ゆっちゃんからハロウィン手作りクッキーが届く!

小学4年生のゆっちゃん。お菓子作りにはまっているもよう。だけど、まさか、ここまで進歩していたとは!驚きました。

ゆっちゃんは土曜日に近所のお友だちとのハロウィンパーティを企画したそうです。

毎年、町内会でハロウィンデーが催されていたようですが、今年はコロナで中止。そこでゆっちゃんは近所の数人のお友だちと公園で小さなパーティをすることにしたのだそうです。

ゆっちゃんが一番年上なので、みんなへのプレゼントとして、クッキーを焼くことにしたのだとか。

レシピを検索して、材料を計って、こねて、型を抜いて、オーブンをセットして焼き上げました。

ママは仕事で不在。パパは書斎で仕事中。なので、ほぼ一人で焼き上げたとのこと。

こねることとか、型を抜いたりするときには、ともたんにも手伝わせて仲良くやったらしい。

そして、焼きたてをわたしのところにも送ってくれることに。

クロネコさんが持ってきてくれたのは、こんな包み。

待ってたよ〜!ワクワク。

中を開けると、また包み。グルグル巻き。中身が壊れないようにと、息子が考えてくれたのだろうけれど、なかなか中身にたどり着けない(笑)

たどり着いたのは、この袋。やった〜!

ゆっちゃんの手作りクッキーが食べられるなんて、思ってもいなかったよ。

5つのクッキーが入っていました。

さっそくスカイプをつないで、画面越しにみんなと話をしながら、右側の2つを食べました。

ゆっちゃんは前日の仮装写真をスカイプで送ってくれました。

みんな、とっても楽しそうです。ゆっちゃんは鬼滅の刃だね。

そういえば、ゆっちゃんが1年生の頃、一緒にクッキーを焼いたことを思い出しました。あの頃は、まだまだ小さかった。

雨降らずの梅雨。 婆と孫とでクッキーを焼く。メジロは仲良く毛づくろう。

2017年6月17日

あれからわずか3年。クッキーが焼けるようになっちゃうなんてね。婆なんて年をとっただけなのに(笑)

「親が手伝わないと、自分で作るようになるものなのね」by 嫁

嫁も時々お菓子を作っています。かぼちゃプリンとか絶品(というウワサ)。これは一度食べてみたい。

さて、昨晩、関東婆はこんなことをしておりました。

ストーブが出てくると、何か乗せたくなるのよ(笑)

コトコトと、大納言小豆を煮ました。

今日はおしるこでも作ろうかなヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


10 件のコメント

  • はなです!

    うんうん!孫ちゃんの成長はこんなところで、見えるのですよね~
    わが家の孫ちゃん姉妹は、私が大阪に引っ越ししてきた当時、パンを作りに来たり
    クッキーを作ったり、レジンでアクセを作ったりと忙しかったですが、
    中学生、と高学年になったので部活が忙しくなり、お泊りも少なくなってきました。
    これも孫の成長と思っています。
    我が孫もコロナのおかげで(笑)夏の納涼祭もご近所のハロウィーンも中止になり楽しみがなくなってちょっと
    寂しい思いをしています。ゆっちゃんナイスアイデアです。
    そのうちびっくりするようなお菓子が届くようになるかもしれませんよ(笑)

    • はなさん

      おはようございます。
      ふと感じる孫の成長ですね。
      ゆっちゃんはどんな状況でも
      楽しもうという意欲だけは満々なようです。
      今の子供たちにはクックパッドという強い味方があるので、
      意外なお菓子が届く可能性はありますね。

  • りっつんさん、こんにちは。
    他人のお孫さまってあっという間に大きくなります。
    「ゆっちゃん」もう4年生!!
    それにしてもおませ、しっかりさんで感心します。
    クッキーの黒猫ちゃんのラッピングもセンスいい。❤

    また小豆炊いてますね。
    私は炊飯器で小豆を炊きますがストーブがあるのならこちらの方が効率的ですね。

    本も読ませて頂きました!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

    • napoさん

      おはようございます。

      本当によそ様のお孫ちゃんの大きくなることの早いこと!
      あっという間に、高校生だったりして(笑)

      我が家はIHなのですが、
      あずきを炊くと、味に違いが出るような気が。
      ストーブのほうが断然ふっくらできます。

      本を読んでいただいて、ありがとう!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • ゆっちゃんのクッキー、一人で作ったなんて、すごい!
    きっとなんでも一人でやれる子、できる子なのでしょうね。
    それをやらせる息子さんたちも偉い!
    息子さんのパッキングもなかなか考えましたね。
    壊れずりっつんさんに到着、良かったです。
    4年生というと、まだ家庭科はないのに・・・ね。
    クラブは始まったから・・・料理クラブとかかしら?
    ゆっちゃんのことだから、きっと楽しくクラブ活動していることでしょう。

    ついにストーブ登場ですね。
    私は過去のりっつんブログを見ていて、
    「まずはそろそろ湯たんぽを出そう!」と思いつきました。
    3・11の計画停電の時は重宝しました。

    明日は我が県の県民の日でお休み。
    目白までヘアカットに行きます。

    • かよさん

      おはようございます。

      ゆっちゃんは手芸クラブに入っているそうです。
      わたしの子どもの頃とは大違い(笑)

      ストーブと湯たんぽはセットなんです。
      お湯を沸かして、湯たんぽに入れて。

      暖かい冬を過ごしたいものですよね。

  • こんにちは、Hikaruです。
    小学生のお孫ちゃんのクッキー、微笑ましいですね!
    わざわざ送ってくれるなんて、関係が良好なことが伺えます!
    息子の孫とは疎遠になるものと思い込んで、お腹の子供の性別が男の子とわかった時は寂しく思ったものです 笑
    だいぶ早い心配事ですけどね!
    息子さんたちやお嫁さんとも仲良しみたいですし、本当に羨ましいです!
    どうしたらそんな良好な関係になりますか?
    りっつんさんが心がけていたこととかってあります?!
    それにりっつんってあだ名もご家族から呼ばれているんでしたっけ。
    お茶目で可愛い♪なかなか家族からそんなに親しみを込めてあだ名をつけられるなんてないと思います!
    素敵〜

    • Hikaruさん

      おはようございます。

      なんだか、息子家族とは仲良くさせてもらってます。
      どうしたらと・・・聞かれても(笑)
      強いて言えばチャンネル切り替えの術でしょうか。
      そういう心意気で接しているかなかなあ。

      大丈夫。息子だって、仲良くしてくれますよ。
      わたしの周りには、そういう人が何人もいますよ。

      • 変なこと聞いてしまいすみませんでした 笑
        もう2歳の息子が可愛すぎて子離れできるか周囲に心配されているぐらいです!

        あ、でもりっつんさんの書籍にも書いてありましたね。
        息子には息子の人生がある、子離れが一番の試練!と。

        チャンネル切り替えの術ですか〜!興味あります!
        いつかブログに書いてくれると嬉しいです♪

        それでは!

        • Hikaruさん

          おはようございます。
          子離れ、大丈夫ですよ。
          2歳の子供は、確実に大きく、
          最終的にはおやじになりますから(笑)
          わたしの息子たちも、
          2歳の頃は子離れできないだろうほどの可愛さでした。
          いまはなんの未練もございません。

          チャンネルの話も、
          そのうち、書きたいとは思っています。
          お楽しみにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。