緊急事態の対応でわかった、息子の本性。

昨日の午後。パスワードトラブルでPCが開けられなくなってしまいました。

幼稚園児のカチャカチャ

幼稚園から帰ってきたともたん。なんか不機嫌。ふてくされた態度。いちいち反抗的。それとも幼稚園で何かあったのかな。

わたしが開けたままにしていたPCをカチャカチャやってた。「やめなさい」と言ってもやめない。

ともたん

やめないもんねえ~ べえ~だ。

ほんの少しの時間だと思って見過ごしていたわたしが悪かった。

PCに戻ってみると、パスワードがはねられる。

今度はわたしがカチャカチャ。そうこうしているうちに、本格的に開けなくなってしまった。

困った・・・・ぞ、ぞ、ぞ (´・ω・`)

PCトラブルに出合うと、一気にテンションが下がる。すぐにでも投げ出したくなる。そして新しいPCを買いに行こうと思ってしまう。

困っていたら、嫁が傍らにきて、スマホで検索しながら、知恵を貸してくれた。2人で無い知恵を絞りながら静かに作業をしていた。

しかし、やっぱり開けられない。しかたがないので、寝そべっている長男にSOSを出してみた。

 

兄弟の会話

関西支店長

俺はMacユーザーだMicrosoftのパスワードの解除方法など知らんわ

役に立たない。立たなすぎる。ヽ(`Д´)ノプンプン

こんなに母親が困り果てているというのに、息子はキャンディクラッシュに熱中している。

仕方なく、はあ~はあ~とため息をつきながら作業をしていたら、突然立ち上がって、ガアガア文句を言い始めた。

関西支店長

パスワードが解除できないわけない!

そんな簡単なことができなかったら、

世の中はMicrosoft難民だらけになる!

はあはあ、うるさい!

いちいち語尾に!マークが付く語気の強さ。

そしてドカドカ2階に上がって行って、自慢のアップル社製PCを持ってきた。

わたしに向かっていろいろ聞いてくるが、いちいち語気が強い。まるで尋問されているみたいだ。イヤなオトコだ。本当に感じが悪い。悪すぎる。

「ほら。できたよ、おかあさま。」とか、微笑み付きで、言ってみろ。

それが真の男というものだろ。それが真の親孝行というものだ。

そこに、次男からわたしの携帯に電話が入った。

りつばあ

もしもし・・・もしもし・・・涙声)

部長

どうした!元気がないではないか!

事情を説明する。すると、長男こと支店長がわたしの携帯を取り上げて、話を始めた。次男の話を聞いている支店長。電話をわたしに戻して、PCの作業に戻る。そして数分後。

無事に解決  \(^o^)/

さすがだ。もっと早く優しくやってくれればいいのに・・・。

その旨を電話で部長にも伝える。

部長

おっ。元気な声に戻ったな。よかった、よかった。

優しい。心温かい男だ。

関西支店長

弟が介護だと思えと言ったから、介護してやった

優しく寄り添ってくれたのは嫁だけだ。わたしは嫁にすがって、涙した。

あんただけが頼りじゃよ。ヨヨヨ。

美人な嫁

手取りを横取りしちゃった。へへへ。

手柄を手取りと言い間違え、笑いを誘った嫁である。

 

パスワード変更はマザコンのあかし

このような経緯で、昨日、わたしのPCのパスワードが変更されました。

関西支店長

新しいパスワードは、これだ!

紙に書いて渡されたパスワードを見て、わたしと嫁は噴き出した。

嫁の笑い声はすこぶる大きかった。隣に聞こえたかもしれない。

パスワードの歴史

古いパスワード→次男の名前+次男の誕生日

新しいパスワード→長男の名前+長男の誕生日

そのことを次男に伝えたところ、

部長

マザーコンピュータだからな。マザコンちゃん

支店長に一番向かない仕事は、教師だと思う。

先日、梅田近辺で高速道路を降りるときに、ため息ついてた息子。わたしは優しく助けてやったよね。なのにあの態度は恩の仇返し。許さぬ。今に見ておれ。


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • う~ん「恩の仇返し」たしかに息子を持つ身の私にも痛切に感じる所であります。
    ちなにみ我が家では「腎盂腎炎」で高熱を出して、唸っております「駄母」に向かい
    「今までの不摂生がたたりましたなぁ」と言いやがった。
    横で亭主が「よう申した」ってな顔をしました。忘れんぞ
    我が家の頼りになる見方は「猫」のみでございます。
    しかし、支店長の嫁様もなかなか面白いお方ですね。

    • たか20さん。熱は下がりましたか?
      それにしても「駄母」とはひどい(笑)
      うちの猫は気に食わないと、
      わたしを噛んだりしますので、見方とも言えず・・・┐(´~`)┌
      支店長の嫁は「天然系」でございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。