『ゆっちゃんと算数』第4話 ~科学者が教える「桁」

夜、まったりしていたら、こんなメールが着信しました。

キタ――(゚∀゚)――!! 算数話だ。

再び科学者の父親が立ちあがったらしい。

横たわっていた身体を跳ね起こす、ばあさんがひとり。

 

桁が分からない

支店長のメール1

ゆっちゃんの算数が絶望的なレベル、、、

孫のゆっちゃんは小学1年生。

ついにシリーズ化されることになりました。

ゆっちゃん、単なるアホなのか、実は天才なのか、今のところはナゾです。

ゆっちゃんはかわいいから、アホだろうが天才だろうが、婆はどうだっていい。

『ゆっちゃと算数』第1話~ゆっちゃんは算数が苦手だが世渡りはうまいかもしれない。

2017年5月26日

『ゆっちゃんと算数』第2話~「かあちゃん、違う!」と父親からクレーム。

2017年6月2日

『ゆっちゃんと算数』第3話~科学者が教える足し算~

2017年6月4日

ゆっちゃんの父親も、早々に算数でつまづいた経歴を持っているので、わたしは驚いたりはしない。

はっはっは ((´∀`))

で、今度はどこで、つまづいたの?

支店長のメール2

言われたとおりにできないんだ。

納得していないと、できないらしいんだ。

「桁」の概念から教えております。繰り上りも難航中。

納得できない?「桁」の概念?

つまり、こんなことらしい。

3+15が45

宿題も全然分からなくて、友達に見せてもらってたらしい。見せてくれる友達がいるなんて、素晴らしいじゃん。

 

科学者の「桁」の教え方

以下、支店長のメールを参考にして、現場中継いたしましょう。

関西支店長

を分けるんだ。桁どうしでしか計算しない。

ゆっちゃん
なんで、なんでぇぇぇ?
関西支店長
そういう定義だ。地球が爆発してもはひっくり返さない。
ゆっちゃん
地球が爆発してもね。
関西支店長
そもそも10円と1円を足して20円には、ならぬだろう。
ゆっちゃん
10円と1円を足したら11円!当たり前じゃん。
関西支店長
10円と1円を足して20円になったら、インド人が怒る。
ゆっちゃん
それは困る。カレーを食べに行けなくなる。
関西支店長
だから地球が爆発しても、をひっくり返してはダメ!
ゆっちゃん
地球が爆発したら、わたしたち死ぬよね
関西支店長
そうだ!だから絶対禁止!
ゆっちゃん
少しわかってきた。
関西支店長
を守らないと、時空がゆがんでしまうから
ゆっちゃん
なるほどねえ。時空がゆがむのね。

足し算の計算から、よくまあ時空の話にまで飛べるよ。

わたしによく「かあちゃんの話は飛ぶ」とか言ってるけど、レベルが違う。さすがだ。

そして父親の教えは続く。父親の口はなめらかになり、いよいよノッてきたはずだ。

父親は説教

我が愛しき娘よ、よおく聞け。

間違えることは恥ずかしいことではない。

間違いと言われて、そこをグジャグシャに消すことが恥ずかしいことなのだ。

間違えたら、間違いを消すな!なぜ間違えたか、考えろ!!

算数は論理を外さなければ、確実に素晴らしい学問なのだ。

合ってるかな?」と思ったなら、理解していないと思え。その場合はごまかさず、理解できるまで質問するのだ。

現在、科学と格闘している支店長。人類が解決できぬナゾに挑んでいる。

そういう人が小学一年生の娘に算数を教えると、こんな感じになるのだ。

 

母親と祖母の教え

母親S
繰り上がるから、繰り上がるのよねえ。

そのとおりだ。母親の言うとおりである。

そしてばあばも、余計なひと言を言わせてもらう。

数字に円をつければいいのじゃ。

すべてを金勘定とすればいいのじゃ。

ゆっちゃんの気持ちが、今、少し透けて見えた。

の中はメルちゃんのこととか、お菓子のこととか、大人っぽい服のことでいっぱいなんだよ。

忙しいんだよ、頭の中。

足し算なんか、めんどくさくて、やってらんないっていうの!でも金勘定は好きだと思うよ。この前、ちゃんと数えてたから。

 

原理原則主義

関西支店長
娘はわたしの頭と似て、原理原則主義なのだ。

君の父親は、原理原則主義者ゆえ、君に大絶望してたもんね。

「この子の未来はない」とまで言ったんだよ。四則の計算ができないだけで。

科学者となった息子。小学4年生の時に四則計算でつまづいた過去がある。

2017年1月12日

原理原則主義者の父親にアホと思われた人が、今では科学者。

きっとあの世で、原理原則主義者の父親はひっくり返っているに違いない。

ゆっちゃんは桁違いの計算をして、桁外れの人生を歩むかもしれない。

はたして、この『ゆっちゃんと算数』シリーズはどこまで続くのだろうか。今後が楽しみではある。あ~めん。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


3 件のコメント

  • こんばんわ。お孫さんのお話しとってもほほえましいです。お父様の支店長もとても
    おもしろいお父様とお見受けいたしました。
    うちの息子も小学校の時に数字を金勘定に変えたとたん、算数大好き人間になりました。
    確かに子供の頭のなかって、色々な事を考えて忙しいのかもしれません。
    子育てを終えてゆっくりと子供の事を考えてみると、よくわかることがありますね。
    とても懐かしくほほえましく拝読させていただきました。ありがとうございました。

    • たか20さん。コメントありがとう!
      本当におかしな親子なんですよ。
      本人たちはいたって真面目にやってるつもりらしいのですが。
      子育てのさなかには気が付かないことって、たくさんありますよね。
      こうして客観的に見てみるのも面白いものです。
      金勘定さえできれば、世の中渡っていけると思うんですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。