不良だと寝ませんから、大丈夫」と、笑いながら言われました。

風呂に入れても眠り続けていたことがありました。

服を脱がせても起きない。お風呂に入れれば起きるだろうと思ったけど、目を開けない。

お風呂から出ても起きなかったけれど、ミルクを口に持っていったら。吸った。240CCのミルクを眠りながら完食。

眠りながら風呂に入り、寝ながらミルクを飲んで、再び布団で寝て、翌日までぐっすり。

確か10ヶ月くらいの時だったと思います。

思えば、態度のでかい子でした。変な子でしたが、育児は楽でした。

よく寝る子はおっとりした子のように思います。

今から、突然、寝ない子に変身するとも思えないので、たぶんたっくんはおっとり系なんじゃないかなあ。

腹にズボンがつかえるというあたりも、おじさん似だ(笑)

 

猫の対応

長老猫さんは、人見知り。特に子供は大嫌いです。

人が多くなると、2階に避難して隠れるというのが、長老猫さんのこれまでの対応。

しかし、昨日は違った!

一旦2階に避難したものの、確認に降りてきて、息子、嫁だと知ると、安心したようすで、ウロウロし始めました。

そして、こんな対応!

まずは、チラ見。下からのぞいてみる。

「なんだ、こいつ?」と興味しんしんの長老猫さん。

どうも、生き返ったせいで、生まれ変わったらしいです。

性格が変わりました(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。