たっくんのいすは洗濯かご。

おとといは「たっくんママサービスデー」でした。

日ごろ、育児に終われるたっくんママは映画版『CATS』が観たいらしい。

絶対に観た方がいい!

たっくんママも舞台版『CATS』の立派なファンなので、たぶん感動するはず。

しかもたっくんママは、8ヶ月も美容院に行っていないというではありませんか。

絶対に行ったほうがいい!

髪は女のいのち。

そんなたっくんママの願いを叶えるべく、たっくんパパ、休暇取りました。

そして、婆に応援要請が来ました!

 

いざ、出陣

求められれば、即、出向く。これが、シッターるん婆のモットーです。

今回はこんなお土産を持っていくことにしました。

断捨離されずに、残っていた3台のミニカーです。

いずれも、レア(?)もの。わたしの家に残っているだけでレアですね(笑)

2台はトミカの株主優待品。1台はクロネコからのプレゼント。

ずっと、仕舞ってありましたが、いよいよ、活躍の場が与えられることになりました。たっくん、喜んでくれるかしら。

 

泣く子は黙らせる

たっくんの記憶には、まだ婆フォルダがありません。

あるのは、ママフォルダと飯フォルダくらい?

たっくんは毎日、寝ることで記憶をアップデートしているそうですが、未だにキャパが少なくて、一晩たつと、パパの顔も忘れてしまうとか。

ホンマかいな?

ま、とにかく2日は持たない記憶。わたしが前に会ったのは、お正月ですから、覚えていないのは当たり前。

顔を見るなり、ギャン泣きされました。

しかし、そんなことでシッターるん婆はひるみません。ひるむはずもありません。

赤子の泣き声など、プラットホームのアナウンス。

ひととおり泣けば、終わります。

・・・っていうわけには、いきませんですわね(笑)

それでもたっくんを受け取って、語りかけたら、すぐに泣き止みました。シッターるん婆の力はまだ現在でした。

泣く子は黙らせる。

「どんだけ泣いても、驚かないよ!」と、こちらの意気込みを伝えると、泣き止むことになってます。

 

たっくんのいす

たっくんは、何しろ、でかくて重い男の子。

なに食べてこんなにでかくなったん?

10分も抱いていると、腕がしびれてきます。

「バウンサーか、いすを出してよ」

すると、パパが持ってきたのは洗濯かご。

ポンと入れられた、たっくんです。最近では、これがお気に入りだとか。

安定感あります。後ろにひっくり返ったら危ないかなと思いましたが、そんな状態にはならず。

たっくんも安心するみたい。

これ、いいアイディアだと思います。簡易いすとして、使える。

お土産のチョロQが気に入ったもよう!手先もだいぶ使えるようになってきました。

 

猫のひらき?

さて、この家にはもう一匹、生息している四つ足動物さんがおります。

アメリカンカールのマルディーヌさんは、まったくの野生知らずなので、のんきなもんです。警戒心ゼロ。

気がついたら、ひだまりの中で、ひらき状態でお昼寝中。

いびきをかいて、熟睡されております。

わたしが本を読んでいたら、そばに来て、ちょっかいを出してきました。わたしに興味があるらしい。

マルディーヌさんは、わたしには手を出したり、噛みついたりしますが、たっくんには絶対に手も口も出しません。

だれが教えたわけでもないのに、自分が年上だということを知っているのでしょうか。自分がたっくんを守らなきゃと思っているフシもあります。

生き物としての温かさを感じてジーンとします。

マルディーヌさんは、ねこたつの中にもよく潜りこみます。

狭い空間がお好きなようです。

 

なんだ?こいつ

さてさて・・・

狭い家だというのに、こんな巨大なものが!

完全受注生産品のぬいぐるみだそうです。ポケモンファンである友人のプレゼントだそうですが、なんと、4万円もするのだとか。

ひぇ〜です!(◎_◎;)

捨て魔の婆としては、捨てるときはどうするんだ?と気になりましたけど(笑)

半日以上をたっくんと過ごして、嫁と『CATS』の感想を語り合って、さよならしてきました。

またね、たっくん。

筋トレしたみたいに、まだ、腕が痛いです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。