息子2からの電話は深刻な声。「は」と「か」を聞き間違えて、母、固まる。

数日前のこと。夕方、息子2から電話がきた。すごく沈んだ声だった。何かあったのか?

いってきたよ

 

息子2

ついに・・・・いってきたよ。

いったい何をってきたの?

息子2

かいしゃだよ。ついに、かいしゃに、いってきた。

頭の中で、妄想の翼が広がっていく。池袋方面に飛んでいく。使い込みでも自白したの? それとも退職願いとか出してきたの?

何を言ってきたの!思わず声が大きくなる。

すると・・・

息子2

は・い・しゃだよ。歯医者に行ってきた。20年ぶりに。

そうか、ついに行ったのか。いい子だ!エラい!ほめてあげる。

ん?

もうすでに三十路に入った息子。歯医者に行ったことをわざわざ母親に連絡してきた。彼にとってはそれほどの大事件だったのだ。

 

歯医者ギライ

息子2には歯医者にイヤな経験があるわけでもないはずだ。虫歯の治療で痛い思いをさせたことはないと記憶しているが。母の記憶としては・・・・抜歯をしたこともないはずだが。

なんでそんなに怖いのかしら?そこでふと思い当たった。

息子が3歳くらいの時、わたしは親知らずを抜くために、慶応病院の口腔外科に行きました。親知らずの生えてきた方向が斜めで、抜くためには高度な切開が必要という厄介な歯でした。

歯科医の友人が「僕は抜きたくない。口腔外科へ行け」と言うので、清水の舞台から飛び降りるつもりで行くことにしたのです。

そりゃ、嫌でしたよ。でも、炎症を繰り返していたため、もう抜くしかなかったのです。そして、いよいよ抜くことになり、夫に連れられ、息子2の手を引き、諭吉の銅像が飾られている病院へ。(息子1は幼稚園に行ってました。)

夫は会社を休んで付き合ってくれました。今思えば、なんて大げさな!ですよね。 歯医者くらい一人で行けよっ、自分。

夫は2回の出産には立ち会ったこともない仕事、仕事男。次男の出産時にはモリアオガエルの出産と重なり、我が子の誕生よりカエルの出産に立ち会ったというヤツ。そんな男が付き合うというわけですから、どんだけわたしは大騒ぎしたんでしょうね(笑)

しかし、さすがに慶応病院口腔外科。初診担当のエライ先生は、恐怖に震え怯えるわたしに、笑いながらおっしゃった「大丈夫。毎日やってますから。一番腕のいい先生を担当にしますね」と。そして一番若い先生を当ててくれた。

最後は力技でグイッといとも簡単に抜いていただきました。切開もせずに。お土産に抜いた歯をガーゼに包んで手に握らせてくれました。なかなか立派な歯でした。

抜歯後、数日間は消毒に通いました。その時、息子2を連れて通いました。すると息子2が、診療台に座ったわたしの足元で泣き崩れる。よよよと。

わたしの膝あたりに手を乗せて、よよよと泣く。わーわー泣くのではなく、よよよと泣く。先生が「君には何もしてないでしょ」といくら言っても、よよよと泣く。毎日みんなに笑われていました。

息子2

とにかく、怖いんだよ~イヤなんだよ~よよよ

いつもは冷静沈着な男。そこそこすまして暮らしているのに、歯医者が弱点だったとは、笑える。今後は先のことは考えず、言われたとおりに通い続けるらしい。先のことは考えたくないらしい。

わたしも定期健診

さて、わたしもそろそろ定期健診の予約をしないといけません。半年に一度は行くようにしています。

わたしはあごが狭いので、口が大きく開けるのが大変なんです。特に奥歯の治療では涙が出ます。あごがハズレそうになって。うぐぐ。

今のところ、抜けそうな歯もなく、保持し続けています。

ご注意

電話をかける時には、はっきりと発音してください。心臓に悪いです。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。